スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルヒ・ひぐらし・絶望MIX小話

キョン「『第六回ふら☆くら~折ってけ!恋愛フラグ!~』始めるぞ!」

キョン「あぁ、でも今日は挨拶から行くか、久しぶりだな」

圭一「久しぶり、できることならもう会いたくなかったが」

望「お久しぶりですね、会合名にはもう突っ込みませんよ」


キョン「今日集まって貰ったのは他でもない!『驚愕』が出たぞー!!」

圭一・望「「………」」

キョン「驚愕が出たぞー!ダッシュループ終了だ!!」

圭一「いや、だからどうしたんだよ!?」

キョン「驚愕だぞ驚愕!お前らも祝ってくれ!!」


望「えっと……おめでとうございます

圭一「お、おめでとう……?」

キョン「じゃあ会議を始めんぞ!」

圭一・望「「(満足したか……)」」



キョン「今日は『フラグの増加・減少』についてだ」

キョン「フラグというものは繊細で、選択肢や行動……とにかく
    ちょっとした事で大きくなったりポッキリ折れたりする」

キョン「そしてあまりにも大きくなりすぎると、そのフラグの
    破壊は不可能になってしまうのだ!それだけは避けたい」

キョン「よって今回はフラグが変動する行動について話していこう!」


圭一「フラグの変動か……俺にとっては根深い話だな
   俺の場合フラグの変動で生死が分かれてくる」

望「なんとなーく、心当たりはあるような、無いような……」

キョン「そうだろう?さて、じゃあ本格的に解説すると――」

「キョン!」「先生!」「圭一くーん!」

キョン「もう来た!クソッ、あいつもこなれてきてんな」


圭一「ど、どうすんだよ!!」

キョン「落ち着け、いつもの三人ならスキを見てなんとか――」


ハルヒ「キョーン!驚愕出たわね!!お祝いもしたいしー
    ……いっぱい連れてきちゃった!!」

長門「問題ない」

佐々木「よ、ようやく……ようやく僕も活躍できる……」

みくる「ふ、ふぇー、ここどこなんですかぁー」

古泉「どこかの狭間でしょうか……不思議な場所です」

可符香「こういう場所では細かい事を気にしてはいけませんよ」


千里「うー……でも、気にするなって言われるとムズムズする」

奈美「ち、千里ちゃん!暴走しちゃダメだからね!?」

あびる「今藤吉さん居ないから……止められないよ?」

まとい「そんなことより先生の背中にくっつきたい」

レナ「はっうー!!かぁいい女の子がいっぱい!いーっぱい!!
   私の暴走も止められないよぅー!!……はぅっ!」


魅音「はいはいっ、落ち着いてレナ」

梨花「ここが嫌がらせのようなループを生み出した場所……」

羽入「梨花!口調が!!口調が元に戻ってますのです!!」

梨花「変な所に来ちゃいましたけど、人がいっぱいで
   わーわーでたのしそうなのです、にぱー☆」

沙都子「……(親友の見てはいけない一面を見た気がしますわ)」



「「………」」


圭一「……何だよ、これ!!」

望「大集合じゃないですか!!」

まとい「一人辺りの台詞量が減りそうですね」

望「そういう事を言ってはいけません!」


キョン「いや、待てよ……ここまで多いと、お互いがお互いを
    抑制しあうことにより、逆に安全だぞこれ!!


ハルヒ「さぁお祝いよ!パーっといきましょう!!」

長門「……テンションマックス……」

みくる「ふぇぇ……長門さんのテンションが分かりません……」

佐々木「あら、こういう子のテンションはね、表情じゃなく
    オーラに現れるのよ、九曜さんもそうだったわ」

ハルヒ「じゃあ皆!ケーキとかは買ってあるし
    バンバン行くわよー!!有希、ケーキ切っといて!」

羽入「はぅぁぅー!ケーキ!ケーキなのです!!」

梨花「落ち着きなさいこのダメ神」

羽入「だ、ダメ神じゃないのです!守り神なのですー!!」

長門「……不都合が発生、ケーキが大きすぎてナイフでは
   柄まで入ってしまい、綺麗な断面を維持できない」

レナ「はぅ?、ならこれ使っていいよユキさん!」

長門「鉈は……形にムラがあるから上手く切れない」

沙都子「な、鉈でケーキを切るという発想にはツッコミませんの!?」


佐々木「私はどうしてそんな物を持ち歩いていて
    補導されなかったのかが気になるわね」


千里「あ、じゃあこれ貸しましょうか?」

奈美「いや、スコップは無理でしょ千里ちゃん!」

長門「スコップ……これなら問題無い、使わせてもらう」

あびる「問題無いんだ」

みくる「……あの……何か、私とあなたは他人じゃない気がします」

あびる「……奇遇ね、私も思ってた」

長門「中の人が一緒」

可符香「あびるちゃんも頑張れば眼帯の下辺りから
    『あびるビーム!』みたいなの出るんじゃない?」


沙都子「な、中の人なんて居ませんことよ!!というか何ですの
    何でこの人たちはこんなフリーダムなんですの!?」



キョン「さて、アイツ等も盛り上がってることだし、
    早速フラグ立て実践だ!!」

望「私もあっちで盛り上がりたいんですが」

圭一「俺もあっち入りてーな」

キョン「安心しろ、実戦だからもちろんあの輪の中でやるぞ!」

キョン「と、いう訳でお前ら右と左のポケットにこれ入れとけ」


圭一「?、おうよ」

キョン「っと、糸色、お前ポケットあるか?」

望「着物にはありませんが、中にシャツ着てるのでそこに」

キョン「そうか、じゃあ、今から軽く説明するぞ」

キョン「フラグが立つか強化されたら右ポケットの機械から、
    逆にフラグが破壊されたら左ポケットの機械から合図を送る」

キョン「お前達はフラグの認識があまりできてないみたいだからな、
    俺の合図を受けながらフラグのポイントを覚えてくれ」


圭一「分かった!じゃあ俺あっち行って来るぜ!!
   おーい!俺にもふわっふわのケーキ食わせろー!!

望「私の分もお願いしまーす!」

キョン「それが目的か」



奈美「あ!先生やっと来た!」

千里「はい先生、長門さんが気持ち良いくらい
   キッチリと切り分けてくれました。」

望「ありがとうございます(今日は木津さんご機嫌ですね)」

レナ「はい、圭一くん!」

魅音「圭ちゃん甘い物大好きだもんねー」

圭一「おうよ!ケーキは女の子に例えられるくらい好きだ!!」

沙都子「それはただの変態だと思いますことよ!?」


圭一「そうか?、そういえば沙都子、お前ってモンブランみたいだよな」

沙都子「はぁ?」

圭一「小さくて、豪華な見た目とは裏腹に繊細な味で……」

沙都子「な、な、な、何を言っておられますこと!?」


キョン「(……!、圭一をマークっと)」



沙都子「わ、私はちょっと失敬しますわ!!……きゃっ!?」

ドサッ

圭一「おっと、大丈夫か?走ると危ないぞ」

沙都子「あ……け、圭一さん……その、ありが……と」

バリバリッ!!

圭一「うぉぉ!?」

沙都子「きゃあああ!?」


圭一「な、何か今電流が走った!比喩じゃなくリアルに!!」

沙都子「ななな、なんですのー!?何か圭一さんの手からビリって!」

圭一「発生地点は……右ポケット?(キョンか……)」

魅音「圭ちゃーん、どったの大丈夫?」

圭一「あぁ、大丈夫だ、ちょっと激しい静電気がな」

魅音「そうなんだ、大変だねー、あ!圭ちゃん圭ちゃん!
   おじさんのケーキ食べてみる?これすっごく美味しくて――」

圭一「嫌だ、お前の事だからタバスコでも入ってるんだろ?」

バリリッ!!

圭一「うおぎゃあ!?」

魅音「圭ちゃん!?」ビクッ



望「(……前原さん、どうしたというのでしょう……)」

可符香「先生?どうかしましたか?」

望「いいえ、何でも」

まとい「そうですか?、あ、これ美味しいですよ、いかがです?」

望「頂きましょう」

まとい「じゃあ、あーんってしてください」

望「はーい」あむっ

まとい「!?(ほ、本当にやってくれた!?)」

バリバリッ!!


