スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも溜まってしまったので

しばらくの間新規ラジオ投稿を停止させていただきます、すみません><
スポンサーサイト

ぷよぷよ☆ラジオ!

サタン「ご機嫌よう皆の衆、久方ぶりのぷよ☆ラジの時間だ!」

サタン「今日は相方無しだな、はがきを読むぞー」

サタン「P.N『シィ』からの投稿だ!

    結構前にちょこっと性格入れ替わりがありましたが、今度は
    ドラコとウィッチの中身を入れ替えて様子を見てください!
    ただし、この企画はいつもの二人にも伝えず、司会&実行人はサタン様で
    出来ればなるべく知り合いに会うようにして、どういう反応をするのかも見たいです。


    とのことだな、……連れてくるのめんどくさいな……」

サタン「ウィッチ、ドラコ、召喚!」パァァァァ

ドラコ「ちょっ、今朝ごはん食べてたんですけど!?」

ウィッチ「……寝てたんですけど……」


サタン「すまない」

ウィッチ「っていうか何を食ってらっしゃいますのよアナタは」

ドラコ「鳥の丸焼き!」

ウィッチ「でかくない?」

ドラコ「え?この前空飛んでたらピンクの大きな鳥がホホウホホウって」

サタン「わかったストップ」

レイ「(プレート:放送事故)」





~~~


サタン「さて、本題だが――」


ドラコ「あたしが?」

ウィッチ「ドラコさんと……」

ドラコ・ウィッチ「「入れ替わり~!?」」


サタン「某売れ筋映画みたいなリアクションするな」

ウィッチ「断っても同じ結果になりそうですことね……」

ドラコ「でもいいじゃん!あたしやりたい!!魔法使いやってみたい!!」

ウィッチ「うーん…わたくしも、火を噴ける体に興味がないわけではありませんわ」

サタン「交渉成立だな、では早速、二人とも二対になってる魔法陣に立ってくれ」

ドラコ「ここ?」

ウィッチ「わたくしはこっち側ですわね」

サタン「では、魂の入れ替えを行う!」

ドラコ「!?」

ウィッチ「目の前が、真っ白に…!」




サタン「気分はどうだ?」

ウィッチ「どうって言われても、いつも通りだよ」

ドラコ「…あれ? わたくしが目の前に……えっ!?」

ウィッチ「入れ替わってる-!?」

サタン「そのリアクション危ないから」

ドラコ「へー、本当に尻尾って感覚ありますのね……、動かせる……」

ウィッチ「角も尻尾もない! と、いうことは、普段着れないあんな水着やこんな水着も!?」

ドラコ「ちょ、ちょっと! 人の体でハレンチな恰好しないでくださいまし!!」


ウィッチ「いっつも黒い服着てるし、たまには派手に赤とかピンク着てもいいじゃん」

ドラコ「ウィッチのアイディンティティだから! 衣装が無くなったら人間と見分けつかないから!!」

サタン「(気にしてたのか…)」

ドラコ「ウィッチこそ魔法使いの本家にして元祖!
    ちょっと魔法を操る人間と一緒にされては名が廃りますわ!」

ウィッチ「わかったわかった、ちぇー、ウィッチ色々な服似合いそうなのにー」


~~~


ドラコ「さーて、それでは早速、ホウキの無い飛行を試してみますか!」ググッ

ドラコ「……あ、あれ? 思ったように動かない……?」グッ

ウィッチ「何してるの? もっとこう、グワーってやらなきゃ!!」

ドラコ「そんなこと言われても……、飛び方教えてくださいまし!」

ウィッチ「飛び方て言っても、こんな感じにバッバサーッてノリでいけるよ!」

ドラコ「いや私の体でジェスチャーされてもわからないから!」

ウィッチ「だって、意識して飛んだことないしー」


~~~


ウィッチ「ファイアー!サンダー!」

 ボウッ バチバチ


ウィッチ「やった、できた! あたしにも魔法が出来た!!」

ドラコ「……まあ、ウィッチなら幼年で出来て当然の魔法ですけれど」

サタン「威力も微妙だな」

ウィッチ「出来たこと自体がすごいんだって、もっと褒めてよー!」

ドラコ「わたくしの体でそんなしょっぱい魔法使わないでくださいまし、あるでしょう、メテオとか」

ウィッチ「ウィッチの術式見せて貰ったけどあんな複雑なの頭の中で組めないー!!」

ウィッチ「あとホウキ全然乗れないんだけど!」

ドラコ「それは…わたくしも5年は修行しましたし、説明も難しいわね……」

ウィッチ「5年……、……諦めるかぁ……」ショボン

ドラコ「いいじゃない、素で飛べるんだから」

ウィッチ「翼無しで飛ぶ世界を見てみたかったのー!」

ドラコ「しかたないわね、今度ホウキ二人乗りさせてあげますわよ」

ウィッチ「ホント!? やったー!」

サタン「ほら、練習はその辺りにして、そろそろ町へ出向くぞ」

ウィッチ「あ、そういえばそういう企画だったね!」

ドラコ「忘れかけていましたわ、……一応、口調も隠していきま…いこっか!」

ウィッチ「そうだね! あ、いや、そうだでございましてね!」

ドラコ「すごく不安なのですけれど……」

サタン「……私も少し離れて見守っていよう」


~~~


ドラコ「ブラックホール! メテオ!」

ドラコ「……、タキオン! クエーサー!」

ドラコ「アイスストーム! サンダー!」



ドラコ「全く出ないじゃない! なんなの!?」ゴォー

ウィッチ「あっつ! ちょっと火吹かないでよ!」


ドラコ「この火もどうすれば吐けるのかよくわからないし、何かありませんの?」

ウィッチ「そんなこと言われても、歌って踊れて火も吹けて強いアイドルは体が資本だし……」

ドラコ「アイドルの仕事にしてはきつすぎませんこと!?」


アルル「おーい! ドラコ、ウィッチー! おはよー!」

シェゾ「お前にしては早起きだな、珍しい」


ウィッチ「おー、おっはよー!」

ドラコ「ちょっ」

アルル「……どしたのウィッチ、朝から元気だね」

シェゾ「変な薬でも飲んだか?」

ドラコ「(ドラコさん!そんな子供っぽい挨拶やめてくださいまし!)」ヒソヒソ

ウィッチ「(おいっすも大概だと思うけど…)」ヒソヒソ

ドラコ「(なんですって!?)」ヒソヒソ

アルル・シェゾ「「?」」

ウィッチ「ああ、大丈夫大丈夫、なんでもないよ…ですわよ」

ドラコ「気にしなくってよろし…いいからね!」

アルル「……、入れ替わってる?」ピーン

ウィッチ・ドラコ「「早っ!!」」




シェゾ「まーた変なクスリのトラブルかと思ったが」

アルル「ラジオの企画なんだ…っていうかボク呼ばれてないんですけど……」


ウィッチ「今回はあたしたちとサタン様が司会だし」

アルル「一応ボクとアミティの企画なのに乗っ取り多すぎなんだって!」

カーバンクル「ぐー!」

シェゾ「まあまあ」

アルル「それで、入れ替わった感想ってどんな感じ?」

ウィッチ「思いの外魔法使えなーい」

ドラコ「翼も尻尾も完全に飾り」

アルル「あー……、魔力があれば即使えるってものでもないからね」

シェゾ「翼で飛ぶっていうのはロマンがあるが、急に翼が出来たところで操縦効かんわな」

アルル「サタンにでも聞いてみたら? ドラコよりは説明上手そうだし」

ウィッチ「ちょっ、あたしの説明はヘタってこと!?」

ドラコ「なるほど」




サタン「慣れ」

ドラコ「わかってはいたけど現実は非情ですわね…」

ウィッチ「そもそもサタンさまのってあたしのとは絶対構造違うよねー」

サタン「そうだな…、まあ、動かすだけなら教えてやれないこともない」

ドラコ「本当!?」

サタン「肩甲骨を回す体操があるだろう? あの辺に関節がある」

ドラコ「へー……、あ、本当、不思議な感覚だけど動きますわ」パタパタ

ウィッチ「なんか見ててムズムズする弱々しい動き……」


~~~


ルルー「あら、ドラコじゃない」

ウィッチ「は…」モガッ

ドラコ「はーい!」

ドラコ「(ドラコさん…?)」ゴゴゴゴゴゴ

ウィッチ「(あ、あたしだって真面目にやってるんだよぅ……)」ヒソヒソ


ドラコ「(幸いまだ視界外、あなたが側に居ると
     即ボロが出るからちょっとだけ離れてなさい!)」ヒソヒソ

ウィッチ「(はあい……)」ヒソヒソ

ドラコ「(ちなみに、ルルーさんと何か約束事なんてありませんよね?)」

ウィッチ「(たぶんないと思うよ!)」ヒソヒソ

ドラコ「(了解ですわ、ではまた後で)」ヒソヒソ




ルルー「忘れたとは言わせないわ、ここで会ったが百年目!!」

ドラコ「(ドラコさーーーーーーん!?)」


ルルー「このわたくしに喧嘩を売るなんて、良い度胸ですわ」ポキポキ

ドラコ「ちょ、ちょっと身に覚えが」

ルルー「なんですって!? あなたが一昨日、明後日世界一の
           美少女戦士の座をかけて格闘対決を申し込むって言ったんじゃない!!」

ドラコ「(ドラコさーーーーーーーーーん!!!!!)」


ドラコ「ま、まって! ちょっと待って!!」

ルルー「問答無用!!」







ドラコ「……きゅぅ」プスプス

ルルー「……弱っ……」

ドラコ「だ、だから待ってって……」

ルルー「アンタ、あのドラコケンタウロスよね? 自称会員No1の」

ルルー「別個体? ……しょーじきアンタ達見分けつかないのよね」

ウィッチ「ごっめんウィッチ思い出した! ルルーは今日格闘対決の約束が――」

ルルー「えっ?」

ドラコ「……ドーラーコーさーんー……?」ゴゴゴゴゴゴ…


ウィッチ「ご、ごめんって…」

ドラコ「そろそろドラゴンの尻尾とか仕入れたいと思ってましたのよねー……」

ウィッチ「ぎゃーごめんって! 許して!!」

ルルー「……あー……、事情を察しましたわ」


