スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒バス小話

小金井「必殺技欲しいよぉー!!」

日向「集合するなり突然うっせぇぞダアホ!」


伊月「そもそもバスケに必殺技なんて――はっ!筆圧で必殺!!

日向「つまんねー上に苦しいなオイ!」

小金井「せめてさー、自分オリジナルの特徴的なのが欲しい!」

リコ「小金井くん充分猫みたいじゃない、私結構好きよ」


((………す、好き!?))



小金井「外見じゃなくてさ!!」


黒子「……まぁ確かに、小金井センパイは器用貧乏だし特技の一つも無いし
   試合ではボクが力を温存する時以外ベンチですもんね」

伊月「一年にレギュラー取られる二年(笑)」

日向「抜き出た所もねーしいずれ土田状態だな
   その内下の名前も忘れられるんじゃねーか?」


小金井「何か三人が辛辣なんだけど!泣いていい!?」


土田「それより悪い立ち位置の象徴みたいに呼ばれた俺泣いていい?

黒子「時にカントク、僕のことどう思います?」

リコ「銀○に出てくるマスコットキャラに似てるわね」

黒子「……そうですか……」

伊月「俺は?」

リコ「黙っていれば二枚目ね!」

伊月「今褒められたの?けなされたの?」

日向「要約すると『ギャグが滑っててクソつまんねー』ってこった」

伊月「え……嘘!?俺すべってるの!?」

リコ「日向君ってメガネが本体っぽいわよね」

日向「い、言われると思ったよチクショー!!
   だから俺何も聞かなかったのに!!」




火神「スポーツドリンク買ってきたぜ…っスよー!」


黒子「……ジャ○タウェイ……」

小金井「……特技何も思い浮かばなかった……」

土田「……俺去年までレギュラーだったのに……」

伊月「……滑ってたんだ、俺……」

日向「……メガネが本体か……」


火神「うぉぉ暗っ!何だこれあそこだけどんよりしてる!!」


リコ「なんか皆モチベーション低いのよ、どうしたものかしら」

水戸部「………」おろおろ


終われ


小金井君にも何か特徴をあげてください藤巻先生!
……いや、特徴が無いのが特徴というアレか……?
スポンサーサイト

黒バス小話ー

黄瀬「っでねー!、だったんっスよぅー!!」

緑間「そうか、しかし本当お前はテンションが高いな、うざい」


黄瀬「Σうざっ……!?」

青峰「俺には巨大ウサギぬいぐるみ持ったお前も相当
   テンションが高いように見えるけどな」

黒子「緑間君、クレーン成功したからって浮かれすぎです」

緑間「う、浮かれてないのだよ!
   袋から出して歩くことにより幸運が――」


黄瀬「あ、あれ黒子っちの所の!!」

緑間「聞けよ!!」


黒子「!、カントクじゃないですか」

リコ「あら、黒子くん達じゃない、楽しそうね、同中で全員集合?」

黒子「いえ、赤司君が居ないです、イマイチまだ和解できてないので」

緑間「奴のキャラは中々掴めないのだよ…昔は面白い奴だったのだが」

紫原「んー?誰この女の子?、知り合い?」

緑間「黒子のチームのカントクなのだよ」

紫原「カントク?マネの間違いじゃなくて?」

リコ「よく言われるのよ、それ」

紫原「まいう棒何味が好き?」

リコ「そうねー、バリエーション多くて迷うけど、チーズかしら」

紫原「おぉ、気合うじゃん!やっぱ原点がいいよね!!
   あ、でもこないだの新作のパスタ味も中々いけたよ」

黒子「………」

紫原「く、黒ちん……そんな露骨に睨まなくてもいいじゃんよ」

黄瀬「睨むのは第一警告っスよー、無視してると視界外から
   肘鉄入るんっス!マジ痛いっスよあれ!!」


リコ「しっかし、こうして並ぶとカラフルねー、キセキの世代」

緑間「全く、皆奇抜な髪色だからな」

青峰「一番奇抜なお前が言うなし!!」


リコ「あ、でも黒子君は黒なのに水色なのね」

黒子「だって黒ってあまりにも普通じゃないですか」

リコ「普通か否かの問題なの!?」