望「わきゅっ!?」

まとい「きゃぅっ!?」

千里「どうしたの?素っ頓狂な声出して」

まとい「う、うーん……静電気かしら?

望「(……もしや……)」

長門「……こっちも気付いた……」


千里「あ、長門さん、ちょっとこれ切ってくれる?」

長門「構わない」スパッ

千里「本当に等分が上手ね、精密機器みたい」

長門「精密機器だから」

可符香「せんせー、ちょっとこっち来てください」

望「何でしょう?」


奈美「先生!あびるちゃんが何かあのオレンジ髪の人と
   意気投合しててちょっと怖いんですが!!」

望「なっ……それは面白そ……いや大変ですね!今行きます!!」

可符香「………」


バチバチッ!!

望「きゃああ!?」

奈美「どうしたんです?……相変わらず女々しい悲鳴で」

望「い、いや……ちょっと服に虫が入ってたみたいで……」



圭一「……さて、キョン?」

キョン「フラクラリーダーと呼べ」

圭一「この際どっちでもいい、なんだこの電流は!?」

望「合図だったら振動とかでいいじゃないですか!」


圭一「あと無駄に高いんだよ威力が!!」

キョン「信頼できる奴に作らせたんだが」

圭一「本当にそいつ信頼できるのかよ?後これ
   何か中で膨張してて取り出せないんだが」

キョン「あー、長門の奴……楽しんでるな」

望「長門?」

キョン「俺の所のスーパー宇宙人、無表情に見えてアイツ結構
    感情豊かだからなー、この状況を楽しんでるのかも知れん」

圭一「スーパー宇宙……日本語でOK」


キョン「宇宙人は宇宙人だ……しかしマズったな、長門が犯人とあれば
    このパーティが終わるまでこれは取り出せないだろう


望「質問ですリーダー」

キョン「何だ?」

望「……そもそも、キョンさんが手元のスイッチ押さなきゃいいんじゃ――」

キョン「おっと、ハルヒのご機嫌取らないと!!」

圭一「あ!逃げやがった!!待てこらウッディるぞ!!」




古泉「僕は見事に空気ですね……んふっ、困ったものです」



終われ


ハルヒの驚愕買ってきましたよ!!
今から読むのです、わくわく
スポンサーサイト

ハルヒ・ひぐらし・絶望MIX小話

キョン「『第五回フラグMK5~マジでクラッシュ5秒前~』始めんぞ!」

圭一「毎回思ってたけどそのタイトルセンス何なんだよ」

望「イマイチセンスというものが感じられねーな」

キョン・圭一「………」

望「ん?、何だよ二人して、俺の顔に何かついてんのかよ、
  それとも俺を嘲笑いにでも来たのか?来るなら来いよ!!」

圭一「……オイコイツ多分軸ぶれの方だぞ!(汗)」

キョン「荒ぶりすぎだろ!、チェンジ!!(汗)」

望「……どうも、軸ぶれとかそんな設定は無いと思ってたらそんな事はなかっ……?」

圭一「お前も最近何言ってんのか分かんなくなってきたぞ」

キョン「うむ!、今度こそ揃ったな!、今度の議題は『脇役へのフラグ』だ!!」

キョン「俺達は数多くのフラグを立てる存在……だが、それでも
    『メインヒロイン』という人物が存在するだろう!、俺で言うならハルヒ!」

圭一「俺で言うならレナか?」

望「私で言うなら……誰でしょう……風浦さんか木津さん?」

キョン「まぁそこは誰でもいい、今日俺が伝えたいことは、サブヒロインの大切さだ!」

キョン「サブヒロインの存在は、俺達に多くの利益をもたらす!」

望「……あの」

キョン「何だ糸色、演説を邪魔するのは良くないぞ」

望「こんな話をしていたら、またあの子達が来るのでは?」

圭一「ハッ、レナ達……やばいな(汗)」

キョン「心配後無用!、ハルヒは今日一杯町を探索して疲れている!
    さらに事前の散歩で満足した為機嫌も良い、今日は探りを入れてこない!」

望「犬か何かみたいな扱いですね」

キョン「話を纏めるぞー、サブヒロインのメリットについてだ」

キョン「ハーレム増加は勿論だが、メインキャラ達の嫉妬を煽り、
    結果として全てのハーレムの結束を強めてくれるのだ!!」

圭一「サブヒロインねぇ……魅音とかか?」

キョン「ソイツはまだメインキャラの枠を出ていない、サブヒロインとは、
    メインと違ってロクな回も貰えず、出番の少ない人達だ!」

圭一「やっぱ魅音だな」

キョン「ん?、ホワイ?、何を言っている?、
    お前の世界でソイツはメインじゃないのか?」

圭一「まっさか、アイツ自分個人のストーリー持ってないんだぜ?
   目明しは妹……いや、姉の詩音だったし、他のストーリーでも
   空気が読めずに廻りを死なせてばかり、まさに『空気嫁』!」