~~~


ウィッチ「おいっーす!ごきげんようございますわ!!」

アミティ「ウィッチだ、こんにちは!」

ラフィーナ「ごきげんよう」

シグ「こんにちはー」

アミティ「いっつも森にいるのに珍しいね」

ウィッチ「今日はちょっとこっちを散歩したい気分だったんだでございますわー」

アミティ「へー」

ラフィーナ「そういえば、最近おしゃれコウベさんのお店に
       変な物が入荷しましたの、見に行ってはいかが?」

ウィッチ「ありがとー! ですわ!」






アミティ「ウィッチってあんなだったっけ?」

シグ「だったんじゃない?」

ラフィーナ「ちょっとおかしかったような気も…?」



ドラコ「(関りが薄いとはいえあんなガバガバな態度で
      気づかれないとなんだかムショーに腹が立ちますわね…)」



~~~


ドラコ「ちょっと、歩みが遅れてましてよ?」

ウィッチ「待ってよウィッチー、ウィッチの体って体力クソすぎ……」ゼェゼェ

ドラコ「失礼ね…、まあ確かに、この体だと全然疲れない感じはするけど」

ウィッチ「そりゃあ飛ぶ方が疲れるし、歩くくらいじゃ全然ヘーキだよ」

ドラコ「見てるぶんには飛んでる方が楽そうですのに」

ウィッチ「いやー、離陸と着陸がキツイから平地と短距離なら歩いた方が楽チンかなー」

ドラコ「でもアナタいつも飛び回ってますわよね」

ウィッチ「ほら、横断歩道のシマシマとか敷石とか一々跳び越えたい感覚、ない?」

ドラコ「……、小学生で卒業しましたわ」

ウィッチ「じゃあ何はなくても機嫌良くてホップステップジャーンプ!みたいな?」

ドラコ「…………、アナタって悩み無さそうね」

ウィッチ「どういう意味!?」



~~~


ウィッチ「ちょっと考えてみたけど」

ドラコ「これ以上ドッキリをしかける相手が思いつきませんわね」

ウィッチ「プリンプの人達とはそんなに深い付き合いでもないしねー」

ドラコ「もう数日やる予定だったけれど、戻してもらいましょうか」

サタン「そうだな、思っていたよりも交流が狭いな」

ウィッチ「わ、サタン様」

サタン「グダグダになりそうだ。この辺りにしておこう」

レイ「(プレート:それが良さそう)」



~~~


サタン「それで、どうだった? 一日街を練り歩いた感想は?」

ウィッチ「普段と違って、そこそこ楽しかったけれど…」

ドラコ「ちょっとつかれたぁ……」

サタン「人間同士の入れ替わりならまだしも、種族が違えばそうなるだろうな」

ドラコ「サタン様ってよく変な物に化けるよねー」

サタン「あれは…本来無い器官を私流に補っているだけだから入れ替わりとは違うぞ」

ドラコ「ムズカシーことわかんないけど、ウィッチの真似はムズカシーってわかった」

ウィッチ「ドラコさんのマネの方がよっぽど難しくってよ…あのテンション出せませんわ」

サタン「とりあえず、一方ついたということで」

ウィッチ「それでは私が」

ドラコ「あたしがやる!」

ウィッチ「譲りませんわよ!」

ドラコ・ウィッチ「「シーユー☆ネクストタイム!!」」



終われ

投稿ありがとうございました!
1月の間死んでて申し訳ありませんでした…蘇生しました(`・ω・´)

あああああああ広告もう!!!!!!!!!!(挨拶)

ちょっと目を離すとこれですよ!
人がちょっと忙しかったりポケモンしてたりポケモンしてたりしている隙に!
(時間も忘れてポケモンしてましたごめんなさい)

最近、ポケモンで海外の子供達にハッサムが人気なことに気が付きましてね?
友達とストライクを大量に交換して頂きましてね?

それを使ってかなり早めのクリスマスプレゼントを
GTSで子供達に贈っていたのですよ…(・ω・´ )善行!


え?このボックスいっぱいのカプ系とUBは何かって?
これはですね、その、子供達からお礼に善意で頂いt(破壊光線)


はいごめんなさい。子供達からハッサム使ってUBとカプ釣上げるゲームしてました。
大分昔(DP時代)にガルーラ使ってミュウとかレックウザとかジラーチ釣上げる
ゲームしてた覚えがあるので、昔からここを見ていた方は(またかコイツ…)と思われたことでしょう

話は変わりますが、今作、ラブラブボールとかムーンボールとか
金銀時代にあったボールが復刻しただけでなく、エフェクトがとても可愛くなってますね!
今までボールとか気にせずポケモンを厳選していたのですが、かわいいので今作から気にし始めました。

ミミッキュはラブラブボール、白いロコンはムーンボール等、
タイプとかイメージとか体色に合わせたもので厳選してます(・ω・`*)

3月にはモンハンの新作も出るみたいですし、
やはり11月~3月にかけてのお正月商戦はたくさんゲームが出てお金の使い所に迷う季節ですね…

サンムーン発売間近!

僕はオリジナルじゃない
やつあたり
ミミッキュ?
(クリックで拡大)


なので、新ポケモンミミッキュネタの4コマ(2コマ)漫画三本です!
ミミッキュ本当かわいいのですごく気に入りました、旅パ確定です(・ω・´*)


オシャマリ





ちなみに御三家はアシカを選ぼうと思ってます!
理由は中間進化が可愛いからです。あと二足歩行しないからです……(猫を見ながら)

ハロウィンだよ!ぷよぷよ小話!

アミティ「トリックオアトリート」

アルル「ここにカレー味のチョコとチョコっぽいカレーがあります」

アミティ「どっちもカレールーだね!?」


アルル「タイミング良くお菓子なんか持ってるわけないじゃん家も無いのに」

アミティ「(家も無いのにタイミング良くカレールーは常備してるんだ…)」

アルル「からの、トリックオアトリート!」

アミティ「ふふふ、そう来ると思って自作のお菓子を用意しておいたよ!」

アルル「ごめんなさい」

アミティ「え? なんで謝るの?」

アルル「勘弁してください」

アミティ「そんな深々と!? あたしのお菓子食べるのそんなに嫌!?」

アルル「命だけは…命だけは……!!」

アミティ「命だけは!?」ガーン