黒子「ボクは例外みたいなものです、6人目ですから」

青峰「コイツ以外はみーんな色が一致してんだよな」

リコ「なら実質5レンジャーなのね!」

黄瀬「言われて見ればそうっスね!赤司っちが
   リーダーレッドで俺イエロー!!」

緑間「ふん、くだらないな……グリーンなのだよ!!」

青峰「おまっ……ノリノリじゃねーか!!、ブルー参上!!」

紫原「青ちんも人の事言えないじゃん?、パープル見参♪」



全員「………」


紫原「……?」

リコ「パープル……」

黒子「赤、緑、青、黄と来て紫……」

緑間「そんな戦隊は聞いた事無いのだよ」

青峰「完成度が落ちたじゃねーか!!」

紫原「理不尽すぎないソレ!?というか俺達戦隊じゃないし!!」




終われ


キセキメンバーの中でも紫原は物凄く
浮いていると思います(色的な意味で)

でも他の色は大体使っちゃったから仕方ないといえば
仕方ないのかも知れませんね(´・ω・`)

黒バス小話

日向「よし、お前等集合!!」

2号「わん!、わんわんっ!!」ダッ

リコ「あ、コート入っちゃだめよ!」

伊月「2号、最近ちょいちょい乱入して来て危ないんだよな」

小金井「一緒に参加したいんだろうね、ユニフォーム着てるし!」

リコ「じゃあ、私抱っこしとくから安心して続けなさい」

2号「ハッハッハッ、わう!」


日向「じゃ、先ずは黒子とのパス精度上昇から行くか」

黒子「任せてください」

火神「行くぞ!」


2号「くぅーん、へっへっへっ……」パタパタ

リコ「あぁもう、テツヤは可愛いわねー!」


黒子「………」バシュッ

伊月「ぺぷしっ!!」ごすっ


黒子「あ、すいません」

日向「顔面入った!?大丈夫か伊月そのままバレンタインに
   チョコ自慢できないレベルまで顔面崩壊しろ!!


火神「先輩本音出てる出てる」


リコ「テツヤー、私の事好きかー?」

2号「わん!」


黒子「!、……」バシュッ

小金井「ぎにゃ!?」ドスッ

火神「二人目の被害者が!?」


日向「大丈夫か小金井ー?……完全に伸びちまってんな……」

黒子「すいません」

火神「今日調子悪いのか?次はしっかりしろよー」


リコ「よしよし、テツヤは素直でいい子ね」

2号「ワンワンッ!」


日向「!、おい待て火神原因分かったからパス出すな!」

火神「え?」シュッ

日向「やべぇしゃがむぞ!」



リコ「私も大好きよ、テツヤー!」

2号「わん♪」


黒子「ッ……」バシュッ

木吉「エ゛ンッ!!」ガスッ

火神「うわ三人目が!、何コレ俺のせい!?」


黒子「………」

日向「カントクー!、ちょっとカントク!!」

リコ「何よ?、私今テツヤ2号可愛がってて忙しいんだけど
   ……って何コレ地獄絵図!?、めっちゃ人倒れてる!」


日向「頼むから練習中に2号と戯れるの止めてくれ!
   黒子の集中力0になって被害ハンパ無いんだよ!!」

黒子「集中力は0ですが色々な意味でもうはち切れんばかりです」

日向「ほらもうキャラ的にギリギリな事言い出したし!!」


リコ「これ位で途切れるなんて集中が足りないのよ、ねーテツヤ?

2号「わんわん!、わう!!」

黒子「………」バタッ

リコ「って黒子君!?、大丈夫!?」

日向「……限界が来たか……」

黒子「小金井先輩……ネーミングセンス、凄く……グーです」ガクッ


火神「うわ力尽きた!!」

リコ「もう、一体何だって言うのよ」

日向「とりあえず2号のテツヤ呼び止めたらどうだ?」

リコ「確かに紛らわしいけど、テツヤはテツヤだもんね?」

2号「キューン?」

リコ「で、黒子君は黒子君だから問題無いわ!」

日向「(……駄目だなこれは……)」




終われ


カントクが物凄い2号を可愛がって
『テツヤ』なんて呼んじゃう物だから
気になって仕方ない黒子とかいいですよね(`・ω・´)

前もこんなネタ書いたけどそれだけ
プッシュしてるのですよ!プッシュなのです!

