スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンだよ!ぷよぷよ小話!

アミティ「トリックオアトリート」

アルル「ここにカレー味のチョコとチョコっぽいカレーがあります」

アミティ「どっちもカレールーだね!?」


アルル「タイミング良くお菓子なんか持ってるわけないじゃん家も無いのに」

アミティ「(家も無いのにタイミング良くカレールーは常備してるんだ…)」

アルル「からの、トリックオアトリート!」

アミティ「ふふふ、そう来ると思って自作のお菓子を用意しておいたよ!」

アルル「ごめんなさい」

アミティ「え? なんで謝るの?」

アルル「勘弁してください」

アミティ「そんな深々と!? あたしのお菓子食べるのそんなに嫌!?」

アルル「命だけは…命だけは……!!」

アミティ「命だけは!?」ガーン


~~~


アルル「ちょっと取り乱したけど、今日は先制攻撃が撃てればお菓子が貰える日」

アルル「ボク、これから回収に回ろうと思ってるんだけど…来る?」

アミティ「うん! あたしもレムレスとかにお菓子貰おうと思って仮装用意してたんだー」

アミティ「ほら、カボチャぷよ帽」

アルル「ボクも昨晩作ったカレーに使ったカボチャでフルフェイスのマスク作った」

アミティ「マスク……」

アルル「顔がじっとりする」

アミティ「だろうね……」



シグ「……カボチャだ」

ラフィーナ「………」

アミティ・アルル「「トリックオアトリート!」」

シグ「レムレスのでいい?」スッ

ラフィーナ「ハロウィンって別にカボチャ祭りじゃありませんのよ……?」

アミティ「えっ」

アルル「違うの?」

ラフィーナ「元はカブらしくってよ」

アミティ「あちゃー、カブを被るのが正解だったかー」

ラフィーナ「何でもかんでも被ろうとするんじゃない!」

アルル「カブだけに」

ラフィーナ「やかましいっ!!…ですわ!」