~~~


アルル「ちょっと取り乱したけど、今日は先制攻撃が撃てればお菓子が貰える日」

アルル「ボク、これから回収に回ろうと思ってるんだけど…来る?」

アミティ「うん! あたしもレムレスとかにお菓子貰おうと思って仮装用意してたんだー」

アミティ「ほら、カボチャぷよ帽」

アルル「ボクも昨晩作ったカレーに使ったカボチャでフルフェイスのマスク作った」

アミティ「マスク……」

アルル「顔がじっとりする」

アミティ「だろうね……」



シグ「……カボチャだ」

ラフィーナ「………」

アミティ・アルル「「トリックオアトリート!」」

シグ「レムレスのでいい?」スッ

ラフィーナ「ハロウィンって別にカボチャ祭りじゃありませんのよ……?」

アミティ「えっ」

アルル「違うの?」

ラフィーナ「元はカブらしくってよ」

アミティ「あちゃー、カブを被るのが正解だったかー」

ラフィーナ「何でもかんでも被ろうとするんじゃない!」

アルル「カブだけに」

ラフィーナ「やかましいっ!!…ですわ!」


~~~


アルル「トリックオアトリート!」

ウィッチ「……あ~らアルルさん、正真正銘本物の魔女に
     仮装してお菓子を要求するの? 良いご身分ですわね」

アルル「う、ご、ごめんなさい……」

ウィッチ「冗談でしてよ、飴玉で良かったら差し上げますわ、お二人さん」

アルル「ありがとう!」

アミティ「あたしにも? 今日は気前良いねウィッチ!」

ウィッチ「ちょっと昔の物整理してたら良いレシピが出てきて…」

アルル「え」

ウィッチ「コホン、一回に二粒まで、服用前後数時間は
     コーヒー・酒類は避けておいしく召し上がってくださいませ!」

アミティ「これ絶対なんか入ってるよね!? お菓子の注意じゃないよね!?」

アルル「この飴何味なの?」

ウィッチ「未来と希望の味ですわ」


アルル「よし捨てよう」

ドラコ「ただいまー!」バサッ

ウィッチ「おかえり」

アルル「ドラコどっか行ってたの?」

アミティ「わあ、お菓子がいっぱい! レムレスのとこ?」

ドラコ「ううん、海の向こうの人間の街!」

アミティ「えっ」

アルル「……そ、それはまずいんじゃ……」

アミティ「あっちの方、魔物どころか魔導師もほとんどいないよ……?」

ドラコ「だいじょーぶだいじょーぶ! 実は昔からやってたもん!」

アルル「ボク達の世界に居た頃から? 騒ぎになるでしょ」

ドラコ「飛んだり火吐かなきゃなきゃヘーキヘーキ! 堂々と人前歩けるし
    クオリティたかーい! とか褒められるし、お菓子も貰えてスリリング!」

ウィッチ「サタン様にもやめろって言われてるのに、ハロウィンになると浮かれちゃって…」

ドラコ「えー? でもあたし以外にもやってるコ結構いたよ? バレないバレない」

アミティ「ハロウィンに衝撃の新事実が……」

アルル「心霊映画撮ると幽霊が集まるって言うし、そういう感じなのかな…」


~~~


フェーリ「センパイ、また女の子にお菓子たくさん配って……」

レムレス「? 男の子にもたくさん配ったよ?」

フェーリ「そういうことじゃ……、……」ムスッ

レムレス「……んー……、……」ニヤ

レムレス「そうだ、フェーリからまだアレ、聞いてないな」

フェーリ「(センパイお菓子配るの本当に好きね……)」

フェーリ「トリック・オア・トリート」

レムレス「じゃあ僕はトリックにしようかな」

フェーリ「……、……!?」

レムレス「フェーリってどんなイタズラするのかなーって思ってね」クスッ

フェーリ「うぅ…(イタズラ…? 盗聴器とか普段仕掛けてるけど、まさか言えないし……)」

フェーリ「(ど、どうしよう……)」

レムレス「(困ってる困ってる、かわいいなー)」

フェーリ「……あぅ……(漫画みたいにキス…なんて出来るわけないじゃない!)」ジワ

レムレス「!、ご、ごめんねフェーリ、いじわるだったね、キャンディーあげるよ!」オロオロ

フェーリ「……いただきます……」グスッ




アルル「黒づくめのお兄さんが小さい子を飴で泣きやまそうとしてる」

アミティ「悪意ある言い方やめてあげて!!」



~~~


サタン「………」ジリッ

ルルー「サタン様」

リデル「お兄様」

ルルー・リデル「「トリックオア・トリート」」ニコッ


サタン「(な、なんだこの悪寒…これは…殺気……?)」ゾクッ

サタン「(いや落ち着け…、トリック・オア・トリート……)」

サタン「(トリックかトリートか、選択権はこちらにある!)」

サタン「トリートだ、お菓子ならここに――」

ルルー「私達はこちらを召し上がりたいですわ」ニコッ

 ギュッ

サタン「………」タラー…

サタン「お菓子は確かに渡したからな!!」バッ バサッ!!

リデル「あ! 上着を脱ぎ捨てて…!」

ルルー「お待ちになってサタンさまぁ!!」ダッ

リデル「お、おいてかないでくださーい!」タタッ



アミティ「お菓子どころじゃなさそうだね」

アルル「巻き込まれたくないし他所いこっか」


~~~


シェゾ「なんか雑なカボチャが歩いてくると思ったらお前達か」

アミティ「雑なカボチャって……」

アルル「シェゾこそカボチャなんか手に持って何してるの?」

シェゾ「暇つぶしにカボチャ細工に手を出したんだが、
    ガイコツに店に並べたいと頼まれてな、今掘ってるところだ」

アミティ「(……おしゃれコウベかな?)」

アルル「これが作ったやつ? へえ……、よく出来てるじゃん、相変わらず器用だね」

アミティ「顔のバランスも厚さもカンペキ……、どうやって作ったの?」

シェゾ「小細工など必要無い……この俺と、闇の剣の力が合わさればな!

アルル「闇の剣泣いてるよ」

アミティ「ところでくりぬいた中身は?」

シェゾ「勿体ないからパイとケーキにした」

アルル「トリックオアトリート」ジュルリ

シェゾ「食欲に正直だな」

アミティ「あたしも欲しい!」

シェゾ「俺はもうちょっと作業するから勝手に食ってろ」





『異世界』



ラグ「ガオー、トリックオアトリート」

ホーリー「トリックオアトリート♪」

レティ「狼男に…ハーピーかな?」

ラグ「ぐーたんに着ぐるみ作って貰った」

ホーリー「ハーピーさんの衣服を真似て作りました」

レティ「……二人とも見た目的には仮装要らなそうだけど……」

ラグ「え?」

レティ「いやなんでも…、はいどうぞ。時間無かったから市販のだけど…」

ホーリー「むしろありがたいです」

ラグ「むしろありがたい」

レティ「どういう意味!?」



~~~


リルル「デッドオアライフ?」スチャッ

シェル「………」スッ

リルル「サンダー!」

シェル「サンダーストーム!」



 バチバチッ!


リルル「(雷に雷を合わせて…、眩しッ…!)」

リルル「(…シェルは!?)」キョロキョロ

シェル「後ろだ」

リルル「! ヘブン――」

シェル「させるか!」ザッ

 ズンッ!

リルル「……ッ……!!」




リルル「……甘……」

シェル「これが毒薬だったら俺が勝ってたから俺の勝ちだ」

リルル「毒なんて使ったことないでしょ…」モゴモゴ

シェル「…『お前は住民に怖がられすぎだから菓子でも配ってなんとかしろ』って
    飴をたくさん渡されてるんだ……黙って食え……」

リルル「だからって口に突っ込まなくても……」

シェル「じゃあ俺が普通に渡したら受け取ったか」

リルル「罠を疑う」

シェル「………」

リルル「………」コロコロ