キョン「そ、そこまで言われるとは……余程やらかしたんだな、ソイツ」

圭一「梨花ちゃんも言ってたからな、ループの6割は大体魅音のせいって」

望「んー、空気、空気……、あ、私で言うなら大浦さんとかですね、なるほど」

キョン「そいつは空気過ぎる気がしないでもないが、まあそうだな!
    俺で言うなら鶴屋さんだが、今では佐々木の方がダントツで……」

「キョン!」「……せんせー」「やっとみつけたよ!」

望「!、き、来ましたよ!?」

圭一「オイどうなってるんだ!?(汗)」

キョン「おかしい、俺の計画に狂いは無かった筈だ!(汗)」

佐々木「くつくつ、その通りだよ、キョン、キミの計画に狂いは無かった」

キョン「なっ……佐々木!?」

佐々木「(S)世界に忘れられかけても(O)大いに新作を待つ(S)佐々木の団、
    団長佐々木見参!名前はまだ無い!、話は聞いていたよ……」

圭一「台詞切ねぇー!!(汗)」

佐々木「仲間も一緒だよ、みんな今までの話を聞いていたんだ」

魅音「酷いよ圭ちゃあああん!、おじさん頑張ってるんだよ!?」

可奈子「……せんせー、くうきで覚えられるとちょっと傷つきますよー?」

圭一「……な、なんという微妙なメンツ……」

望「そりゃあ、サブだから……キャラもあんまり、使いやすくは……ね」

キョン「よし、これは今回無事解散が可能そうだな」

佐々木「甘い……ケーキにハチミツをかけるほど甘すぎるよ、キョン!
    僕を甘く見ないほうがいい、これでも僕は閉鎖空間を作り出せるよ!?」

キョン「はっはー、そんな事か……お前の力はハルヒと比べ弱小、
    超能力者がいれば空間に入る事はできても、脅威にはならない!」

佐々木「くつくつ、正解だ、キョン……でも、彼女が居たらどうかな?」

長門「………」

キョン「な、長門……だと!?(汗)」

佐々木「長門さん、キョンは調子に乗りすぎなのよ、私と一緒にこらしめてね?」

長門「了解した」

キョン「ど、どういうことだ!」

佐々木「長門さんに協力して貰っただけのことだよ?だからここに来られた、
    彼女の力と僕の力を合わせれば、僕は涼宮さんと同等の力を得る!」

長門「パーソナルネームキョンを敵性と判定?」

佐々木「うん、今回は思いっきりやっちゃっていいのよ」

キョン「よくねーよ世界大惨事だよ!、パッサパサ!パッサパサ!
    世界がパッサパサだよ!俺もう何いってんのかわかんねーけど!(汗)」

佐々木「キョン、これはキミの責任なんだ、僕を脇役だなんて言うかr」

長門「下の名前も出てない貴方は脇役、これは否定できない事実」

佐々木「長門さーん!?、ちょ、貴方どっちの味方なの!?(汗)」

キョン「おい佐々木仲間割れはよせ」

佐々木「む、キョンは黙ってなさい!、これは私と長門さんの問題なの……よ」

キョン「あ、男の俺に女口調出た」

長門「……出た」

佐々木「き、キミがちょくちょく話しかけるから間違えたんだよ!?僕は――(汗)」

長門「大丈夫、落ち着いて」

佐々木「大丈夫よ、私はれいせ……」

キョン「ははは、そんなわたわたとしながら何を言ってるんだ?」

長門「……そう」

佐々木「え、あ、私は……いや、僕は……えっと……
    両サイドから話しかけるなああああああ!!(汗)」

キョン・長門「ごめん、面白かったからつい」

佐々木「面白かったからじゃない!、というが長門さんはこっちでしょ!?(汗)」

長門「そうだった、うっかり」

キョン「で、何?、続けるのか?、まだ続けるつもりなのか?」

佐々木「ぐすっ……、キョンの馬鹿!、もう知らないからね!、皆滅んでしまえ!」

長門「しまえー、特に胸部に無駄な脂肪を持ってる個体は重点的に」

キョン「うぉ、ストップウェイト俺が悪かった!、
    というか長門お前も世界滅んだら困るだろ!(汗)」

長門「大丈夫、この次に作成する世界では貴方は私だけに
   フラグを立てることになる、佐々木は利用させてもらう(心配しないで)」

キョン「長門さーん!?、盛大に心の中身と発言内容誤爆してるから!!(汗)」

長門「……今のはプログラムエラー、再起動が必要、ぷしゅう」

佐々木「なっ……き、聞いてないわよ長門さん!」

長門「無駄、もう閉鎖空間は形成され――!?」

九曜「――ほしゅ――させ――ない――?――まもる――?」

佐々木「九曜さん!、お願い私の望む世界を作るの手伝って!」

九曜「――そのときは――いっしょ」

キョン「どっちが勝っても破滅……だと(汗)」


圭一「……俺ら蚊帳の外だなー」

望「ですねー……なんか世界滅ぶらしいですよ」

圭一「そうか……キョン……もといリーダー頑張れー」


キョン「簡単そうに言うな!、こっちは宇宙人二人が世界の存亡をかけて
    戦ってるんだぞ!どっちにしろ滅ぶけど!!(汗)」


望「……そういえば、前原さんあなた相方は?」

圭一「帰ったよ、バイトがあるからってな」

望「それはまたつくづく空気の読めない……」



終われ

訳わかんない物って、読んでる方は分かりませんけど
少なくとも書いてるほうは凄く楽しいんだよ!!(黙

ハルヒ・ひぐらし・絶望MIX小話

キョン「『第四回フラクラの会合~渡る世間はフラグばかり~』開始だぁ!」

望「……久々ですね」

キョン「ちなみにリクエストは特に来ていない!」

望「え、じゃあ何で私達集まってるんですか!?(汗)」


キョン「それは俺が会合を開きたいからだ!、それ以外に何がある!?」

望「あぁそうですか、もう何も言うまい」

圭一「……なぁ、俺もうこれ嫌なんだけど、前回自害するハメになったんだぞ!?(汗)

キョン「何を言う!、そんな事でヘコたれては駄目だ!
    俺達は相手にオトされない為に誰よりも強い心を持つ必要があるんだぞ!!」

圭一「うるせー!他人の為に自害した俺の気持ちが分かるか!」


望「でも、貴方役に立ってませんでしたけどね、私も死にましたよあの後」

圭一「……え?」

キョン「前原が死んでも何も変わらなかったから、丁重に死んで頂いた」

望「私の記憶違いでなければ前原さんの遺品で撲殺された気がするのですが」

キョン「仕方無いだろ!、古泉とアッーだけは嫌なんだよ!!(汗)」

望「逆ギレじゃないですか!!(汗)」


キョン「あの後ハルヒ説得するのどれだけ大変だったと思ってんだ!」

圭一「……できるんなら最初っから説得してくれよ」

キョン「いやさー、お前らが死んでから俺考えたんだけどな?」

キョン「良く考えたらお前らハルヒみたいにまるまま世界変えるパワーねーから
    お前が死んだところでお前らの世界変わるだけじゃねーかよ馬鹿!!」


圭一「お前がやらせたんだろ!!(汗)」

望「貴方が殺したのではありませんか!!(汗)」

キョン「黙れ俺に感謝しろ!、一歩間違えたらハルヒのゆがんだ解釈でおまっ……
    俺達息子とお別れさせられる所だったんだぞ!?アイツ段々混乱してきて
    『アンタ達が女なら相手が男でも!』とか抜かしてたからな!?(汗)」


圭一「マジでか怖ええ!!(汗)」

望「そ、そんな事になっていたのですか……何はともあれ、無事に済んで良かっ……た」


キョン子「……オイィ、これ無事か?、無事なのか?
     どこが成功なのか言ってみろもう一人の俺」

ノゾミ「はぁ……それで私達のようなコピーができてしまったんですね、絶望的です」

圭子「ま、まさか息子とお別れするハメになろうとは……何か名前やっつけだし!(汗)」



望「前言撤回、別に生み出してどうする!!(汗)」

圭一「いろんな人に怒られそうな上にややこしいぞこれ!」

キョン「いや、ここは逆転の発想だ!、ノゾミと圭子にフラグを立てよう!」

望「立てようじゃ無いですよ色々な意味でそれは駄目です!」

ノゾミ「そうですよ私外見はこんなんですが中身は同じですよ!?」

キョン子「よし、流石俺、良い考えだな!、
     和風はまだ手を出してないジャンルだからな!」

圭一「お前もお前で見事にキョンだな!、ノリノリじゃねーか!!(汗)」


望「にしても、困りましたね……彼女達がここに存在して良いのでしょうか……」

圭一「良い訳無いだろ!、いい加減消えて貰わないと苦情くるぞ!!(汗)」


キョン子「え……消すのか?」

ノゾミ「べ、別に現世に希望持ってるとかじゃありません……けど……」

圭子「何とか俺達共存できねーのかよ?」


キョン「共存するとなるとお前らは男にフラグを立てることになるぞ」

キョン子「OK俺の分まで楽しく生きてくれ」

ノゾミ「最初っから悔いなんてあるわけ無いじゃないですか」

圭子「男にフラグ立てるくらいなら挽肉のがマシだ!(汗)」


キョン「交渉成立だ、行け前原!、隠滅ウッディだ!!」

圭一「おう!、任せ……」


キョン子「え?、ぼ、撲殺?、撲殺なのか?、待てそれは意味が分からないし笑えない!」

ノゾミ「いやあああ!、それは嫌です!、数ある殺され方でもそれは痛いんです!」」

圭子「マジかよ……いや、でも、喉掻き毟って死ぬよりは……


圭一「……無理無理無理無理!!(汗)」

キョン「何でだよお前戦闘要員だろ、やってこいよ」

圭一「だってこの絵だと俺明らかにヤバイ奴だぞ!?
   というかL5でも無いのに殺したらもうダメな気がする、色々な意味で!!(汗)」


キョン「やれやれ、必殺技を使うか」

望「必殺技?」

キョン「パーソナルネーム キョン子・ノゾミ・圭子を敵性と判定
当該対象の有機情報連結を解除する!」



キョン子「長門のヤツじゃねーかっ!、ってできてるし!!」

キョン子「まぁ……なんだ、コホン」

キョン子「あーあ残念、所詮俺は、バックアップだったかあ……(中略)
     それまで、ハルヒ達とお幸せに、じゃあね」

ノゾミ「え、それ言わないとダメなのですか?、言わないといけないんですか?」


圭子「……どうやら俺達は消えるみたいだな……じゃあな、上手くやれよ、俺!」


シュウウゥゥゥ……


キョン「ふぅ……終わったな、全て……」

圭一「そうだな……何か複雑な気分だぜ」

望「はい……、では、そろそろ私達も……」

キョン「よし!、解散!!」






キョン「……あ、ヤベ、会議すんの忘れてた……あいつらもう帰ったかな……」




終われ


相変わらず意味分かんないネタでサーセン。今更TSいじりとか誰得(´・ω・`)

リク消化!ぷよ&ルンファク混合小話

ラフィーナ「今日のトレーニングメニューは、先ずマラソン20kmに……ん?」

   「………」

ラフィーナ「(この辺では見ない後姿ね……)」

ラフィーナ「(でも、なーんか見覚えある気がしなくもな……!!)」

ラフィーナ「あの……もしかして、ソフィアさん?」

ソフィア「!、ピンクの人!、初めまして、ごきげんよう」

ラフィーナ「あれ?、もしかして人違い?」

ソフィア「言ってなかったかしら?、私、クセで時々間違った事が言えないの」

ラフィーナ「っと、そういえばそうでしたわね
      ……ちなみに、『ピンクの人』という呼び名は?