リコ総受けな黒バス小説!

「良い成長ね……なら次のメニューは……」

――始まりは、聖凛高校バスケ部カントク相田リコ、
彼女がノートに書き込みがてら手を付けていた
どこにでもあるようなカラフルな飴の缶詰だった――

「火神君は足に疲労が見えるから――ッ!?」

適当に缶から取り出した飴を口に含んだリコは、
一瞬ビクリとして動きを止め、若干涙目になりながら
口に含んでいたそれを取り出した。

「ハッカ味……これどうしても食べれないのよね」

白く濁った色の飴を見ながら軽く溜息を吐くと、
その飴を空いていたペットボトルのキャップに入れる。

そしてそのまま、彼女は練習中のメンバー全員の
動きを止める程の威力を持った台詞を言い放った――

「みんなー!、私の食べかけで悪いけど、ハッカ味食べれる
 人が居たら食べちゃってくれる?、捨てるのも勿体無いし」


――戦いの火蓋は、切って落とされたのだった――!



【聖凛バスケ部大戦争】



レギュラーメンバーが兵隊の行進の如く無言で向かい、
謎の迫力に気圧され気味のリコの周りに集まった。

「……僕、ハッカ味大好きですよ」

最初に動いたのは――威圧感によるものか
普段の影の薄さが感じられない黒子テツヤだ。

「ダアホ、お前この前『ドロップ缶のハッカ味って要りませんよね』
 とか抜かしてただろーが!、俺は全然平気だ!」

「日向先輩こそ、木吉先輩が飴差し出したとき
 ハッカ味だけ受け取らなかったじゃないですか」

そこに入ってきた日向と黒子が火花を散らしながら
お互いを牽制しあう、そしてそこを見逃さず――

「んだよリコー、好き嫌いすんなっていつも言ってるじゃんよ」

「お前はママか!、食べられない物は仕方ないでしょ!」

何気なくリコに接近する木吉(本当に本人は何も無いのかも知れないが)
だったが、後ろから服を引かれ振り返った。

「その飴は俺が食うよ、ちょっと腹減ってるし……、!
 たとえ原っぱに居ても腹は減る!!」

「お?、そんなに飴ちゃんが食べたいのか伊月!、色々あるぞ
 ミカンにイチゴに黒飴にニッキにハッカに――」

「え、いや、ちょ……」

『空腹』という表現が裏目に出て、普段中々人に飴を
受け取ってもらえない木吉が目を輝かせ
どこにそんなに入っていたのかと言う量のアメを
次から次へと取り出して伊月に手渡してゆく。

「墓穴掘りましたね伊月先輩」

「ダアホ、抜け駆けしようとするからだざまあ見ろ!」

「お前らなんか序盤で喧嘩初めて参戦すら出来てなかっただろうが!」

そこに黒子と日向が加わり、ぎゃあぎゃあと
口喧嘩が始まった――――

「もー……、何なのよ一体、ハッカ嫌いなら無理に食べなくてもいいのに」

「………」

「あぁ水戸部くん、丁度良かった、それ食べちゃってくれる?」

辺りが一気に静まり、バッと音を立てて喧嘩をしていた
面々がリコと水戸部の方に振り向くと、
丁度水戸部が飴を口に運ぶ所だった――

「ありがとね、他の子達皆喧嘩始めちゃってて……助かったわ」

「………」こくり

水戸部のそれは一見他意は無く、持っている
『お母さん気質』からの行動に見えたが、
周りのメンバーは見逃さなかった。

――飴を口に含んだ直後、こちらに向けてひっそりと
送られたVサインと、勝ち誇ったような視線を――!