~~~


ハグ「とりっく、おあ、とりーとー♪」

ピーナ「どうぞ」

リティ「やあ二人とも、……ハグは狼男?」

ハグ「んー、ウェアウルフ♪」

リティ「違いがわからないよ…」

ピーナ「でも狼男よりも人狼の方が怖いイメージありますわよね…」

リティ「……、トリックオアトリート」

ピーナ「!」

リティ「あ、いや、ハロウィンだからなんとなく…」

ピーナ「……も、持ち合わせ、ないのですけれど……」オド

リティ「え」

ピーナ「リティさん、いつもくれる側だから……、その……」

ピーナ「……イタズラ、する?」マジマジ

リティ「ええ、っと……、……いいの?」

ピーナ「えっ? ……はい……」

リティ「(待っていいのって何!? 何の確認をしたのあたしは!?)」

ピーナ「(リティさんなら大したことしなさそうだし……)」

ハグ「(リティがじばくしたフンイキ……♪)」

リティ「(普通に『別にいいよ』とか言っておけば……!)」

リティ「(ど、どうしよう、気まずい……!)」

ピーナ「………」モジモジ

リティ「(い、いや、この状況で待たされるのはもっと気まずいはず……!)」

リティ「(は、はやく何か、何か軽いイタズラしなきゃ!!)」バッ

 ブワサァッ

ピーナ「!」

リティ「……、………」ハッ

リティ「うわああああああん!!!」ダッ

ピーナ「り、リティさん!? リティさーん!?」

ハグ「(スカートめくってにげてった……♪)」

ピーナ「ちょっと無茶振りしてしまったかしら……」

ハグ「そうだねー♪」

ピーナ「追加のお菓子用意しに行ってきますわ」

ハグ「いってらっしゃーい♪」






『テト号』


ジェイ「トリックオアー!」

エル「トリートッ!」


ティ「なんだそれ」

ジェイ「お菓子くれなきゃイタズラなんだよ」

エル「プリンプの人たちが言ってた!」

ティ「なんか知らないけどお前達はいっつもイタズラしかしてないだろ!」

ティ「おっと、定期報告の時間だ。忙しいから後でな」

ジェイ・エル「………」ムスッ





ティ「――以上。本日も以上無し!」

ティ「(それにしてもあいつらやけに素直に引いたな……)」

ティ「(……また何か企んでるんじゃ)」ガチャッ

 ニチャッ

ティ「!?」

エス「あらティ、艦長室の前で立ちすくんでどうしたの?」

ティ「………」

ティ「……凄く嫌な物を踏んだ気がする……」

エス「えっ」

ティ「あ、足上げるぞ……」

エス「ちょ、ちょっと! エスが見えないようにやってよ!!」クルッ

ティ「………」スッ

無残なG「」ニチャ

ティ「」スッ


エス「な、なんで足戻したの!? 何があったの!?」

ティ「………」フルフル

エス「聞かない方が良さそうね……」


~~~


ティ「フリスビー構えたら裏にガムくっついてたり」

ティ「テトリスが糊付けしてあって意味不明なくっつき方したり」

ティ「挙句の果てにタオルに丁寧に小麦粉が塗してあって風呂上がりがご覧の有様だよ!」マッシロ


エス「いいから上も着なさいよ、そのまま天ぷらにするわよ!」

ティ「今日のイタズラひどすぎるだろ! もう色々ボロボロだよ!」

エス「……、ティ、あの子たちにお菓子あげなかったでしょ」

ティ「? ……、あ、そういえば……」

エス「子供はああいう行事大好きなんだから、ちゃんと用意しなきゃだめよ?」

ティ「エス、昨日から張り切ってお菓子色々作ってたもんな……」

エス「ふふーん、エスは可愛いだけじゃなく情報通だから、色々用意してたの!」

エス「ほら見て見て、カボチャでランタン作ってみたの! 可愛いでしょ!」

ティ「って、エスだってかなりはしゃいですじゃん、子供ー」ケラケラ

エス「………」

ティ「………、じょ、冗談……」ヒクッ

エス「……トリックオアトリート」ニコッ

ティ「えっ、だ、だから持ってないって」

エス「知ってる。覚悟してなさいよね」スタスタ




ティ「……おれ死ぬかも……」

アイ「今のはお前が悪い」

オー「ビビビー」





終われ


大分時期を逃しましたがちょっと前から考えていたハロウィン小ネタです!
私にとっては小さくて珍しいカボチャを買ってきてくりぬいたり眺めてみる行事でしかないです…
(尚ブログのネタにしようとしたもののくりぬきに失敗してボツになった模様(・ω・` ))

ぷよぷよ☆ラジオ!

アルル「リスナーのみなさんこんにちは! ぷよ☆ラジの時間だよ!」

アミティ「本日はP.N『私カーボンローラー、あなたの後ろにいるの』さんからのご投稿!

     リルル、シェル、シグ、アミティ、サタン、ルルー、
     フェーリ、リデルの8人でスプラトゥーンの世界に行かせてやってください!
     ブキは今ある全部から選ぶかんじで!ステージはデカラインでイカよろしくー!


     とのことだよ! これアレだよね? ちょっと前に流行ったアレだよね?」

アルル「……遅くない?」

アミティ「遅くないよ! つい最近も公式大会あったし遅かったとしても放送してないこっちの責任だからね!?」

アルル「そ、それもそうだね…」

アミティ「とりあえず場所はサタンになんとかしてもらおう」

アルル「サタンカモン!」

サタン「待たせたなアルル!」

アルル「三秒も待ってないけど」

サタン「呼ばれるだろうなと思って放送開始からスタンバイしてた」

アミティ「(ストーカーかな…)」

アルル「(…ストーカー…)」

サタン「な、なんだその目は! 頼み事なら聞いてやるからそんな目で見るな!!」

アミティ「じゃあ早速で悪いんだけどこれお願い!」

アルル「また仮想世界かなんかでサクッとよろしく」

サタン「…結構作るの大変なんだぞ?」


~~~


サタン「出来たぞ! ついでに投稿者希望のメンバーも揃えておいた」

アルル「おつかれ、帰っていいよ」

サタン「アルル!?」ガーン

アルル「冗談だって、ありがとサタン。帰っていいよ

サタン「帰れは冗談じゃないのか!? 私も希望メンバーの一人だからな!?」

アミティ「そういえばそうだった」

アルル「後のメンバーは――」

シグ「やあ」

リデル「アミさーん」

アミティ「あ、二人も一緒なんだ!」

リルル「ふぅん…、これは見たことがあるよ、武器で戦うゲームだね」

シェル「ほう…、仮想空間ともなれば、安心して全力が出せるな」

フェーリ「……、アタシはこういうのあまり得意じゃないんだけど……」

サタン「ブキは腕力に関係無く一番持ちやすい重さに変化するから安心しろ」

ルルー「さすがサタンさま! 細やかな気遣いが出来るところもステキですわ!!」ギュッ

サタン「そうだろうそうだr――ああああああああああああ!!!!!バキバキバキバキィ!!!

アルル「腕力自体は普通に反映されるんだ……」


~~~


サタン「で、では……、手始めに、わからない者もいるかも知れないので説明からだ」

アルル「(相変わらず回復力すごいな)」

サタン「先ず、この世界のルールと戦い方について説明しよう」

サタン「始めにお前達にはこの中から好きなブキを選んで貰い、
    全員選び終えたらバトルマップに転送する…ここからがポイントだ、
    このブキからは実弾ではなくインクが出て来るのだが、それを使って陣取りをして貰う」

リデル「ふぅん…、こんなに色々あるのに陣取りゲームなんですね」

シグ「なんか…、ジミ」

サタン「ただの陣取りじゃないぞ。自分達の色のインクには隠れることが出来て、
    更に相手を倒すことでその周囲に倒した側の色のインクが散らばるのだ」

リルル「と、いうことは、足場を塗ることで視界が取れて自分は奇襲がしやすくなるわけだ」

シェル「自分の色のインクにしか隠れることが出来ない…つまりそういうことだな」


アミティ「バトルガチ勢の理解が早い!」

リデル「要約してくれるので助かるといえば助かりますね……」

サタン「試合時間は三分。その間に、より多くバトルマップを自軍の色で染めたチームの勝利となる」

サタン「ちなみにチーム分けはランダムに設定されている」

リデル・ルルー「「サタン様(お兄様)と同じチームがいいです(わ)」」

シェル・リルル「「こいつと敵がいい」」

サタン「はいはいランダムランダム、とっととブキを選べ」



~~~


【青チーム】


シェル「……結局同じチームか……」ギリ

リルル「このゲームに*FFが無くて良かったね!」

*FF=フレンドファイア。味方を巻き込んだり背中から撃てる仕様。

ルルー「アンタ達見てるとアルルとシェゾが仲良しに見えてくるわね……」

リデル「ピリピリしててこわいです……」





【赤チーム】

フェーリ「凶暴なのが敵に揃ってしまったわね……」

サタン「案ずるな、この私が味方となったのだぞ」

アミティ「あれ? アルルは?」

シグ「さっき、あっちいった」


アルル「ボク実況席だった…」

レイ「(プレート:解説はテロップを入れて行きます)」


~~~


サタン「試合開始の合図はカーバンクルちゃんにお願いした」

サタン「風船が破裂したらスタートだ」



カーバンクル「ぐぐー」プクー

カーバンクル「ぐっ!」パァンッ

 >GO!!<


ルルー「(懐かしい)」

アルル「(懐かしい)」




アミティ「初心者向けっぽかったから選んでみたけど…、これ簡単に撃てるね!」パパパパパ

サタン「『わかばシューター』か…少々射程に欠けるが性能のバランスが良く燃費も良い」

アミティ「トリガーを引くと弾が出て、このレバーを押し込むとボムが出るんだね!」

サタン「弾とボムは背中のボトル内のインクから生成される。ボムを使いすぎると弾が出なくなるから気をつけろ」

アミティ「りょーかい! で、とりあえず地面を塗っていけばいいの?」

サタン「そうだ。塗られた地面の上に居る時は足が速くなり攻撃時以外相手から見えなくなる」

アミティ「イカにはならないんだ」

サタン「逆になりたいのか?」

アミティ「……いや……、そういえば、そのブキってなんだっけ?」

サタン「これか? これは52ガロンだ。燃費は悪いが威力が高く、この小さな弾を二発も当てれb」パンッ

 ザッ スパァァァァン!!

【 サタン をたおした!】

アミティ「!?」

アミティ「な、何!? 今一瞬何かが通りすg」

 バチュン!!

【 アミティ をたおした!】



アルル「おっと!? ここで中央を塗っていた二人が一網打尽に!?」

アルル「速すぎて全く見えなかった…、一体今何が!?」

レイ「(プレート:スロー再生)」


~~再生~~


サタン「当てれb――」

シェル「………」ザッ



アルル「あれは…シェル!」

レイ「(プレート:よく見ると植木鉢の上が染められているね)」

アルル「あの小さな空間に潜んで待ち伏せしていた…!?」


シェル「切り捨て御免」スッ


スパパパパパパパパァァン!!


【 サタン をたおした!】


アルル「見えた! あのブキは――パブロ!」

レイ「(プレート:振るのが速すぎて一瞬に見えたけど、5弾ヒットさせている)」

アルル「威力が低い上に近接じゃないと戦えない上級者向けブキ…完璧に使いこなしている……!」


アミティ「何かが通りすg」


 キュインッ


アルル「!、映像ストップ! 見てこれ、ほんの一瞬だけど――」

レイ「(プレート:視界の外側から、赤いレーザーが映った)」

アルル「――照準を合わせられている!」


 バチュン!!

【 アミティ をたおした!】


アルル「今まで照準は映ってなかったよね!? 一体どこから!?」

レイ「(プレート:別のカメラで根元を見てみよう)」


リルル「………」フッ


アルル「リルルだ! あんな遠くから!?」

レイ「(プレート:あれは…リッター3Kスコープ)」

アルル「射程は全ブキ中最高、そのぶんチャージ時間も最長で当てにくい長距離銃」

レイ「(プレート:狙撃も出来るんだ…)」

アルル「ボクも魔法を当てるのはそこそこ得意だけど…あそこまでは出来ないかなあ……」


~~~


サタン「酷い目にあった」

アミティ「すごく心臓に悪かった」ドキドキ


シグ「おかえり」

アミティ「シグは何を使ってるの?」

シグ「これ」ブンッ バシャァッ!!