~~~


アルル「トリックオアトリート!」

ウィッチ「……あ~らアルルさん、正真正銘本物の魔女に
     仮装してお菓子を要求するの? 良いご身分ですわね」

アルル「う、ご、ごめんなさい……」

ウィッチ「冗談でしてよ、飴玉で良かったら差し上げますわ、お二人さん」

アルル「ありがとう!」

アミティ「あたしにも? 今日は気前良いねウィッチ!」

ウィッチ「ちょっと昔の物整理してたら良いレシピが出てきて…」

アルル「え」

ウィッチ「コホン、一回に二粒まで、服用前後数時間は
     コーヒー・酒類は避けておいしく召し上がってくださいませ!」

アミティ「これ絶対なんか入ってるよね!? お菓子の注意じゃないよね!?」

アルル「この飴何味なの?」

ウィッチ「未来と希望の味ですわ」


アルル「よし捨てよう」

ドラコ「ただいまー!」バサッ

ウィッチ「おかえり」

アルル「ドラコどっか行ってたの?」

アミティ「わあ、お菓子がいっぱい! レムレスのとこ?」

ドラコ「ううん、海の向こうの人間の街!」

アミティ「えっ」

アルル「……そ、それはまずいんじゃ……」

アミティ「あっちの方、魔物どころか魔導師もほとんどいないよ……?」

ドラコ「だいじょーぶだいじょーぶ! 実は昔からやってたもん!」

アルル「ボク達の世界に居た頃から? 騒ぎになるでしょ」

ドラコ「飛んだり火吐かなきゃなきゃヘーキヘーキ! 堂々と人前歩けるし
    クオリティたかーい! とか褒められるし、お菓子も貰えてスリリング!」

ウィッチ「サタン様にもやめろって言われてるのに、ハロウィンになると浮かれちゃって…」

ドラコ「えー? でもあたし以外にもやってるコ結構いたよ? バレないバレない」

アミティ「ハロウィンに衝撃の新事実が……」

アルル「心霊映画撮ると幽霊が集まるって言うし、そういう感じなのかな…」


~~~


フェーリ「センパイ、また女の子にお菓子たくさん配って……」

レムレス「? 男の子にもたくさん配ったよ?」

フェーリ「そういうことじゃ……、……」ムスッ

レムレス「……んー……、……」ニヤ

レムレス「そうだ、フェーリからまだアレ、聞いてないな」

フェーリ「(センパイお菓子配るの本当に好きね……)」

フェーリ「トリック・オア・トリート」

レムレス「じゃあ僕はトリックにしようかな」

フェーリ「……、……!?」

レムレス「フェーリってどんなイタズラするのかなーって思ってね」クスッ

フェーリ「うぅ…(イタズラ…? 盗聴器とか普段仕掛けてるけど、まさか言えないし……)」

フェーリ「(ど、どうしよう……)」

レムレス「(困ってる困ってる、かわいいなー)」

フェーリ「……あぅ……(漫画みたいにキス…なんて出来るわけないじゃない!)」ジワ

レムレス「!、ご、ごめんねフェーリ、いじわるだったね、キャンディーあげるよ!」オロオロ

フェーリ「……いただきます……」グスッ




アルル「黒づくめのお兄さんが小さい子を飴で泣きやまそうとしてる」

アミティ「悪意ある言い方やめてあげて!!」



~~~


サタン「………」ジリッ

ルルー「サタン様」

リデル「お兄様」

ルルー・リデル「「トリックオア・トリート」」ニコッ


サタン「(な、なんだこの悪寒…これは…殺気……?)」ゾクッ

サタン「(いや落ち着け…、トリック・オア・トリート……)」

サタン「(トリックかトリートか、選択権はこちらにある!)」

サタン「トリートだ、お菓子ならここに――」

ルルー「私達はこちらを召し上がりたいですわ」ニコッ

 ギュッ

サタン「………」タラー…

サタン「お菓子は確かに渡したからな!!」バッ バサッ!!

リデル「あ! 上着を脱ぎ捨てて…!」

ルルー「お待ちになってサタンさまぁ!!」ダッ

リデル「お、おいてかないでくださーい!」タタッ



アミティ「お菓子どころじゃなさそうだね」

アルル「巻き込まれたくないし他所いこっか」


~~~


シェゾ「なんか雑なカボチャが歩いてくると思ったらお前達か」

アミティ「雑なカボチャって……」

アルル「シェゾこそカボチャなんか手に持って何してるの?」

シェゾ「暇つぶしにカボチャ細工に手を出したんだが、
    ガイコツに店に並べたいと頼まれてな、今掘ってるところだ」

アミティ「(……おしゃれコウベかな?)」

アルル「これが作ったやつ? へえ……、よく出来てるじゃん、相変わらず器用だね」

アミティ「顔のバランスも厚さもカンペキ……、どうやって作ったの?」

シェゾ「小細工など必要無い……この俺と、闇の剣の力が合わさればな!

アルル「闇の剣泣いてるよ」

アミティ「ところでくりぬいた中身は?」

シェゾ「勿体ないからパイとケーキにした」

アルル「トリックオアトリート」ジュルリ

シェゾ「食欲に正直だな」

アミティ「あたしも欲しい!」

シェゾ「俺はもうちょっと作業するから勝手に食ってろ」





『異世界』



ラグ「ガオー、トリックオアトリート」

ホーリー「トリックオアトリート♪」

レティ「狼男に…ハーピーかな?」

ラグ「ぐーたんに着ぐるみ作って貰った」

ホーリー「ハーピーさんの衣服を真似て作りました」

レティ「……二人とも見た目的には仮装要らなそうだけど……」

ラグ「え?」

レティ「いやなんでも…、はいどうぞ。時間無かったから市販のだけど…」

ホーリー「むしろありがたいです」

ラグ「むしろありがたい」

レティ「どういう意味!?」



~~~


リルル「デッドオアライフ?」スチャッ

シェル「………」スッ

リルル「サンダー!」

シェル「サンダーストーム!」



 バチバチッ!