ソフィア「それは只単に私の記憶力の問題よ」

ラフィーナ「そ、そうですの……まぁいいけど(汗)」

ソフィア「……トゥーナ達と合流してしまったの、一人で大丈夫だからほっといて

ラフィーナ「そ、そんな捨てられた子犬のような目で見なくても
      手伝ってあげますわよ、というか、このパターンなら……」

アミティ「ラフィーナー!、この世界にまた来客だよ来客!」

トゥーナ「……ソフィア、無事?」

ラフィーナ「ほら、向こうから来た」

マイス「あははっ、久しぶりー!」

アルル「ホントだねー!」

ソフィア「二人とも、ちゃんとこの世界から出れたみたいね」

アミティ「今日は遊びに来たんだよねー!」

トゥーナ「うん、異世界への渦を開いてきた」

ラフィーナ「そ、そんな単純な原理で異世界行けますの?(汗)」


ソフィア「……全員揃ったわね」

トゥーナ「……そうだね、大丈夫かな……」

アルル「まだ誰か来てるの?」

マイス「その筈なんだけどね、着地の時にばらばらになっちゃって……」

トゥーナ「!、凄く嫌な予感がする……」

マイス「い、嫌な予感ってまさか、こんな状態でシリアスルート突入じゃ」


ユウ「じゃじゃーん!、賑やかだね!」

トゥーナ「ヒッ……こ、こわくない、コワクナイ……」

ソフィア「あ、予感ってそっちの……」


マイス「Gでも蜘蛛でも嫌いな人は気付くの早いからねぇ」

ユウ「来て早々Gとか蜘蛛と並べられた!?(汗)」

トゥーナ「オバケコワクナイ……イイエアノコハオバケジャナイ カブダヨカブ」

ユウ「Σカブ!?、まさかのカブ呼ばわり!?(汗)」


マイス「荒治療★」ドゴッ

トゥーナ「……きゅう」バタッ

ラフィーナ「(Σ殴ったああああ!!(汗))」

マイス「起きてトゥーナ」

トゥーナ「……?、一体何が……」

ソフィア「あ、戻ってる」

ユウ「………?」

トゥーナ「……空飛ぶカブ、うん、可愛い」

ユウ「何かあたし変な解釈のまま固定されてるんだけど!(汗)」


???「ねぇ……(そろそろ参加していーい?)」

マイス「あれ?、カリン、居たんだ」

カリン「うん……(浮いてる子に案内して貰った)」

トゥーナ「へぇ、この子に……ありがとね、だっこしていい?」

ユウ「何この態度の急変怖い(汗)」

アミティ「あ、この人が新しく来た人?、あたしアミティ、よろしくー!」

カリン「カリンよ(ステキな帽子ね)」

アミティ「おぉ!?、何か今滅多に言われない嬉しいこと言われた気が!」

カリン「そう?(言ってはないけど……あの帽子欲しいなー……)」

マイス「……でも、なんというか、カリンはセンスが……」

ソフィア「……カリンに貶されても、悲しんじゃ駄目よ」


ラフィーナ「私ラフィーナと申しますの……にしても、
      また変わり者来ましたわね、色々な意味で」

カリン「よろしく(人多いなぁ……めんどくさい)」

ソフィア「うん、まだ揃ってないわね!」

トゥーナ「移動成功……!」

アルル「あ、そういえばさ、皆魔法使えるんだよね?」

カリン「一応は……(貴方達も?)」

アルル「じゃあさ、ぷよ勝負しようよぷよ勝負!!」

マイス「ぷよ勝負?」

アミティ「いいねそれ、やろうよ!、ルールはやれば分かるって」

~~~

マイス「おぉ、結構楽しいねこれ!」

アルル「むぅ、筋いいねキミ」

カリン「……とぉー(勝てるかも)」

アミティ「うぉぉ、意外に強い……」

ラフィーナ「へぇ、貴女も中々やりますわね」

ソフィア「ヴィヴィアージュの名、敬って頂いては困りましてよ……トゥーナもどう?」


トゥーナ「………」


マイス「あれ?、トゥー……ナ?(汗)」

トゥーナ「……残酷、許せない……!」

マイス「ちょ、トゥーナ、これ遊びの一つだから!、ほら皆も何か言ってあげて!」

アミティ「いや……」

アルル「返す言葉が……」

ラフィーナ「ございません、みたいな……」


トゥーナ「………」ゴゴゴゴゴゴゴ

マイス「トゥーナ羽!、ちょ、戻りかけてるから、鳥に戻りかけてるから!!(汗)」

カリン「ご、ご乱心ー(早く避難しなきゃ)」

ラフィーナ「……この展開、オチは確実に……!(汗)」

トゥーナ「ビッグファイア!!」



ドオオオオオオオオン!!


終われ


爆発オチ。 いつもの人からのリク消化完了なのです!
ルンファクキャラ久々に書いたら何か書き辛くて大変だったという(何


以下反転返信。





いつもの人のHNがいつもにも増して長いという……w
いつもの人のおばあちゃん、一日遅れたけど誕生日おめでとうございます!


>日ごろのお礼も兼ねて小型電動肩たたき機をプレゼントしたら私に使ってくれたよ

この辺りで「おぉっ……」となったけど


>ちなみに私肩こってない上に骨に思いっきり当てられたからシャレにならないくらい痛かったよ

ここ読んで笑いましたw、やっぱりいつもの優しさから回りおばあちゃんですね!(`・ω・´)


もう八十六歳なんですか、元気一杯じゃないですかw
『もうだめもうヤバイと言ってる人は逆に死亡フラグ立たない』の原理で
そのおばあちゃん100歳まで余裕ですよ!、たっぷり孝行しちゃてくださいね(

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

ハルヒ・ひぐらし・絶望MIX小話でリク消化!

キョン「『第三回ドキッフラクラ的恋愛会議~危険もあるよ~』開始するぞ!」

望「あぁ……うん、どこからツッコめばいいのでしょうか本当もうこの人は」

圭一「お前もういい加減懲りてくれよ頼むから!!」

キョン「俺の辞書に懲りるという文字は無い!!」

望「ちょっとは反省してくださいよ!」

キョン「反省という文字も無い!、リクエストが来る限りな!!」

圭一「ちょ、もう勘弁してくれよ……梨花ちゃんカウンターによると、
   前回のループは一万二千五百四十六回だぞ!?」

キョン「ん?、俺のとこの精密機器長門も同じ数字出してたぞ、
    お前の所のループカウンターも正確だな」

望「いや、何ですかループカウンターって」

圭一「なっ……おま、ループカウンター知らないのか!?」

キョン「嘘だろ……ループカウンターが無いなんて……ありえねー、コイツまじありえねー」

望「え、私ですか!?、私がおかしいんですか!?」

キョン「たりめーだ馬鹿ヤロー、お前、俺が長門の家に向かうまでどれだけ走ったか知ってんのか!?
    『驚愕』延期しすぎだろバカヤロー!
    『分裂』から何年俺走り続けたと思ってんだバカヤロー!!
    一時はもう二度とたどり着けないままこの世界終了するかと思ったぞ○川バカヤロー」

望「谷○さんは批判してはいけない人だと思います!、私知らないですけど!!」

キョン「これだからシリアス描写の一つもない新参は……まぁいい、
    今回の議題は『いかにしてフラグをうまく破壊するか』だ!!」

キョン「分からないとは言わせない!、これぞフラクラの真意だ!!」

圭一「わりぃ、分からない」

望「……?、分からないです」

キョン「あーあーキコエナーイ、聞かなければ言ってないのと同じだからな、それじゃ解説始めんぞ」

キョン「いいか?、先ず、必要なのはどのようにしてフラグを折るかだ!」

キョン「折るのはあくまでもフラグ、相手の心を折ってもいいが、
    あんまやりすぎんじゃねーぞ!、二度と立たなくなるからな、特に前原!」

圭一「ぐ……心当たりが……」

キョン「お前なんで徹底的にフラグへし折っちまうんだよ!?、
    やりすぎだろ、そんな事だから死亡フラグ立つんだよ!!」

キョン「そして糸色!」

望「は、はい」

キョン「お前はな、時々フラグの折り方が強引すぎんだよ、明確な意を示したら
    相手逆上する可能性も考えて行動しろよ!、だから死亡フラグ立つんだよ!!」

望「えー……でも、私あの子達強引だから好きじゃありませ」

キョン「バカヤロオオオオオオオ!!!」バキッ

望「いだっ!!……ちょ、いきなり何を」

圭一「ウッディ!!」メゴォッ

望「危なっ!、いや何で今前原さん殴りかかってきたんですか!?そのバットはどこから!?」

圭一「バカヤロオオオオオオオオ!!!」

望「バカヤローじゃないですよ当たったら確実に死んでましたよ!!」

キョン&圭一「バカヤロオオオオオオ!!」

望「ああもう何なんですかバカヤロー!」

キョン「おまっ……好きじゃな……好きじゃないだと!?、俺達の三大原則その一を忘れたか!」

望「言われてないですし」

圭一「『ハーレムを楽しみまくろう!』だろ!、俺達の集まる最大の理由はそれだろ!!」

望「いや貴方集合嫌がってませんでしたっけ!?」

圭一「ハーレムとは、男達の夢でありながら、その星の下に生まれた者にしか築けない楽園!!」

キョン「そして、その楽園を築ける俺等は幸せな存在、男の夢を実現してるんだぞ!?」

圭一「俺達は楽しまねばならぬ!、この先何度転生しようが
   ありつけるか分からないこの状況をな!!」

望「……何だ似たもの同士か……テンション高、熱っ」

キョン「はぁ……はぁ……お前中々熱いな」

圭一「はぁ……口先の魔術師と呼ばれる俺と互角とは……流石だな」

キョン「前原ぁ!!」

圭一「キョン!!」

キョン&圭一「同士よおおおおお!!」ガバァッ

望「何か男の友情できちゃってますし、何こんなとこで青春やってるんですか」