サタン「ダイナモローラーか、燃費は最悪で連射も最低だが、
    一発一発の威力が高く範囲の広い中射程のローラーブキだな」

アミティ「なんか似合ってるね!」

シグ「どうも」バッシャバッシャ

サタン「塗り効率が良いのでスペシャル技を発動しやすく、敵の索敵も出来る」

アミティ「シグ、それもうスペシャル使えるんじゃない?」

シグ「やってみる」キュピーン

サタン「さあ、敵の居場所を探るのだ!」

シグ「うしろ」

サタン「えっ」

 ゴシャァッ!


【 サタン をたおした!】

ルルー「ああサタン様! わたくしの愛の一撃、受け取ってくださいまして?」

アミティ「いつのまにこんな近くに!?」

シグ「カーボンローラー」

アミティ「カーボン…、そっか、ボムで壁を塗って伝って来たんだ!」

ルルー「わかったところで貴方達に勝ちは譲りませんわよ、サタン様に活躍を見て貰うの!」

アミティ「タダでやられるあたしじゃないよ!」ピキーン 【バリア】

ルルー「!、しまっ――」

【 ルルー をたおした!】

アミティ「やったあ! あたしの勝ち――」

シェル「フッ!」バッ

アミティ「うわっ!? び、びっくりしたあ」キュイン

シェル「………」バババババババ

アミティ「ふふん、でもちょっと出て来るのが速かったみたいだね、まだバリア効果時間だよ!」キンキンキン

シェル「………」バババババババババ

アミティ「無駄無駄無駄ァ!って速すぎて狙いが定まらない!?」

アミティ「い、いやでもあたしは無敵! 数撃ちゃ当たる……」

シェル「………」ババババババババババババババ

アミティ「だから今あたしを殴ってもちょっと押されるだけだって――」

アミティ「――ん? 押される? あっ、待ってちょっと待って!!」

シェル「………」バババババババババババババババババババ

アミティ「あたしの後ろって確か池――あっ」キィンッ ツルッ


 ボシャン


シェル「たわいない…」フッ




アルル「アミティここで水ポチャ! 泳げないよね大丈夫!?」

レイ「(プレート:例え泳げてもこのゲームでは水に落ちたらアウト)」

アルル「あ、そうなんだ…たしかにブキもインクだし溶けちゃうもんね」


~~~


アミティ「復活!」ザッ

シグ「うへー…」ザッ

アミティ「あれ、シグやられてたんだ」

シグ「カーボンがうしろに……」

サタン「いつのまにかリルルにかなり手前に位置取られているな…」

アミティ「あれ先に落とさないとどこ行っても狙撃されちゃうよ」

サタン「私に任せろ!」バッ パンパンッ!

アミティ「! ガロンの弾で点々と作った道の上をジャンプしてる!?」

サタン「リッターはこうして一気に距離を詰められると弱い筈だ!」バサッ


サタン「悪いな、この闇の貴公子がそのハート、撃ち抜かせて貰う!」

リルル「………」イラッ


アミティ「セリフが最高にうざいけどこれいけそうかも!」

シグ「すごくうざいけどいけそう」



サタン「喰らえ!!」パンッ

リルル「……どこ狙ってるの」キュインッ

サタン「ありゃ? ア゙ッーーーー!!」ピチュンッ


【 サタン をたおした!】


シグ「だめそう」

アミティ「ただうざいだけだった」


アルル「サタン魔法以外ポンコツだから…」

レイ「(プレート:止まってる相手にまさかの全外し)」


~~~


アミティ「もう無理だよあれ鉄壁だもん!!」バシャッ

シグ「またやられたのか」

アミティ「リルルの背後から近づいたら凄まじい速さで振り向いて撃ち抜かれて恐怖だった」

サタン「道を作ろうとしたらシェルに斬り殺された」

アミティ「ルルーもうろついてるしあのリッター落とせないよ! 無理!!」

サタン「まあ待て、諦めるのはまだ早い」

アミティ「え?」

サタン「開幕からずっと一人居なかったと思わないか?」

アミティ「……、あっ!」


アルル「ここで残り30秒、リルルの周囲は鉄壁の守り! これは決まったか!?」

レイ「(プレート:そうでもない。この戦況ミニマップを見て)」

アルル「!、これは……!」



リルル「フフッ……、もう誰もボクを倒せない。ボク達の勝利は確定だね」

リデル「た、大変です!」

リルル「リデル?」

シェル「自軍の警備はどうした」

リデル「それが、隅々まで塗り終えたので偵察に出たら――」


フェーリ「終わったわ」スタッ

アミティ「フェーリ! どこ行ってたの?」

フェーリ「このルールを聞いてピンと来たの……、やるべきことは戦闘じゃない」


 『FINISH!!


赤チーム 52% vs 青チーム 45%


アルル「これはまさかの、戦闘で大敗していた赤チームが僅差勝利!!」

アルル「中央は完全に抑えられていたのにこの結果!」

レイ「(プレート:これを見て欲しい)」



リルル「寄り道ルートが全部塗られている?」

シェル「……それが?」

リデル「それがじゃないですよどういうゲームだと思ってたんですか」

リルル「敵倒して拠点守るゲームでしょ?」キョトン

シェル「たくさん殺せば良いんだろ?」キョトン

ルルー「邪魔者をぶっ飛ばしてサタン様に突撃するゲーム?」キョトン

リデル「(戦闘面以外のルールをまるで理解していない…!)」




サタン「このゲームは陣地取り、メインの中央以外の細道や脇道もカウントされるというわけだ」

フェーリ「だから塗りやすそうなもみじシューターで、戦闘を避けて塗って回ってたってワケ」

シグ「おー」

アミティ「やるじゃん!」

フェーリ「言い換えればアナタたち三人とも囮ね…」

アミティ「うっ…そう言われると素直に喜べない……!」

サタン「ま、まあ……結果的に勝てたからな!」


~~~


シェル「その程度か!」ザッ

リルル「まだまだぁ!!」パパンッ!



サタン「終わったのでマップをフリー解放したらなんか1vs1の決闘始まった」

アルル「楽しそうだしほっとこう」

アミティ「それじゃあ、シーユー☆ネクストタイム!」


終われ

投稿ありがとうございました!
私はこのゲーム、最高S+90までしか上がれませんでした…あと一歩でカンストならず(-ω-` )

ぷよぷよ☆ラジオ!

アルル「リスナーのみなさまこんにちは! ぷよ☆ラジの時間だよ!」

アミティ「本日はP.N『シオン』さんからのご投稿!

     異世界組を入れて特徴を反転させてください!
     アミティやアルルにレイくんもよろしくおねがいします!
     たとえば白いラグ、よく喋るレイくんみたいな感じです!


     とのことだね、こんな大がかりなことが出来るのは」

サタン「呼ばれる気がして」

ハーゲン「揃っておいたぞ!!」

ぐーたん「無茶企画ゴリ押し三銃士と呼んでくれ」

アミティ「長いしダサいよ」


アルル「久々の放送なのによく予想して来れたね」

ぐーたん「この私が本気を出せば未来予知など造作も無いのだよ」フッ

アミティ「わーぶれない無駄遣い」

アルル「そういうわけで更なる無駄遣いよろしく」







アミティ「そして世界は光に包まれた」

アルル「……、…………、ボクたち変わってなくない?」

サタン「知ってるかお前達」

ぐーたん「0にマイナスをかけても0だ」

アミティ「個性がないって言いたいのか!!」

アルル「本当にみんなには変化あるの?これ」

サタン「スタッフを見てみろ」

レイ「まあ今回の収録はチョイヤバって感じ? そこそこイージーそうだし早めロケっしょ」

アミティ「チャッラ!!」

アルル「こんなチャラいレイくん嫌なんだけど!!」


ぐーたん「なら早めに収録を終わらせることだなー」

サタン「ちなみに日付が変わる頃には戻るからな」




レイ「チャッチャロケ行きましょ-、もう昼過ぎだし? 巻いてこ巻いてこ」

アミティ「き、気を取り直して……スタッフもこう言ってるし、行こっか」

アルル「そ、そうだね、色々面白いことになってそうだし……」

アミティ「それじゃあ、しゅっぱーつ!」


~~~


「~だぜ!」「うんうん」「ふぅん…」


アルル「誰かの話し声が聞こえるけど……、……誰?」

アミティ「……声には聞き覚えあるけど、イメージとかけ離れすぎてて自信が」

アルル「ちなみに誰と誰と誰だと思う?」

アミティ「声的にはラフィーナとシグとリデル


ラフィーナ「あっ! アミティとアルルじゃねーか、元気してたかだぜ!」


アミティ「やっぱりラフィーナだった!!」

アルル「何あの口調違和感しか無いけど!!」

シグ「よう二人揃って今日もラジオの収録? 楽しそうだねぃ」

アミティ「シグもなんかチャラいし!!」

アルル「大人しいの対義語がチャラいっておかしいだろ!!」


リデル「ってゆーかぁ、最近私出番少なくない? マジヤバなんですけどぉカメラ映ってるぅ?