リルル「(雷に雷を合わせて…、眩しッ…!)」

リルル「(…シェルは!?)」キョロキョロ

シェル「後ろだ」

リルル「! ヘブン――」

シェル「させるか!」ザッ

 ズンッ!

リルル「……ッ……!!」




リルル「……甘……」

シェル「これが毒薬だったら俺が勝ってたから俺の勝ちだ」

リルル「毒なんて使ったことないでしょ…」モゴモゴ

シェル「…『お前は住民に怖がられすぎだから菓子でも配ってなんとかしろ』って
    飴をたくさん渡されてるんだ……黙って食え……」

リルル「だからって口に突っ込まなくても……」

シェル「じゃあ俺が普通に渡したら受け取ったか」

リルル「罠を疑う」

シェル「………」

リルル「………」コロコロ


~~~


ハグ「とりっく、おあ、とりーとー♪」

ピーナ「どうぞ」

リティ「やあ二人とも、……ハグは狼男?」

ハグ「んー、ウェアウルフ♪」

リティ「違いがわからないよ…」

ピーナ「でも狼男よりも人狼の方が怖いイメージありますわよね…」

リティ「……、トリックオアトリート」

ピーナ「!」

リティ「あ、いや、ハロウィンだからなんとなく…」

ピーナ「……も、持ち合わせ、ないのですけれど……」オド

リティ「え」

ピーナ「リティさん、いつもくれる側だから……、その……」

ピーナ「……イタズラ、する?」マジマジ

リティ「ええ、っと……、……いいの?」

ピーナ「えっ? ……はい……」

リティ「(待っていいのって何!? 何の確認をしたのあたしは!?)」

ピーナ「(リティさんなら大したことしなさそうだし……)」

ハグ「(リティがじばくしたフンイキ……♪)」

リティ「(普通に『別にいいよ』とか言っておけば……!)」

リティ「(ど、どうしよう、気まずい……!)」

ピーナ「………」モジモジ

リティ「(い、いや、この状況で待たされるのはもっと気まずいはず……!)」

リティ「(は、はやく何か、何か軽いイタズラしなきゃ!!)」バッ

 ブワサァッ

ピーナ「!」

リティ「……、………」ハッ

リティ「うわああああああん!!!」ダッ

ピーナ「り、リティさん!? リティさーん!?」

ハグ「(スカートめくってにげてった……♪)」

ピーナ「ちょっと無茶振りしてしまったかしら……」

ハグ「そうだねー♪」

ピーナ「追加のお菓子用意しに行ってきますわ」

ハグ「いってらっしゃーい♪」






『テト号』


ジェイ「トリックオアー!」

エル「トリートッ!」


ティ「なんだそれ」

ジェイ「お菓子くれなきゃイタズラなんだよ」

エル「プリンプの人たちが言ってた!」

ティ「なんか知らないけどお前達はいっつもイタズラしかしてないだろ!」

ティ「おっと、定期報告の時間だ。忙しいから後でな」

ジェイ・エル「………」ムスッ





ティ「――以上。本日も以上無し!」

ティ「(それにしてもあいつらやけに素直に引いたな……)」

ティ「(……また何か企んでるんじゃ)」ガチャッ

 ニチャッ

ティ「!?」

エス「あらティ、艦長室の前で立ちすくんでどうしたの?」

ティ「………」

ティ「……凄く嫌な物を踏んだ気がする……」

エス「えっ」

ティ「あ、足上げるぞ……」

エス「ちょ、ちょっと! エスが見えないようにやってよ!!」クルッ

ティ「………」スッ

無残なG「」ニチャ

ティ「」スッ


エス「な、なんで足戻したの!? 何があったの!?」

ティ「………」フルフル

エス「聞かない方が良さそうね……」