~~聖凛内乱の戦~~


勝者:水戸部凛之助






~~後日談~~


日向「あの時は結構皆マジになってたよな」

伊月「無駄にナレーションカッコイイなこれ!」

黒子「……でも、今冷静に思い返すとちょっと変態みたいですね」

小金井「外部から見てた俺に言わせればちょっとじゃないぞ、
    ド変態だぞ、株もビックリするほど急落だぞ!!」

火神「あの異様な空気辛かったよな」

黒子「……結局いい所は水戸部先輩に取られましたけど」

水戸部「……♪」

日向「『頂きました』じゃねーよ!、チクショウお前
   カントクにお母さんっぽい人としか思われてないくせに!」

水戸部「………」

伊月「おい日向水戸部ショック受けてるぞ!、可哀想だろざまあ見ろ」

小金井「伊月本音がポロりってる!!」



終われ


サクマ式ドロップス食べててふと思いついて
勢いで書きなぐったら変態だらけになったでござるの巻。

ファンの方々申し訳ない(´・ω・`)

黒バス小話ー

火神「シュートッ……だぁっ!、また外したあああ!!」

火神「よしっ、今度こそ……」

黒子「休日でもバスケですか、熱心なのか暇人なのか」

火神「うぉわ!」ビクッ

スポーン

火神「Σ入った!?(汗)」

黒子「僕に感謝してください」

火神「するか!、偶然だぞ!!(汗)」


緑間「というか、お前はシュートを諦めるべきなのだよ」

桃井「向いてないと思いますよー?」

火神「ほっとけ!、って何か変わった組み合わせだな」

黒子「バッタリ会いました」

桃井「ま、ストーキングしてたんだけどね」

緑間「言っておくが俺は違うぞ」


黒子「緑間君は『もえもえキュン☆パンダちゃん』を買ってました」

緑間「ラッキーアイテムなのだよ」

火神「そんな恥ずいもん買ってよくそんな堂々としてられんな!(汗)」

黒子「それより火神君、昨日勝手にハードな練習したから
   土日は練習禁止ってカントクに言われてませんでした?」

火神「あ……、いいんだよ他にやることもねーし」


リコ「な・に・が・いいって!?このバカガミ!!」

黄瀬「火神っち無理しちゃダメっスよー」



火神「うぉ、カントク!?、というか何その組み合わせ!?(汗)」

リコ「何か有名なバスケ選手がサイン会やってるって聞いて」

黄瀬「何かファンにサインしてたらどんどん人増えちゃって……
   リコっち来たから知り合い来たって言って脱出したっス!」

火神「そうか、死ね」

緑間「リア充は死ねばいいのだよ」

桃井「相変わらず浮ついてるね」

黒子「そうですか、で?」


黄瀬「皆酷いッ!、わあんリコっちー!俺の勇姿説明してー!!」

リコ「ぶっちゃけ行って黄瀬君だった時はガッカリしたわ」

黄瀬「ガッカリ!?、俺スーパーアイドルなのに!!(汗)」

火神「……スーパー?」

緑間「“一応アイドル”の間違いだろう」

桃井「自分でスーパーって……」

黒子「アイドル(笑)」

黄瀬「酷いッ!!」


リコ「酷いのはそっちよ、次から私どんだけ
   女子に追求されるか…どこがいいのかしらね、黄瀬君の」

黄瀬「申し訳ないっス、従姉弟で話合わせておくっス!」

リコ「そうしてちょうだい、こっちもそうするから」

黄瀬「似てて良かったっスねー、姉弟でも通せそうな勢いで」

リコ「いけるんじゃない?、親と共に生き別れの――みたいな」

黄瀬「おー、いける!、それいけるっスよお姉ちゃん!!」

リコ「ま、そんな危ない賭けしないけど、お姉ちゃん言うな」

火神「似てるとかそこいじっちゃ駄目だって!!(汗)」

黒子「……時に、カントクと二人っきりで何してたんですか?」

黄瀬「リコっちの部品買出しに付き合ってたっス!」

リコ「黄瀬君は本当いい荷物持ちだわ、重いのよねーテープとか」

黒子「僕に言えば行ってあげたのに……」

リコ「黒子君非力そうだもん」

黒子「………」

火神「黒子が傷ついてる!(汗)」

緑間「無表情だから分かり辛いけど明らかに傷ついてるのだよ!(汗)」


黄瀬「わぁもしかして黒子っち、俺にやきもち焼いて

黒子「お願いします死んでください」

黄瀬「調子乗ってすいませんした!(汗)」

桃井「……にしても、なーんか忘れてる気がするなぁ?」



青峰「っへくし!、さつきの奴おっせーな……」


青峰「!、お、あの髪色……さつきー!、てめーどんだけ待ったと」