アミティ「誰だよ!!」

アルル「一昔前の小ギャルみたいになってるよ!!」

リデル「あぁ!?誰が一昔前から出番貰えてないから時代に遅れてるって!?」

アミティ「言ってないよ!!」

アルル「反転してもリストラの傷は深いのか……」



~~~


 「あら、アミティさん」


アミティ「!!!」ビックゥ

アルル「この声は……」

アコール「今日もアルルさんと仲が良くて大変結構だけど、宿題は……?」

アミティ「明日やるつもりでした!!」

アルル「清々しい!!」

アミティ「(で、でも、今日は先生も反転してるはずだから怒られないかも……)」

アルル「その思考がクズいよ」

アミティ「読まないでよ!」

アコール「へえ……、この私が直々に作った宿題をサボるとは良い度胸してんなァオイ!!」ビキィ

アミティ「!?」

アコール「一発キッツイお仕置き浴びせねえとな!!フェルマータ!!!」

アルル「ちょ、ちょっと先生!?」

アコール「――ファンデチュード!!」




 \チュドォォォォォォォン/




アコール「ったくよぉ、ちょっとはこっちの身にも……」ブツブツ

アコール「あっと、答えのヒント書いてある紙落としちまった、いけねーいけねー(棒)」ヒラッ

アルル「こ、これは……表向きは怖いけど隠れた優しい面も見せるスケバン先生!!」

アルル「なるほど、表向きは優しくて黒いを反転させるとこうなるのか……」

アミティ「どっちにしろあたしはボコられてるけどね!!!」ボロッ



~~~


シェゾ「お前は…いらない!」


アルル「………」

アミティ「………」


シェゾ「このミルクは低温殺菌を謳ってはいるものの脂肪分の量が……」ブツブツ

シェゾ「俺の作るカフェオレにはこんな安物不要だ……いらないな」

シェゾ「そしてこのコーヒー豆! お前もいらない!!」



アルル「う、うざあ……」

アミティ「ただの好みにすっごくうるさいひとになってる……」

シェゾ「アルル? 俺は忙しいんだ、今はお前は…いらない!

アルル「面と向かって言われるとめちゃめちゃ腹立つな! ダイアキュート!!」キュィン

シェゾ「あっ!待て違う! お前の力は、だ――」

アルル「問答無用! ヘブンレイ!!」


\チュドオォォォォン/



~~~


アミティ「あっレムレス!」

レムレス「ア゛ーーーーーー!!!」ビックゥ

アミティ「!!?」ビクッ

レムレス「な、なんだ!? 僕は怖いんだぞ!!側に来るな!!」ピリピリ

レムレス「君達も僕のお菓子を狙ってるんだね!?そうなんだろう!?」

アルル「い、いや……」

レムレス「僕の側に寄るなァ!!助けてフェーリ!!!」サッ

フェーリ「……、……………、ごめんなさいね」

アミティ「(疲れた目をしている……)」

アルル「(彗星の魔導師がフェーリの後ろに隠れるなよ……)」

アミティ「反転の方向性が極端すぎると思うんだ」

アルル「むしろ口癖が強調して反転されたせいでより痛い人になってるよ」



~~~


りんご「おや、こんにちは」

まぐろ「こんにちは☆」

アミティ「こんにちはりんごちゃんにまぐろくん!」

アルル「……、なんというか、あんまり変わりがない?」

りんご「? ええ、私は普段通り心身共にとてもしなやかにすごしておりますが」

アミティ「元気そうだけど……、………?」

アルル「(しなやか……?)」

りんご「この世のことは全て倫理で科学的に革命出来なければならないのです!」

アミティ「あっ(察し)」

アルル「……これは……」

りんご「幽霊などというひ…、非常識?なものは、未実装科学に過ぎず――」

りんご「――その存在をじ、実現? することは、不可避なのです!」

アミティ「めちゃめちゃ頭悪くなってる!!」

アルル「難しい言葉使おうとしてるけど全滅だよ!!」

アミティ「正しい言葉を当てはめるテストみたいになってるよもう!!」

りんご「だからなんかめっちゃヤバいアレをどうにかするにはなんかこうしましょう」

アミティ「ついに語彙力までクソになった」

アルル「尽きるの早いなー」


アミティ「じゃあまぐろくんは剣玉関係かな?」

まぐろ「僕の剣玉が見たいのかい☆」スッ



まぐろ「五秒で自分を亀甲縛りに出来ます☆」ギチッ

アミティ「色々な意味でヤバいよ」

アルル「色々な意味でアレな光景すぎてこっちの語彙力までアレになるわ」



~~~


アミティ「異世界の人たちも来てるみたいだけど……」

アルル「あれラグじゃない?」

アミティ「え? どこ?」

アルル「ぼらあれ、あそこ立ってる真っ白のやつ」

アミティ「ああ日光に同化してて見えなかった」

白いラグ「ひどくないか!?」


アミティ「あ、聞こえてた」

白いラグ「俺の色がおかしい」

アルル「(自覚症状あり?)」

アミティ「(魔法耐性ありそうだもんねラグ)」

白いラグ「お前達何か知ってるのか? みんなおかしいしいったいなんなんだよこれ」

アルル「ああ、なんか最近そういうウイルスが流行ってるらしいよ」

アミティ「なんか一日くらい放置してれば治るって」

白いラグ「ふーん、じゃあいいか」

アルル「(信じちゃった)」

アミティ「(耐性あるないの問題ではない)」


白いラグ「ところでこれを見て欲しい」

アミティ「?」

白いラグ「うおおおおおお」ゴゴゴゴゴゴゴ

白いラグ「見てこれ全く締まらない」

アミティ「白いだけで迫力が全然ないね」

アルル「夜道でもわかりやすくていいじゃん」

白いラグ「真っ白いのが暗闇に浮いてたら逆に怖くないか?」

黒いホーリー「どうせ何しても馬鹿力で怖がられるんだから一緒でしょうに」クス

白いラグ「おい俺達のマスコットが発言まで黒くなってるが!?」

青いレティ「……天使ちゃんの口が悪くなっては困る。が、黒天使も可愛らしくて良いな」

白いラグ「レティはレティでクールになった以前にキャラが違う!!」


白いラグ「待って俺だけ中身変わってないのなんで!?」

アミティ「あのラグが突っ込みに回らざるを得なくなっている」

アルル「(フェーリカラーのホーリはともかくレティはただの青ぷよ帽被ってるだけに見える…)」


~~~


リティ「……な、なんだか今日は……落ち着かないな……」オドオド

ピーナ「わたくしにお任せですわ!」キリッ


アルル「臆病なリティに勇敢なピーナ」

アミティ「まあ順当だとしても」

ハグ「………💀」

ハグ「はあ……にんげんはどうしてうまれるのだろう……💀」

アミティ「ハグどうしたのこれ!?」

アルル「語尾が気持ち悪いことになってるけど……これはいったい……」

ハグ「しあわせから、ひとつとるだけで……かみひとえ……💀」

アミティ「幸せから、一つ……?」

アルル「あっ! つらそうなハグ!」

アミティ「幸→辛……そういうことか! くだらなっ!!」



~~~


リルル「あーだる……めんど……息するのめんど………」ゴロゴロ

シェル「どうしてそこで諦めるんだそこで!!オイ!!!起きろ!!!!!」


アミティ「どこかで見た光景」

アルル「凜々しい⇔臆病とは限らないのか」

アミティ「まああの二人も凜々しいって言っても結構性格違ったしね」

アルル「そしてシンプルに熱くなるシェル」


シェル「決闘だ!!おい!!!今日こそ決着付けるぞ!!!!!」

リルル「明日でいーじゃん……、あーあ、口開けてたらカレー降ってこないかな」


アミティ「普段のアルルみたいになってる……」

アルル「え゛!? まって普段のボクあんなん!?」ガーン



~~~


アミティ「ふぅ……、大体見て回ったかな?」

アルル「スタッフ、尺は?」

レイ「いやー、バッチリっしょこれ取れ高期待できるっしょー、帰りミファスレでバンハーグでm」

アルル「よし早く帰って寝よう!!」

アミティ「シーユー☆ネクストタイム!!」



終われ

投稿ありがとうございました!
だいぶ間が空いてしまい申し訳ありませんおのれ広告

更新報告

某18Gなジャンルを一年ぶりに更新いたしてたんだけど一週間くらい報告忘れてました!
とても久々ですが、まだ読んで下さっている方がいましたら是非どうぞ!