ハルヒ「ちょっと!、キョンあんた本当いい加減に……!!」

レナ「圭一君……梨花ちゃんに止められてるのに、まだ懲りないのか……はぅ!?」

望「うわぁ最悪のタイミングで来ちゃってますし」

キョン「うぉ、ハルヒ!、ち、違うぞ、俺は断じて古泉の同類では無いぞ!!」バッ

圭一「レナ、これはアレだ、男の友情的ノリがちょっと熱くなりすぎただけだ!!」

ハルヒ「う、うそ……まさか、まさか明らかに普通っぽいキョンがガチだなんて……」

レナ「はぅ……圭一くん、そういう趣味だったんだね、だね……」

キョン「ま、まてまて、ウェイト、誤解だハルヒッ!!」

圭一「そうだぞレナ!、決して俺にそんな趣味は……」

レナ「嘘だッ!!」

圭一「ごめんなさい!」

キョン「ちょ、お前おされてんじゃねーよ!、お前が謝ると俺もホモ扱いじゃねーかっ!」

ハルヒ「そうよ……こんなの嘘よ……こんな世界……」ゴゴゴゴゴゴゴ

圭一「……おい、なんかキョンの連れから異様な効果音聞こえるんだが、ゴゴゴッって」

キョン「MK5(マジで壊される5分前)って所だな、世界が」

望「それそんな呑気に言えることじゃありませんよね!?」

可符香「先生、任せてください」

望「うわ吃驚した、居たんですか」

可符香「ずっt……こほん、先程来たんです、みんなと一緒に」

望「貴方に任せて、本当に大丈夫なんですか?」

可符香「だいじょーぶです、みていてください」

望「ん、はい……」

ハルヒ「………」ゴゴゴゴゴゴ

可符香「ハルヒちゃ……だ、大丈夫、落ち着いて!」

ハルヒ「風浦さん……無駄よ!、今のあたしは誰にも止められな――」

可符香「いえ、ハルヒちゃん、そしてレナちゃんも落ち着いてあの二人を見てください」


キョン・圭一「………?」


可符香「ぶっちゃけ、アリじゃないですか?」


キョン・圭一「そんな解決方法!?」


ハルヒ「え?、うーん……ナシじゃない、かな?」ピタッ

レナ「は、はぅ~……?」

ハルヒ「……いや、アリね!、ちょっとアンタ達もっかいくっつきなさい!」

レナ「かぁいい物が二つくっついたら仲良しさんでもっとかぁいいんだよ、だよ?」

キョン「……え、ちょ、これは……まさかの腐女……」

圭一「……おいおい、嘘だろ?」

可符香「ほら、世界は救われました!」

望「ふむ、ご苦労様です」

可符香「いえいえー」

キョン「シャラーップ!いやお前ら何解決したみたいになってんの!?
    何その良い仕事したみたいな顔!?」

圭一「してねーよっ!、レナ何かに目覚めてんだけど何アレ!?、どうしてくれんの!?」

キョン「ヤベーよハルヒ相手とかシャレになんねーよ!、
    ガチで古泉がハルヒのご機嫌取りという名目で襲って来かねん……」

古泉「どうも、キョンさん」

キョン「来てるし!、うわもうこっちくんな俺はノンケだ!!」

キョン「こ、この世界ダメ!、リセーット!!、前原お前死ねそしたら世界が変わるから!」

圭一「いや何でだよ!、死ねって言われて死ぬ奴いねーだろ!」

キョン「うるせーよ!、お前だって非常事態だろ!!」

圭一「いや、俺の所冷静に考えたら男なんて殆ど居ないから大丈……」

大石「んふっ☆」

圭一「OKみんな違う世界で会おうぜ」サクッ


終われ


はい、前回と同じ方か違う方なのかは分かりませんが、
名無しさんリクエストありがとうございました!

いろんな方からリク貰えるとちょっと嬉しい……ROM専な貴方も
メルフォにぼそっと書き残しちゃっていいんですよ?(何

ハルヒ・ひぐらし・絶望MIX小話ver.2と言う名のリク消化

キョン「うむ、集まったな!」

キョン「よしお前らー、今から『第二回フラクラの会合』を始めるぞ!おいっ」

望&圭一「……えー……」

キョン「うお、何だその反応は、テンション低っ!!」

望「いや、だって二回目はやらないとか言ってたじゃないですか……しかも題名前回と変わってませんか?」

キョン「うるせーよ、ぶっちゃけ俺も覚えてねーんだよ!覚えてんのか、お前覚えてんのか!!」

望「え、と……『第一回フラグクラッシャーハーレム談義』」

キョン「空気読めー、お前空気読めー、そこ空気読んで答えない所だろ空気読めー」

望「『空気読め』って4回も言われた!、凄く理不尽な怒り方されてる気がします!」

圭一「梨花ちゃんにこってり怒られたし……俺はもうあんな目みたくねーぞ」

キョン「大丈夫だ、俺の所は軽く世界滅ぶ所だったからな!」

圭一「どこが大丈夫なんだよ!?、俺なんかな、スタンガン浴びせられてその後生きたままミキサーに……」

望「それ以上言わなくて結構です」

キョン「メールフォームからアンケート来たんだよ、もう一回このシリーズやれって来たんだよ!
    ほら、お前ならアンケートの大切さが分かるだろ糸色!、連載漫画的な意味で!!」

望「連載漫画的な意味で!?、ちょ、貴方前回からフリーダム過ぎませんか!?」

キョン「YES、アイアムフリーダム!、杉田フリーダム!!」

圭一「駄目だコイツ早k(aa略」

キョン「さて、本日の議題だが……『具体的にどうフラグを操るか』これだな!」

圭一「ぐっ……その『確実にモテる方法』的な議題には興味あるが
   もう乗らないからな!、俺のプライドにかけても!」

キョン「今ならフラグを立てた相手にメイド服を着せる講座も絶賛……」

圭一「のった!!」

望「脆っ!、プライド脆っ!!」

圭一「いつもいつも着せられる一方の俺じゃないぜ!」

キョン「着てんのか……」

望「着てるんですか……」

圭一「何その目!?、俺だって好き好んで着てる訳じゃ無いからな!!(汗)」

キョン「……ま、いいだろう、解説してやる!」

キョン「いいか?、コツは、『突然、不意に優しい言葉をかける』この一言に尽きる!!」

キョン「だが、フラグを確立させない為にも優しすぎない事が大切だ!」

キョン「例えるなら猛獣に追い詰められたシマウマが相手を蹴り倒すがごとく!」

望「ん、……ん?(汗)」

圭一「その例え何か違うと思うぞ!?」

キョン「そうだな、もう少し具体的に言うとだな……」

望「……あの、そういう話をしていると、多分また……」

圭一「……おい、早速来てんぞ!(汗)」


ハルヒ「キョーンー……性懲りも無く、また結成したわね!!」

レナ「ぼんやりと、別の世界の記憶がある気がするんだ……不思議だね、けーいちくーん……」

可符香「先生……何また同じパターンやらかしてるんですか……」


圭一「うおぉ……だから嫌だと言ったんだぞ俺は!!」

キョン「くっ、これはヤバイ……とでも言うと思ったか!?」

キョン「HAHAHA!、同じ過ちは二度繰り返さない!!、実践形式でお前らに見せてやんよ!」


ハルヒ「何をこそこそと話してるのかしら!?、そんな余裕あると思うの?、キョン!」

キョン「ハルヒ……(凄く良い台詞)」

ハルヒ「キョン……」

キョン「こんな俺を……許してくれるか?」

ハルヒ「……こ、今回だけだからねっ!」


キョン「と、まぁこんな所だぜ!」グッ

望「あんな発言で女性をたぶらかすなんて……」

圭一「流石の俺もそれは……」

キョン「待て待て待てなんだそのリアルドン引き!?、
    お前らも死亡フラグを避けるべく、やるんだ!、さあ!!」

望「なんで貴方そんなテンション高いんですか」

圭一「……ええい仕方が無い!、生き延びるためだ、やってやるさ!」

キョン「良く言った!、二人とも行って来い!」

望「何か含められてるし……分かりましたよやりますよ」


圭一「レナ!(凄く扇情的な台詞)」

望「風浦さん(凄く感動的な台詞)」

レナ&可符香「………!」


キョン「よっしゃお前らやればできんじゃねーか!、ナイスヒット!」


レナ「圭一君……そんな事思っていてくれたなんて……嬉しいよ、あはは、あははははははは!!」

圭一「トラウマを呼び起こす嫌な笑いが!?(汗)」

レナ「圭一君をお持ち帰る許可が出た!、危ないお外には出さずに、
   いっぱい、いーっぱいかぁいがってあげるよぅー!」

可符香「私を選んでくださるんですか?……ありがとうございます」

望「あ……いえ……(何でしょうこの罪悪感……(汗)」

可符香「なら、浮気とかされないようにしないといけませんね、
    しっかり稼ぐので、私の伴侶として、ずっとお部屋に居てくださいね……」

レナ「大切な宝物にするから殺しはしないよ……動けなくなってもいいから、
   それ以外は保障しないけどね!あははっ」

キョン「……おい、一つ聞くが、あいつらの属性って何だ?」

圭一「レナなら、雛見沢症候群発症から病んでるな」

望「風浦さんは……過去のトラウマから病んでますね」

キョン「ヤンデレ!?、オイオイそれは手を出しちゃいけないジャンルだろ!!」

キョン「大抵のエロゲもヤンデレルートは鬱エンド確定だろ!、常識的に考えて!!」

圭一「どこの常識だよ!?……うぉ、危ねぇ!!」ドンッ

レナ「気絶させるだけだから、当たってよ圭一君……」

望「落ち着いてください風浦さん、話せば分かります!」

可符香「………」

ハルヒ「……キョン、騙すつもりだったのね!?」

キョン「げ、こんどはマジでヤバイぞ、もう何も用意してねーぞ!!」

ハルヒ「こんな世界、もうどうだっていいわ!!、作り直してやる!」

キョン「ま、待てハルヒ、早まるな――」