桜井「ヒィッ!?、視界に入ってすいません!……あ、青峰さん」

青峰「んだよ桜井かよ紛らわしい髪色しやがって、
   ピンクに染めんな男の癖によ!!」

桜井「地毛ですすいません!、紛らわしくてすいません僕は羽虫です!」

青峰「謝るなうぜー!、こっちは今さつき遅くてイラついてんだよ!!」


桜井「うざいですかすいま……、マネージャー待っているんですか?」

青峰「おぅ、今日買い物付き合ってくれって言われててさー」

桜井「桃井さん、ちょっと前聖凛の黒子っていう人を
   追いかけてる所を見ましたけど……すいません」

青峰「またかよ!、俺完全に放置のパターンじゃねーか!!(汗)」



終われ


小ネタ小ネタ!
青峰が地味に可哀想ですね

黒バス小話

桃井「テツくーん!……あれ?、居ないな……テツくーん?」

2号「ワンッ!、ハッハッハッハ……」パタパタ


桃井「んー、キミじゃなくてね……似てるけど」

リコ「テツヤー、どこ行くのよ?、って、桃井?」

桃井「あ、リコさん!……今、テツヤって?」

リコ「言ってなかったっけ?、この犬テツヤ2号っていうのよ、
   勿論ネーミングソースは黒子くんソックリだから!」

桃井「おぉなるほど!、確かに物凄くマッチしますね!」

リコ「小金井君がつけたのよ」

桃井「あぁ、あの器用貧乏の」

小金井「器用貧乏言うな!、気にしてるんだぞ!!(汗)」


桃井「あ、すいません、情報カードに
   そう書いてあったものですから」

リコ「気になってたんだけど、その情報ってどこから集めてるの?」

桃井「詳しくは企業秘密ですけど、知り合いに聞いたり、
   試合映像見たりしてカードに纏めてる
んです」

リコ「そう、……で、何で私のバスト知ってたのよ!?(汗)」

桃井「リコさんの情報集めるの大変でしたよー、ギリギリBとか
   監督の、ましてや身体情報なんて早々流れませんからね」

リコ「そこまでして調べる必要無いでしょ!」

桃井「いやいや、私は万全の策を尽くすんですよ、例えば
   女監督のふりしながら本当は男性で更に凄腕の選手で
   イザという時に入ってきて大活躍する隠れ選手みたいな
   そういう可能性もあるじゃないですか」

リコ「無いよ!、監督兼マネ兼選手とか軽く死ねるわ!!(汗)」


桃井「まぁ、結果としてギリギリBが判明しただけでしたが」

リコ「何度も言うな!!」

桃井「よしよし、泣かない泣かない」

リコ「な、泣いてないわよ!」

桃井「リコさんこそ、こっちの選手の得意分野ズバズバ
   当てちゃうじゃないですか、何の秘訣が?」

リコ「企業秘密って程でも無いけど、視えるのよね、
   服の上からでも筋肉量とかは正確に把握できるわ」

桃井「スカウターとか物凄い便利じゃないですか」

リコ「便利すぎて逆に無かったことになりつつあるけどね、原作的な意味で

火神「うぉぉ、つまり女性を見ればB・W・Hが正確に分か」

リコ「死ねバカガミ!」

ドムゥッ

火神「ふぐぉっ!!(汗)」


桃井「本当に死んじゃいますよー?」

リコ「一度死の淵を見てくる位が馬鹿にはいい薬よ」

桃井「そうだ、思い出した、テツ君知りません?」

リコ「黒子君かぁ……確か今ドリンク買いに行ってるけど、
   そろそろ帰ってくるんじゃない?」

桃井「んー、そうですかぁ……ちぇー」

リコ「用があるならここで待ってるといいわ」

桃井「ありがとうございます、そうしますね
   そうだ、暇だからお話ししませんか?
   私情報通なので何か知りたい事があったら――

黒子「カントクのスリーサイズについてkwsk」

リコ「きゃあ!?、か、帰ったなら声掛けなさいよ!!」

黒子「掛けてたけど無視されてたんですよ」


桃井「テツくーん!、どんどん影の薄さに磨きがかかってるね!!」

黒子「磨きを掛けても特にいい事はありませんけどね」



火神「何か流れ星が見える……ぜ」

日向「もういい!、喋るな火神!!」

火神「……なぁ……何で黒子はあそこまではっちゃけた
   発言しても普通にスルーされるんだ……?(汗)」

日向「……あれだろ、あまりにも真顔すぎて
   冗談なのかマジなのか分かんないから対応し辛いんだろ」



終われ


黒子出すかどうか迷ったけど
主人公だから最後の方に出演させてみたら
単なる変態になったでござるの巻

幻のシックスメンは監督少女の夢を見るか?