一部のプロの方々には既に更新が見つかっているようですが……(-ω-` )

ぷよぷよ☆ラジオ!

アルル「リスナーのみなさんこんにちはー! ぷよ☆ラジの時間だよ!」

アミティ「本日はP.N『れいみん』さんからのご投稿!

      前にやった切ない話大会的なのをまたやって欲しいです☆
      ティ、エス、マグロくん、リデルちゃん、ヘンタイおにーさん、
      スタッフは絶対で!あとは呼んでも呼ばなくてもオーケーです☆


     ……こ、これは……終わったあとなんとも言えない気分になる伝説の」

アルル「ああ……ボクは遠慮しておこうかな……」

アミティ「今回はあたしも観る側にしておこう…精神が持たない……」

レイ「(プレート:よほどの長期視聴者じゃないと何言ってるかわからないと思う)」

アミティ「そんなの始めたらわかることだよ……嫌でもね………」ズーン

アルル「始まる前から思い出してブルーになってちゃだめだよアミティ……」


~~数日後~~


エス「ここが会場ね、何か書いてあるわ。読んで、ティ」

ティ「……えーっと、『復刻!切ない話大会』?」

エス「なによそれ」

ティ「おれが聞きたい」

りんご「……あー……なんというか、あれです、めちゃめちゃブルーになるやつ」

リデル「あれはしばらく地味に引きずりますよね……」

ティ「全くわからないしそもそも何をすればいいんだよ!?」

シェゾ「だから、ブルーになったっていうか、切なくなった話をするんだよ」

ティ「そう言われても、いまひとつイメージが沸かないぞ……」

エス「切ないって表現するには難しい感情よねー」

レイ「(プレート:……しかたない、ではここは僕がスタッフとして先発を)」

リデル「よろしくおねがいします」

シェゾ「ラジオだからプレートは置いとけよ」

レイ「(プレート:わかってる)」ポイッ


レイ「……、プリンプって、いろんな行事やるよね……」

シェゾ「そうだな、俺の故郷も祭り事は賑やかだったが負けず劣らずだ」

ティ「観光してると楽しいよ」

レイ「皆で遊んで、記念写真撮って、楽しい時間を生きた証を残していく……」

レイ「……僕、その写真の整理もやるんだけどね」

レイ「僕達が写ってる写真、一枚も無いんだ……」


ティ「………」

シェゾ「………」

まぐろ「……☆」

レイ「まあ、死んでるから生きた証なんて残らなくて当然だけどね……」

リデル「……っ…!」ジワッ

エス「………」フルフル

りんご「………」プルプル

レイ「どんなに楽しくても、笑顔でピースしても、アルバムに僕達の姿は――」

ティ「もうやめてつらい!!」

シェゾ「初手から重すぎるだろ!!」


レイ「(プレート:おわかり頂けただろうか)」

りんご「写らない……写真に……写らない……?」ブルブル

まぐろ「(あ、これりんごちゃんだけ違う理由で震えてるな☆)」


~~~


レイ「(プレート:おわかり頂けたところでどうぞ)」

ティ「……本当に、大した話じゃないぞ?」


~~回想~~


ティ「へー、スマホって本当色々出来るんだな……」

ティ「っと、トイレトイレ」スッ


ティ「ふぅ……」

ティ「さて、流して出るか」ボチャンッ

ティ「………、ボチャン?」



~~終了~~


ティ「振り向いた時の絶望と言ったら……」ワッ

エス「うわぁ、えんがちょー…」


シェゾ「ケツポケットは…ケツポケットはやめておけとあれほど……!

まぐろ「実に普通だけど、誰にでも起こりうることだけにより切ない……☆

ティ「まだあの利器を使いこなすには早すぎたんだ……」

りんご「大丈夫! ああいった機械はショートを防ぐため電源を入れずに少し洗ってからしっかり乾かせば」

ティ「大の方だったんだ」

りんご「ご愁傷様です」



~~~


ティ「さ、おれが話したんだから次はエスだな」

エス「いいわよ。エスが話してあげる」

シェゾ「正直お前に切ない話があるようには見えないが…」

まぐろ「めちゃめちゃポジティブなタカビーちゃんに見えるけど☆」

エス「エスがかわいいからって言い過ぎよ失礼しちゃうわね、あるわよ!」


エス「ほら、エスってすっごく可愛いけど、花の命は短いじゃない?」

エス「だからね、この美貌を維持するために、たっくさん努力してるのよ」

エス「パパにもお肌に良い効果を合成した化粧水やクリームを合成してもらってるし!」

エス「でもね、エスはいつからか、気づいてしまったの」

エス「……いくらエスが可愛くなっても、この艦内に対抗できる相手は誰もいないの」

エス「ライバルが存在し得ない井の中で、自分磨きを続けているのよ……」


リデル「ああ……果物を刺し木したのに鳥さんが渡った後だったような……」

シェゾ「戦う相手が存在し得ないのに鍛錬を続けるような感じか……空しいな」

まぐろ「ブームが過ぎて周りが誰もやってないマルチ対応のゲームにハマったみたいな☆」

りんご「豊作すぎて地に落ちたまま朽ちゆく果物のような……」

ティ「(例えがばらばらすぎてまったくわからない)」



~~~


りんご「では次は私が」

シェゾ「……あんまグロいやつはやめろよ」

りんご「大丈夫です、今度は死骸系じゃありませんから……」

ティ「(前回に一体何が……)」


りんご「私って家青果店じゃないですか? まあ果物は好きなわけですよ」

りんご「とくに家の繋がりで傷物の果物を頂ける機会もよくありましてね」

りんご「見た目が悪いだけでおいしいし、それ自体はお気に入りなのですが……」

りんご「……このあいだ、天然無農薬のイチジクを頂きまして」

りんご「やけに種が多いなって、思ったんですね」

りんご「口を離して見てみると黒いツブが全部動k」


 『ピンポンパンポーン♪ 不適切な音声が流れました。しばらくお待ちください』



レイ「(プレート:クレーム来る)」

シェゾ「グロいのはやめろって言っただろ!」

りんご「ええ……わりとあることなのに……」

まぐろ「充分グロいからね☆」

リデル「うう…もうしばらくイチジクは食べられません……」