~~~~~~



キョン「――よし、集まったな!」

望「………?」

圭一「………」

キョン「おーい、どうしたお前ら?」

望「いえ……白昼夢でも見てたようです」

圭一「俺もだ……」

キョン「それじゃ、『第二回フラクラの会合』を始めるぞ!、おいっ!」

望&圭一「……えー……」

~~~~~~

ハルヒ「この気配、そしてこの場所は……、さてはまたキョンがここに居るのね!!」

可符香「………先生?」

レナ「あれ、圭一君……?」

ハルヒ「あら、久しぶりね……どうしたの二人共、怪奇そうな顔して?」

可符香「………いえ」

レナ「きっと気のせいなのかな、かなぅ?」



終われ   無限ループって怖くね?(´・ω・`)


メルフォから名無しさんによるリクエストがちまっと投下されていたので続編を……
別に名無しでのリク禁止ではありませんからね、されたからには書いちゃいますからね!

それにしても、まさかこんなジャンル混合をリクエストされるとは……w

何にしてもリクありがとうございました♪、消化完了!

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

リクエスト消化でぷよぷよ(ルンファク)小話

アミティ「やっほーアルル!」

アルル「こんにちはー!」

アミティ「今日は何して遊ぶ?」

アルル「んー、どうしようかな……面白そうな事でも探す?」

アミティ「そうだねぇ、何か面白い出来事起きないかなー」

ラフィーナ「あ、二人とも、こんな所にいましたのね!」

アミティ「あれ?、どうしたのラフィーナ?」

ラフィーナ「……もしかして何も知りませんこと?そりゃそうですわよね、
      知ってたら貴方達があの場に居ない筈が無いし」

アルル「ラフィーナにそこまで言わせるとは……もしやビッグニュース!?

ラフィーナ「時空の歪が……開きましたわ!!」

アミティ「時空の歪って……りんごちゃんやアルルの世界に繋がってるとこ!?」


アルル「え?、ボクの世界から誰か飛ばされてきたのかな……」

ラフィーナ「それで、そこからまた人が飛ばされてきたらしいのよ」

アミティ「へぇ……アルルの知り合いかも知れないし、見に行こ!」

~~~~

ラフィーナ「あそこですわ、もう何人か話を聞きつけて集まり始めてるようね」

リデル「こ、こんにちは……」

フェーリ「変わった空気を感じて先に来てたのよ」

アミティ「見覚えの無い人たちが居るけど……あの人達かな?」

アルル「んー、ボクあの人達は知らないかも……おーい!

???「あれっ、あの人達もここの人達かな?、初めまして!」

アミティ「初めまして、あたしアミティ!」

マイス「僕はマイス!、よろしくね」

ラフィーナ「マイスさん……の、後ろの赤髪の方、お名前は?」

????「……人に尋ねる前に、自分が名乗るべき……」

ラフィーナ「……武士みたいな理論ね……ま、いいわ、私ラフィーナと申しますの」

トゥーナ「……トゥーナ……私の名前」

アルル「トゥーナっていうんだ、よろしくっ!」

トゥーナ「………うん……ソフィアも、自己紹介」

ソフィア「あ、えっと、ソフィア・ハラペニョ・ヴィヴィアージュよ」

アミティ「………え?(汗)」

アルル「も、もっかい言って?」


ソフィア「ソ、ソフィア・ハラペニョ・ヴィヴィアージュ……(汗)」

マイス「……そ、ソフィアだけ覚えればいいと思うよ(汗)