「――くん、――子くん、――黒子くん!」

目の前でカントクが名前を呼んでいる、けど
なんだか意識がハッキリしない……感覚も。

……そうか、ここは――

「……黒子くん?、どうしたの?」

きょとんとこちらを見上げている彼女に軽く
微笑みかけて(周囲から見たら無表情だろうけど)
周囲を確認するとそこには景色も何も無く、完全な『無』だった。

確信した、ここは『夢の中』であると。

「カントク……いや、リコ……」

「……?」

夢の中だと分かると、名前を呼んだりちょっと強気な行動に出れる
自分を情けなく思いながら、彼女の手を引き、抱き寄せる。

――やっぱり、小さいな。
あまり大柄とは言えない自分の腕の中にすっぽりと
収まった彼女を見てそう思う。

さて、どうせだからもう少し大胆な行動に出てみようか?
覗き込むようにして顔を近づけ――



~~~~~


「黒子ー?、起きたか」

――目の前に火神君の顔が現れた、
ですよねー、夢って確実に一番いい所で覚めますよねー

「おはようございます、死ね」

「おぅ、大丈夫か黒……ちょ、死ね!?」

そうだ、思い出した、確か僕は火神君の冗談じゃない威力の
ツッコミを食らっていつものようにKOされて……。

「すいませんむしゃくしゃして思った事が口に」

「酷ぇ!……ところで黒子、それ、どうするんだ?」

火神君が何気なく目線をさげたので、僕もそれにつられて
目線を下げてみると、そこには――

「……すぅ……すぅ……」

「……ッ!?、!?」

「あんまり動くと起きるぞ?、何でそんな体制になってんだよ」

僕に正面から抱えられる形で、カントクがすやすやと
寝息を立てていた。……ってことは、夢の中の行動を
現実で実行していた可能性があるということで、
ちょっと一体どこまで言ったのか分からない辺りが怖い。

どうしよう、どこまで聞かれたかな、そもそも偶然
この体制になっただけであって何も無いのならそれが一番――

「……ま、先輩達には俺が何とか言っといてやるから、
 カントク起きたらお前も練習戻って来いよ、じゃな」

……火神君が珍しく気を使ってくれたことだし、
やっぱり今は面倒な事は考えずに、彼女の抱き心地を
起こさないように堪能しておこうか……。



終われ


珍しく普通に黒リコっぽい黒バス小説!
真面目な小説を書くともれなく短編になります(

黒バス小話!

黄瀬「だから――で、――なんスよ!」

緑間「ふん、下らないな」

青峰「お前昔っから意気揚々とどーでもいい事言うよな」



リコ「んー?、あれは……」


黄瀬「わあん黒子っちー!、皆が酷いっスー!!」

黒子「汚いので鼻水と涙拭いてください、ファンが泣きますよ

青峰「そーいやコイツアイドルだったな」

緑間「そんな設定もあったのだよ」

黄瀬「Σ酷いッ!、まだまだ現役っスよ!?(汗)」


リコ「黒子君達じゃない、キセキで集まって何してるの?」

黒子「おやカントク、いえ、黄瀬くんが物凄く軽いノリで
   『ある程度和解できたし、同窓会的なのやりましょうYO!
   とか言い出したので何となく集まってただけです」

黄瀬「そ、そこまで軽いノリで言った覚えは無いっスよ!?(汗)」

リコ「あら、それは失礼、邪魔しちゃったかしら」

黒子「そんな事は無いです、寧ろ変な空気だった所にありがたい登場です」

青峰「リコが来ればこのむっさい集団に華が出来るからな!
   この際胸が無くても気にしな――」

ドゴッ バキャッ

黒子「人のカントク呼び捨てにしないでください」

リコ「ギリギリBで何が悪い!!」

緑間「……地雷ダブルなのだよ」


青峰「ってぇー…!、お前等のどこにそんな力が!?(汗)」

黄瀬「黒子っちはこう見えてコートの端から端までボール飛ばすから」