~~~


まぐろ「次は僕が話していいかな☆」

レイ「(プレート:どうぞ)」


まぐろ「僕さ、ずっと昔から大好きなMMOがあったんだ☆」

まぐろ「みんなマナーも良くて、ギルドも作ってわいわい遊んでさ☆」

まぐろ「それが、半年、一年、三年と経つごとに、どんどん人が少なくなって☆」

まぐろ「5個あったサーバーも、一つに統合されちゃって☆」

まぐろ「……もう、ギルドには僕しか残っていなくって☆」

まぐろ「それでも昔を懐かしんで遊んでいたんだけど――ついに、サービス終了しちゃった…☆」



りんご「あー……まぐろくんそれやり込んでましたもんね」

エス「MMO? ……サービス終了? …??」

リデル「う、うーん……雰囲気はわかりますが……」

シェゾ「ゲーマーネタか? ゲームやってないとわかんねーな」

ティ「まあ、人が少なくなる切なさはなんとなくわかる」


~~~


リデル「さ、最後は私ですね…」

シェゾ「……なんとなく察した」

リデル「まあ、……皆さん、私が最後にキャラとして登場したの、何年前か覚えていますか?」

りんご「急にメタに走った!?」

まぐろ「それ以前に年数とか言いだしたらアウトでしょ☆」

リデル「今まで散々やってきましたし今更ちょっとやそっと問題ないでしょう」

レイ「(プレート:今この時点で問題しかないよ)」

ティ「そういやおれたちとぷよ勝負はしたことないな」

エス「テトリスもしたことないわね、能力が無いのかと思ってた」

リデル「そんなわけないじゃないですか、私だって、私だって、
    ほんの…ほんの五年前までは、みなさんと楽しくぷよ勝負してたんですよ!」

シェゾ「そうか五年……五年前!? もうそんな前だったのか」

レイ「(プレート:ぷよぷよ20thの発売日は2011年7月14日)


まぐろ「じゃあちょうど五年前か、結構昔だったんだね☆」

りんご「まあ私たちずっと中学生でしたしね」

まぐろ「こら☆」

リデル「ついに一般モブにまで下げられて…親友なのに、主人公の親友なのに……!

リデル「7のように事情があって出れないならまだ百歩譲って許せます」

リデル「でも、出てるのに一般モブ扱いだなんてあんまり…あんまりです!」

リデル「一作目から出てるのに、こんな扱い切なすぎます……!!」ワッ

エス「よしよし泣かないの、エスのハンカチ使う?」

レイ「(プレート:まあまあ…、それに関してはユウちゃんとかも一緒だから)」

リデル「ユウさんとかほほうどりさんとかカエルさんはモンスター枠じゃないですか!!」

レイ「(プレート:屋上)」


りんご「あわわ二次災害が!?」

まぐろ「スタッフまで平常を乱し始めた……まずいな☆」

ティ「このままだと放送出来なくなるんじゃないか?」

エス「じゃあ終わらせちゃえばいいんじゃない?」

りんご「それはすばらしい名案です! シーユー☆ネクストタイム!


終われ



オマケ


アルル「お待ちかね! ファンレター読み上げコーナー!」

アミティ「一気にいくよ、聞き逃さないようにね!

    『ティくん
     ぷよキャラテトキャラの中で一番好きです☆大変かもだけど頑張ってください☆

     レイくん
     ぷよ!!キャラの中ならあなたが一番好きです☆お仕事頑張って!

     まぐろくん
     君は二番目ぐらいに好きだよ☆この星も気に入ってます☆

     リデルちゃん
     女の子キャラの中で一番好きです☆かわいいから自信持って!

     ヘンタイおにーさん
     えっとがんばれ!!

     司会二人
     お疲れ様です☆好きってわけでもなく嫌いってわけでもなく
     普通だけど頑張ってください!』

     ありがとう!! 普通でもがんばるね!!! 普通だけど!!!!!


アルル「アミティ! ヤケにならない!!」

ティ「ありがとう……がんばるよ………」ズーン

アルル「(スマホ便ポチャ事件からまだ立ち直ってないな……)」

レイ「……、ありがと。ユウちゃんもよろしくね」

まぐろ「二番目って正直に言われると嬉しいのになんとなく負けた気に……☆」

リデル「あっ……、ありがとうございます……、私が復帰できるように、
     SE○Aさんにお手紙を!お手紙を何卒!!」

アミティ「リデル落ち着いて!」

アルル「(みんなまださっきの放送から立ち直ってないな…)」

ヘンタイおにーさん「おい呼び名がおかしいだろ!」

ヘンタイおにーさん「俺の名前表記がおかしいわどうした!!!」

レイ「(プレート:スタッフパワーで投稿者の意思に合わせた)」

シェゾ「なんだそれ変な気遣いやめろ!!!」

アルル「あ、戻った」

アミティ「なにはともあれ、ファンレターと投稿ありがとね!」


終われ


投稿ありがとうございました!
スマホポチャはリアルに私がやりかけたやつです……(・ω・`;)

ちょっと目を離していたら

ふぁっきゅー広告(´・ω・`)
おばあちゃんが今度は膵臓に影が見つかったから検査するとかで
リアルが忙しくてちょっと忘れてただけでFC2さんに広告をぶちこまれました[▓▓]εː)

これはもっとぷよラジを書けとのお達しか……!?
ただ現在ストックがないのでこの間紹介したゲーム
(リーグオブレジェンド)の攻略でも書こうと思います(唐突)

というのも、私は元々友達に勧誘されて始めたので
やり方もわかっていた(最初から教えてもらいながらプレイしてた)のですが、
普通に始めるとやはり苦戦している方が多いみたいなので、紹介した手前序盤攻略法をと思いまして(-ω-` )

まあ私は今の所スプラトゥーンで言うナワバリ勢なので、
その程度の知識とコツだと思って軽く頭に入れておくと序盤が遊びやすくなるかもしれません


0.みんなが使う言葉

top:一番上のレーンのこと。タワーまでの距離が長く、横から入られると逃げにくいことから、
基本的に固くガンクが来ても生き延びやすいチャンピオンが居座る場所となっている。

mid:真ん中のレーンのこと。タワーまでの距離が短くガンクされても逃げやすいため、
逃げ足が無いが相手を即死させるほど強力なスキルを持つメイジや、アサシンの立ち位置。

bot:一番下のレーンのこと。タワーまでの距離はtopの一緒で長くガンクされやすいため、
育てば強いが育つまでが貧弱なadc(狙撃手)と、それを守るためのサポートが二人で協力するポジション。

JG:森の中を駆け巡り、中立モンスターを狩ってレベルを上げる特殊なポジション。
主な役割は、敵が隙を見せているレーンに合流し、2vs1や3vs2の戦いに持って行くガンクをすること。

タンク:皆の盾となるポジション。防具をガチガチに固めて、集団戦の際は
最前線で敵の攻撃を食い止めて、メイジやadcが全力を出せるようにするのが役割。

ガンク:JGがレーンに顔を出し、敵チャンピオンを数の有利で仕留めようとする行動。
ping(Vボタンを押しながらクリックすると可能)による援護要請はJGが向かう合図。寄ってあげよう。

ローム:今いるレーンから離れて、違うレーンの手助けに行くこと。
主にmidのレーナーがbotやtopに向かい、背後から拘束スキルや火力スキルをぶつけて狩る。
ただ、これをやりすぎると自分のレーンの相手が育ってしまうので注意。
(自分はミニオンを得られないが、相手は敵の居ないレーンで簡単にレベル上げと金策が出来るため)



1.ミニオンより前に出ない

ミニオンというのはチュートリアルにも出る小型の雑兵ですね。
雑兵といえど、序盤HPが低い中で殴られるとかなりの痛手を負うので、
戦う時は相手がミニオンよりも前に攻めて来た時にして、自分からは行かないように。

また、ミニオンは『射程内で自軍側チャンピオンが殴られたら優先して敵チャンピオンを殴る』という
習性を持っているため、例え手前側でも自軍の色のミニオンより相手のミニオンの方が数が多い
状況で殴り合いをした場合、相手のダメージ+ミニオンのダメージを受けて負けてしまいます。気をつけましょう。


2.使いたいキャラが居た場合、最初に『○○(キャラ名) ビルド』と検索をしておく

ビルドというのは、装備という意味です。
例えば剣士キャラに魔法武器を持たせても、武器のポテンシャルが発揮出来ませんよね?
ただ、始めたばかりではアイテムが多すぎて何を持たせたらいいのかサッパリだと思います

なので、先人達が書いた攻略や、使われたアイテムの統計を見て、
全く同じ物を使うことから始めて見ましょう。そのうちにアイテムの効果が覚えられると思います。

始めようと思ったらキャラクターのビルドを検索し、
プロフィール画面の一番右の設定、『アイテム選考』に書いてあるアイテムを登録することで、
全くアイテムがわからない初心者でも有効な武具を装備することができます(私もこれはかなり活用しました)


3.わからない相手には積極的に戦いを挑まない

相手の体力が半分、こちらが七割ある時、単に勝てると思って突っ込むも
相手のスキルが『敵のHPを吸収する』だったり『5分に一度復活する』『3分に一度超回復する』
といったものだった場合、負けてしまいます。

なので、見たことが無い、スキルがわからない相手と戦う時は慎重に戦って、
どんなスキルを使うのかを確認してから本格的に攻めた方が良いです。
(ただ、死んで覚えなければわからない初見殺し系チャンピオンも多いので、
 とりあえず殺されたらなんで死んだのか死因を確認してみましょう)



4.自キャラのスキルを把握する

これは私が当時全然やってなかったのですが、
やっぱり自分のキャラのスキルはちゃんと詳細を見ておいた方が良いです。
(チャンピオンをクリックし、 i マークを押すと見られる)

要するに説明書は読もうってことですね( ˘ω˘)
序盤に使用出来るチャンピオンの能力で見逃しがちなことは以下のような感じです

・アッシュのRは、射程無限なのでbotレーンからtopレーンの援護も可能
・アッシュの鳥を飛ばすスキルは地点指定なので、ミニマップで遠くをクリックした方が有効に使える
・ガレンのRはHPが少ない相手に割合ダメージを与えて確実に殺せるトドメ用のスキル(目安:3~4割)
・トリスターナの爆弾は付けた後に相手を殴るとダメージアップ
・ナーのEは変身時に使うと、巨大化しながら相手に接近することが可能
・ラックスのEは一回目に押した時に置いて、二回目に押した時に爆発する(攻撃に使う時は連打するといい)

後は使わないのでよくわかりません( ˘ω˘ )


5.意味の無い死を遂げない

死んでもいいけど、有効的な死を遂げましょう
(例:ガレンなどのタンクで集団戦で味方を守る。相手の中で一番育っている相手と差し違える
 スマイトで飛び込んでドラゴン・バロンのトドメだけ奪う(ややリスキー)など)

森の中が暗く敵が潜んでいる可能性があるのに一人で敵陣の近くまで行ったり、
もしもJGが来たら死んでしまうのにミニオンに積極的に攻撃して相手のタワー下まで行ってしまうのはだめです。
なるべく、ミニオンは押しつけられたりロームしたい・帰りたい時以外は、
ゴールドの貰えるトドメだけ狙って攻撃しないようにしたほうがいいでしょう(特にmidの場合)




以上!
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。