ラフィーナ「……そうさせて頂きますわ」

リデル「あの、その……私リデルです、皆さんよろしくお願いします♪」

マイス「うん、よろしく!」

ラフィーナ「ま、これも何かの縁ね、仲良くしましょう」

ソフィア「よ」

ラフィーナ「ふ、普通この流れで拒否しますこと!?(汗)」

ソフィア「あ……その……」

トゥーナ「……大丈夫、この子は変則型ツンデレの一種……
     そしてラフィーナは王道型ツンデレと見える……分かり合える」キラーン



~~間~~



リデル「え、ツンデレに変則型も王道型も何も……(汗)」

ソフィア「正しくは無いけど……ね」

フェーリ「そもそもそれそんな真顔で語ることじゃ……(汗)」

アミティ「おぉ、ツンデレに型をつけるとは……!!」

アルル「くっ、マンネリ化しつつあるカテゴリにバリエーションを増やすとは……できる!」


ラフィーナ「あ、さっきの『間』最後二人だけ
     ちょっと意味が違った、感動してた!!(汗)」


マイス「トゥーナも最低限自分のキャラは守って!(汗)」

トゥーナ「……守っていては何も始まらない、攻める……

マイス「そんなとこで攻めの姿勢見せなくていいから!そこ守る所だから!!」

トゥーナ「……なら、どこで攻めればいい?」

マイス「何でそんなに攻めたいの!?
    モンスター倒すときにでも攻めればいいと思うよ」

トゥーナ「無闇な殺生は良くない」

ユウ「はろ~、ここに異次元から人がたどり着いたと聞いt」

トゥーナ「ビッグファイア!」ドンッ

マイス「言った傍から言った当人が無闇な殺生を!?(汗)」


あやクル「ちょ、ユウ、無事か!?(汗)」

トゥーナ「……幽霊……倒さないと」

ユウ「え、ちょ、初対面でなんと理不尽な!?(汗)」

あやクル「待て待て待て!、話せば分かる話せば(汗)」

~~~

トゥーナ「ごめん、てんぱった モウダイジョウブ オバケナンテコワクナイ」

ラフィーナ「貴方全然大丈夫じゃありませんわよね!?、片言だし半角だし!!(汗)」


ユウ「失礼極まりないなぁ……(汗)」

ソフィア「トゥーナは心霊現象とかが凄く好きなのよね……(汗)」

アミティ「……あれ、フェーリは?」

リデル「あ、あっちの方に居ます……」

アルル「フェーリ?、何してるの?」

フェーリ「……貴方達こそ、今はのんきに話している場合じゃないわ」

ラフィーナ「?、どういう事ですの?」

フェーリ「遠い世界からの訪問、時空の歪の発生はあまり好ましいことじゃあ無いわ
     前回だって、エコロとかいう魔物が辺りを滅ぼそうとした時に起きたでしょう……?」

アミティ「あ、そういえば!」

アルル「じゃあ、今回も……!!」

フェーリ「その可能性が高い……だから今、こうして運命を探ってるのよ」

リデル「なるほど……いや、私留守番してたから前回云々は知りませんけどね


フェーリ「キエエエエ!……きた、きたわ……!!」

全員「………!」

フェーリ「この水晶玉に映っているのが神のお告げよ!」

リクエスト消化だから別に放置しても問題ないよ!
マイス達は来たときと同じ感じで帰れるからちゃんと元の状態になおるよ!!





                   ハ_ハ  
               ('(゚∀゚∩ なおるよ!
                ヽ  〈 
                 ヽヽ_)



全員「……………」

全員「神、軽っ!!(汗)」



終われ


~~オマケ~~マイス達はどうやって飛ばされて来たのか――?


トゥーナ「……ここは危ないよ、住処にお帰り……」

モコモコ「もこ……もっこー!」

パアアアアアアア……

マイス「……うん、ちゃんと吸い込まれていったね」

トゥーナ(鳥)「……あの子、お家に帰れたみたい」

マイス「ね?、トゥーナの力も、こうやって使えば皆喜んでくれるよ!」

トゥーナ(鳥)「……うん」


ソフィア「(……さて、この二人の秘密的な空気の中悪いんだけど、
     ここ私の散歩ルートだし……見ちゃったし、二人が帰るの待とうかな……(汗)」

「ぷよっ!」

ソフィア「……?、何この変な生き物……ほら、あっち行きなさい、抱っこしてあげるから」

「……ぷよ?、ぷよっ」

ソフィア「よしよし……ソラマメとも違うし、こんな生物この辺りに居たかしら……」


マイス「さ、帰ろう!」

トゥーナ「……何かの気配……」

マイス「え?」

トゥーナ(鳥)「この辺りの生き物とは違う気配……住処に帰してあげないと」

マイス「うん、そうだね……それじゃあ、ゲートを開いて」

トゥーナ「……できた」

パアアアアアアア……

「ぷよ?」

ソフィア「トゥーナの能力が発動したわね、さ、戻りなさい

「ぷよー、ぷよぷよっ!」

ソフィア「も、戻りなさいってば、こら、くっつきなさい!

「ぷよ、ぷーよ!!」

マイス「!、あれって……!!」

トゥーナ「ソフィア……直ぐにその子を離して、巻き込まれる!」

ソフィア「そ、そうしたく無いんだけど、この子くっついて離れな……きゃああ!?」

トゥーナ「危ない!!」

マイス「トゥーナ、ソフィア!!」

~~~

マイス「と、いうことがあって気が付いたらここに、結局あれ何だったの?

ラフィーナ「……そ、それはその、こっちの生物がご迷惑おかけ致しましたわね(汗)」

アミティ「まぁ、どうせくっつけて1試合100匹は消すからこっちは
     一匹居ても居なくてもそんなに変わらないけどね!


トゥーナ「……え、それって、残酷……(引)」

ぷよ住民「(……言われて見ればかなり残酷な気が!?(汗)」



終われ


めでたしめでたし!…と思ったら今度はおばあちゃんが「今お前がはまっているとか
言ってたぶにょぶにょとかいうの買ってあげたよ」
つってテトリスDSを得意そうに渡してきたよ   さんからのリクエスト

『ぷよとルンファクのコラボ小説』無事消化!
……ぷよの方が先についてるからジャンルはぷよでお願いしますw
まさかルンファク好きな方だったとはw、滅多に出会えないから地味に凄く嬉しいです(


そしてとうとうハンドルネームに三行ですよ!なんてこったい(何
というかおばあちゃあああん!、違うから、テトリスとぷよぷよ結構違うから
『落ちゲー』って事意外に共通点無いから!!(`・ω・´;)