~~~


ティ「フリスビー構えたら裏にガムくっついてたり」

ティ「テトリスが糊付けしてあって意味不明なくっつき方したり」

ティ「挙句の果てにタオルに丁寧に小麦粉が塗してあって風呂上がりがご覧の有様だよ!」マッシロ


エス「いいから上も着なさいよ、そのまま天ぷらにするわよ!」

ティ「今日のイタズラひどすぎるだろ! もう色々ボロボロだよ!」

エス「……、ティ、あの子たちにお菓子あげなかったでしょ」

ティ「? ……、あ、そういえば……」

エス「子供はああいう行事大好きなんだから、ちゃんと用意しなきゃだめよ?」

ティ「エス、昨日から張り切ってお菓子色々作ってたもんな……」

エス「ふふーん、エスは可愛いだけじゃなく情報通だから、色々用意してたの!」

エス「ほら見て見て、カボチャでランタン作ってみたの! 可愛いでしょ!」

ティ「って、エスだってかなりはしゃいですじゃん、子供ー」ケラケラ

エス「………」

ティ「………、じょ、冗談……」ヒクッ

エス「……トリックオアトリート」ニコッ

ティ「えっ、だ、だから持ってないって」

エス「知ってる。覚悟してなさいよね」スタスタ




ティ「……おれ死ぬかも……」

アイ「今のはお前が悪い」

オー「ビビビー」





終われ


大分時期を逃しましたがちょっと前から考えていたハロウィン小ネタです!
私にとっては小さくて珍しいカボチャを買ってきてくりぬいたり眺めてみる行事でしかないです…
(尚ブログのネタにしようとしたもののくりぬきに失敗してボツになった模様(・ω・` ))
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

久しぶりのぷよぷよ小説ですね(^_^)
更新乙ですwww

私ハロウィンってやった事無いんですけど色んな人にお菓子を貰ったり配ったりするお祭り?
北海道の七夕(ロウソクだ〜せ)みたいなモノですかね?

アルルはやっぱりカレーなのか(ーー;)

アミティはまたトンデモナイ殺人兵器を作ったような気もしますが、また誰かが犠牲になったりしたんですかね(汗)

リティがちょっとスカートめくって逃げるっていうのも可愛いすぎだしハグの狼姿も想像したらニヤニヤが止まらなく....(笑)

異世界組は基本平和的で良いですよね(^○^)

リルルとシェルもなんだかんだ仲良いし。

確かにラグは仮装入らなそうな外見をしているけどラグって魔物なのでしょうか?それとも人間?少し気になったので本人に直接聞いてみてください!!

あ、それと今ってリク受付けしてましたっけ?もし、してたらまたリクエストしたいです!!

No title

お菓子作って食べさせた時のリスクがある人が多すぎる……(困惑)
たしかに甘いものにgはつきもの(?)ですけどテト号に乗り込んでいたとはwティくん災難でしたね……

No title

なんかレムフェコンビがあったからテンションおかしくなりました!

異世界組もぷよテト組も和みました~
エスの情報網凄いっすねw
結局ウィッチの薬にはどんな効果が…

No title

リナさん>

ありがとうございます!
ハロウィンはリアルな最近だとリア充共が渋谷とか原宿とか
リア充以外立ち入り禁止のオシャレ街でコスプレして
お菓子を交換するイベントです…(リア充に対する殺意)

ラグはシグの半魔物半人間のような状態から
シグの背後霊みたいな魂と融合してかなり魔物に寄っている感じです
リクエストは残念ながらまだなのですよー、ごめんなさい><


ダークコメットさん>

しばらく虫なんてテト号にいなかっただろうに、
ここ最近になってチキュウだのプリンプだのに着陸するから
いつの間にやらGが入り込んで新たなイタズラの材料に……


くるくるさん>

レムレスとフェーリは見ていて和みますよね!
ウィッチの薬の効果は…ご想像にお任せしますが少なくともロクなものではないでしょう(
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。