青峰「人は見かけによらねーな……コイツとかさつきより全然ちっせぇのに」

ひょいっ

リコ「きゃっ!?、ちょ、持ち上げないでよ猫じゃ無いんだから!」

青峰「よっし完封!、はは、どうだ手も足も出ないだろう!!」

緑間「お前は昔からちょっと根に持つよな、変わらないのだよ」


リコ「降ろせー!、降ろさないと後で殴るわよ!!」

青峰「やだね、降ろしたら殴るだろうが、いっそこのままお持ち帰

ドガッ! ドサッ

青峰「ぐはっ!」

黒子「いい加減にしないと殴りますよ」

青峰「冗談だよ!、というかもう腹に決めたじゃん!!(汗)」

黄瀬「綺麗に鳩尾に肘鉄決まったっスね」


リコ「ちょっと黒子君!、落とさせないでよ痛いじゃない!!」

黒子「あ、す、すいませんつい……」




紫原「………」

氷室「……混ざりたいのか?」

紫原「は?、そ、そんなことねーし!、ぜんっぜん思ってねーし!!
   原作でも出番無くて寂しいとかぜんっぜん!!」


氷室「……、前から思ってたが、お前分かりやすいな」

紫原「ちげーし!、お前何か勘違いしてるし!!
   俺はまいう棒食ってる方がいいし!、俺なんか
   まいう棒とかカールでも食ってればいいんだし!!」

氷室「……早く日常編登場できるようになりてえな」

紫原「……そうだね」



終われ


本編は欝展開だけど
こっちはフリーダムなのですよ(

氷室の次の出番はいつになるんでしょうね、雷とか地
引き連れてTHE・自然シリーズ来るかと思ってたのに
火神以外特に無いとか読みを完全に外したよ!

黒バス小話ー!

リコ「初詣に行くわよ!」

木吉「よし詣でるか!、がんがん詣でようぜ!!」


日向「……うーす……」

火神「ねみぃ……」

黒子「………」うとうと

木吉「おーい、大丈夫かー?、ハッカ味のアメちゃん食べる?

リコ「あんた達、寝正月決め込もうったってそうは行かないんだからね!」

伊月「そうだぞ、しょう“がつ”だけに“がっつ”を」

日向「死ね」

伊月「新年早々!?」


小金井「俺達は準備万端だぜ!、こういうの好きだし!、なー水戸部!」

水戸部「………」こくり

リコ「うんうん、やる気があるのはいい事ね……それに比べて……

日向「あー、帰ってジオラマ調整してー」

黒子「………ぐぅ」

火神「おい本格的に寝んな黒子!!」


リコ「全くこいつらと来たら」

木吉「リコー、どうせなら私服じゃなくて着物着ようぜ!、縁日だしな」

リコ「えー、でも今から帰って着替えるのは遠いわよ?」

木吉「だーじょうぶ、あそこに貸し出し施設あってさ、自由に借りられるらしい」

リコ「あら本当ね、じゃあちょっと着替えてくるわ!」


木吉「おーいお前等、カントクが着物着るってよ」

黒子「!!、おはようございます」

日向「よーし初詣だ!、詣でるか!」

火神「急に元気出たなお前ら!(汗)」


~~~

リコ「おまたせー!、どう?、似合ってる?

黒子「すばらしいです」

リコ「わーお黒子くん急にしゃっきりしたわね、おはよう」

木吉「似合ってるじゃないかリコ」

日向「ま、着物ってのは胸が無いほうが映え」

リコ「黙れッ!!」バキッ

日向「へぶんっ!!」


緑間「ん?、お前達は……」

黒子「おや、緑間くんじゃありませんか」

緑間「新年こそ人事を尽くすときなのだよ」

リコ「こういうの好きだものね、来ると思っていたのなのだよ!

緑間「真似をするな!、文章がおかしいのだよ!?(汗)」

桃井「あー!、テツくんだ!、リコさん達もみどりんも一緒だねっ!」

火神「(あ、あの胸で浴衣だとう!?)」

小金井「はち切れんばかりだ……」

水戸部「………」

リコ「見とれんな男共ぉ!!」


桃井「わぁー、リコさんかわいいっ、ちっちゃくてギューってしたい!

リコ「どーせ私はどっちも桃井よりちっちゃいわよっ!!」

黒子「自虐的にならないでください、後桃井さんとっとと離れて

桃井「テーツーくんっ!、この格好似合うでしょー?」

黒子「ひっつかないでください」

  ((死ねばいいのに!!))


黄瀬「あれ?、緑間っちに火神っち、青峰っちに黒子っちまでここに!?」

桃井「あれ?、あなたも来たんだ」

青峰「俺はさつきの連れそいだ、寝てたかったのに……」

緑間「というか、お前みたいな不真面目そうな奴がよくきたな、
   神頼みより先に勉学に勤しんだほうがいいのだよ

黄瀬「うわああん黒子っちー!、緑間っちに冷やされた心を暖めてー!!

黒子「……ひっつかないでください、リアルに」

   ((生きろ!!))


黒子「ほら、しっしっ」

黄瀬「犬ッスか!?、俺は犬ッスか!?、リコっちからも何か……」

日向「お、地雷

木吉「俺でも未だに名前で呼ぶと睨まれるからな」

黒子「よし黄瀬くん、表に出てください、一人で

黄瀬「要するに出てけって事ッスよね!?」

~~~

リコ「そうねー、それじゃあ、おみくじでも引こうかしら」

緑間「俺がやるのだよ……だ、大凶!?

火神「逆にレアだよなそれ」

緑間「ら、ラッキーアイテムは……クマの人形!、全部買い占めねば!!

青峰「沢山あれば効果があるものなのか?……お、吉か、テツは?」

黒子「小吉でした」

伊月「相変わらず地味だな……凶!?、ハッ、今日のおみくじは凶でし」

日向「お前のネタは毎回大凶だから安心しろ、俺は中吉か、まぁまぁだな」


小金井「吉ー!、水戸部も吉だな!」

リコ「それじゃ、私も引こうかしら……、出た!、大吉!!」

黒子「おぉ、おめでとうございます」

リコ「健康運・金運・恋愛運共に◎!」

全員「………!!」

リコ「?」


黒子「……今年は激しくなりそうですね……」

日向「……一年坊が調子乗るなよダアホ……」

緑間「相田、一緒にクマさん買いに行かないか?」

青峰「さつきが気に入ってるみたいだし、俺両手に花決行しようかな」

伊月「他校抜け駆け良くないぞ!!」



リコ「全く、男共は直ぐ喧嘩するんだから……」

桃井「これも青春なんですよー、ねーねー、あっちで記念写真撮りましょうよー!」


終われ


リコさんは皆に愛されればいいと思います(`・ω・´)

黒リコ風味で黒バス小話

小金井「ぬー……、あの恐竜フィギュアも、あの選手サインボールも欲しい……」

水戸部「………」

小金井「そーそー!、俺、金無くってさー……」

水戸部「………?」

小金井「うーん、確かに、もうちょっと買う物絞るべきだよなぁー……」

水戸部「……、………」

小金井「バイト?、いやいや無理っしょ、部活忙しいし」

水戸部「………、………」

小金井「だよなー、どうするか……、!、そうだ!、良い方法思いついた!」

水戸部「……?、………?」

小金井「俺ちょっとダメ元で実行してくる!、じゃーな水戸部!!」


黒子「……あ、小金井先輩じゃありませんか」

小金井「オッス黒子!、ちょっとお前に商談があるんだけどな?」

黒子「……何です?、変な話には乗りませんよ」

小金井「いやいや……、実はここに、カントクの去年の生写真があるんだが……」

黒子「!!、……それで?」

小金井「コレ、買ってくれないかなーって」

黒子「……僕をなめているのですか?、そんな事言われても――」


小金井「あ、やっぱり?、ゴメンゴメ――」

黒子「一枚五千円までしか出しませんよ!」

小金井「結局買うのかよ!、しかも結構出すな!!(汗)」


黒子「……千円までなら値上げも検討――」

小金井「いや罪悪感パネェからいいよやるよそれ!(汗)」


終われ


私が書くと黒子君がどんどん変態的に……w
彼は原作ではもっと格好良いのでご安心を!(何が
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。