ハルヒ・ひぐらし・絶望MIX小話(何それ

キョン「はい、今日は『第一回フラグクラッシャーハーレム談義』を行うぞ」

圭一「………は?」

キョン「今回集まって貰ったのは他でも無い、
    お前らには『フラグクラッシャー魂』が足りないんだよ!」

キョン「いいか?、この属性は使いこなしてからこそ価値のある物だ!」

キョン「よって元祖の俺を見習うがいい!HAHAHA!」

圭一「おいおい、急に言われても話が掴めねーぜ?、つーかお前一人で喋りすぎじゃねーか?」

キョン「……圭一君と言ったな、お前は惜しい、実に惜しい!」

圭一「何が!?」

キョン「女性を狙ってるようにみせつつも、いざ相手が来そうになった時も
     普段と変わらない態度で真剣なフラグを全て回避するその心意気!」

キョン「……だが、それが原因で死亡に繋がっていてはまだまだだ!
     フラグは『死亡フラグ』も含めて全て壊せ!俺のようにな!!」

圭一「それができたらとっくに夏なんて越えてるわけだが!!」

キョン「そして死亡フラグの件で言えば糸色!、お前は酷すぎるぞ!!」

望「あ……すいません」

キョン「自分には関係無いとでも思ってるだろうが、大間違いだこの野郎!」

望「この野郎!?、そんな単純な暴言久々に言われましたよ!」

キョン「よく聞け新参、お前は立てたフラグの数だけは俺たちの中で最多数だ
     某少年が色々とらぶっちゃう作品並みに多数だ」

望「殆ど言っちゃいましたよこの子!!」

圭一「俺の世界には時代系列的な意味でそんなもん無いけどな!」

キョン「……糸色、お前は殺されすぎだ!、最近猟奇オチばっかりじゃねーか!」

望「余計なお世話じゃないですか!?」

キョン「……いいか?、男なら、もっと相手を上手く扱うんだ」

圭一「おぉ……俺口先の魔術師としてこの手の話嫌いじゃないぜ」

望「口先の魔術師って、それ良い方のあだ名ですか?、悪い方のあだ名ですか?」

キョン「時には乗せられ、時にはこっちから接近し、時には引く……」

キョン「そして何より重要なのは、フラグは回収しない事だ!
     回収してしまったら多数を相手にするハーレムが不可能になってしm」

ハルヒ「へぇー、ほーう、まっさかアンタみたいな地味男がそーんな事考えていたなんてねー……」

キョン「げっ……ハルヒ……何でここに!?」

ハルヒ「別にー、アンタが何してるか気になったとかじゃなくて
     何となく念じてたら辿り着いたのよ」

キョン「(とんでも能力発動かよ……)」

ハルヒ「で、ここに来る途中でかわいい先輩と後輩拾ったんだけど、後ろの人達の知り合い?」

レナ「け~いちく~ん……何を話してたのかな、隠し事かな……かな?」

圭一「べ、別に何も変な事なんて……」

レナ「嘘だッ!!」

圭一「ヒィ!!」

可符香「先生、こんな所で何やってるんですか」

望「迷ってます、色々な意味で」

可符香「正直ですね」

望「だってあのオレンジ髪の子怖いです、木津さんと同じ臭いが……」

ハルヒ「ハッ、さてはあんた達、悪の組織だったのね!、
     そしてキョン!、アンタがその組織のボスだったなんて……!」

キョン「待て、それはごk(……いや待てよ、ここでノリノリで演じて後で演技と言えば……!)」

キョン「はっはっは、良くぞ我が企みに気が付いたなハルヒ!」

ハルヒ「当たり前よ!、正義のビームを食らいなさい!、風浦さんにレナちゃん、発射!」

可符香「分かりまし……え?」

レナ「は、はぅ?」

ハルヒ「何してるのよ?、ビームよビーム、異世界人なら目からビーム出すくらいできるのよ!」

レナ「だ、断言されても困るかな……かな」

可符香「ちょっと一旦落ち着いてください、『異世界』がついても私達『人』ですよ?」

ハルヒ「大丈夫よ、それは気が付いていないだけで実は出るのよ!」

可符香「どこの中二設定ですか」

圭一「何かもめてるな……今のうちだ!」ダッ

キョン「ちょ、俺たち置いて逃げん」

レナ「圭一君……どこに行くのかな、かなぁ?」

圭一「……れ、レナ……」

レナ「よくわかんないけど、みぃんなレナを騙す悪い人達なんだよ……だよ」

キョン「……嫌な予感が……」

レナ「でも、悪い人達も、結構かぁいいお顔だねぇ……はぅ~お持ち帰りぃ~」すっ……


望「そ、その鉈をどう使うおつもりですか!?」

キョン「おい……これ下手したら下手するぞおい!」

圭一「いや、レナの事だから下手しなくても下手するぞ!」


ハルヒ「ま、待ちなさいレナちゃん、それはやりすぎよ!」

レナ「?、なんで止めるのかな……かな」

可符香「ちょっとそのお持ち帰りは推奨できないよ」

レナ「……分かったよ」

ハルヒ「おぉ、分かってくれ――」

レナ「ちゃあんと二人にも貸してあげるから……」

ハルヒ「てない!、それは駄目だってキョン死んじゃうよ!!」

可符香「そ、そうですよ、思い直しましょうよ、人殺したら天国に行けませんよ」


キョン「……よしまたもめてる、ここは解散だ!、元の世界に散れー!!」

圭一「ちょ、これ、戻っても俺だけ確実に助からなくねぇ!?レナこっち来るだろ!」

望「後の事よりもとりあえず今です!、逃げますよ!」


~~~

キョン「……帰ってきたか……やれやれだ、ハルヒにどう言い訳するか……」

長門「………」

キョン「よ、長門、今日も早いな」

長門「………」

キョン「……おーい、長門さーん?、ガン無視ですかー?」

長門「……見ていた」

キョン「……なんですと?ホワイ?」

長門「……最低」

キョン「こ、これはだな……その、過失と言うか、ちょっとしたジョークだ!」

長門「………」

キョン「………すまん」

古泉「キョ、キョンさん!……なんというか、軽く世界滅ぶレベルで閉鎖空間出てるんですが」

キョン「まじでか!、閉鎖空間レベルたけえ!」

古泉「誰のせいだと!?、あぁ、僕死ぬかもしれません……」

キョン「……な、長門、今回本気でヤバそうだが、お前からは何か無いか?」

長門「ない……こんな世界滅んでしまえ」

キョン「長門さーん!?、今ぼそっと凄く恐ろしい一言が聞こえましたよー!?」

長門「あなたを殺して私も死ぬ」

キョン「淡々と言われると凄く怖い!!、ちょ、冗談だよな、冗談だよな!?」

~~~

圭一「れ、レナは……まだ来ていないようだな、どうするか……」

魅音「やっほー圭ちゃん!」

圭一「!……何だ、魅音か……おっす魅音!」

魅音「何だとはなにさ!」

圭一「っはは、悪ぃ悪ぃ」

魅音「ところでさー、圭ちゃん」

圭一「なんだよ?」

魅音「……園崎の情報伝達力、なめない方がいいと思うよ」

圭一「みお……それ、どういう……」

魅音「くけけけけけけけけけ!!」

圭一「違うこれ詩音だ!、いやこれも魅音か!?……ってそういう問題じゃ……ぎゃああああ!!」

梨花「……今回わりと上手くいきそうだったのに、あの馬鹿は……」

羽入「り、梨花、イライラしちゃ駄目なのです、また次頑張るのです、ふぁいと――」

梨花「ええいどうせ死ぬなら今日はキムチツアーよ!」

羽入「ってきゃあああ!、八つ当たりはもっと駄目なのです!、あぅあぅあぅー!!」

~~~

望「怖かったよぅ……圭一さんも大変なんですね、同情します……」

千里「あ、先生。……おかえりなさい、異世界での交流は楽しかったですか?」

望「ただい……え、何で知ってるんですか?」

千里「風浦さんから凄く淡々とメールが来ました。」

望「(怒ってる!、風浦さん怒ってるよ完全に!!)」

千里「何でも、色々罵倒しながらの合コンに近い物だったとか……。」

望「(情報が適当に改竄されてるよ!、怒ってるよやっぱ凄く怒ってるよ置いていったから!!)」

千里「……粛清が必要ですね。」わくわく

望「何でわくわくしてるんですか!?、台詞と擬音が合ってませんよ!?」

千里「良く分かんない状況に居た罪です!、罵倒しながらの合コンって何ですか!!」

望「そんな事はしていない!……ってタンマ、タンマですよ……」

千里「斧と鉄球と火縄銃どれがよろしいですか?」

望「どれもよろしくないです!」

千里「それでは間を取ってスコップで」

望「何と何の間ですか!?、や、やめ……」

千里「うなああああああ!」

望「いやああああ結局こんなオチですか!!」


終われ

……結局これ何の小説?(
とりあえず私が知ってる恋愛フラグを壊す方達に対談して頂きましたw
地味にひぐらし小説とハルヒ小説はこれが初。

でもこれ以上ジャンル増やすと困るので多分もう書かないよ!(何

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

砕蜂とまといちゃんって似てませんか?

と、いうわけで比較がてらにらくがきらくがきー♪
 
……結果として分かったのは、まといちゃんに髪飾り(?)を付けて、
黒い着物に白い羽織を着せれば砕蜂に!(何
 
恋愛に対してやや積極的な所も一緒です、違うのは砕蜂は百合ということ位か。
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オマケ。深い愛を向けられているお二方。

砕蜂「夜一さまー!、お慕い申しておりますー!!」
 
まとい「先生ー、私ずっと貴方の後ろにいたんですよ、今日も昨日もその前も!」
 
望&夜一「「……ハッ、これは……!」」
 
 
望「常月さん、まさか親の隠し子的姉妹が……!」
 
夜一「砕蜂……まさかお主、ずっと昔に死に別れた妹が!」
 
砕蜂&まとい「「居ません」」
 
望「え?、私と兄さんよりそっくりなのに……」
 
夜一「……というか青年、猫がしゃべっとるんじゃ、抱いとらんで驚け!」
 
望「このご時勢猫が人の言語を話したくらい驚きませんよ、よしよし……」
 
砕蜂「あっ、貴様!、気安く夜一様を撫でるでない!」
 
望「猫に様付けですか?、大げさな……」
 
夜一「ごろごろ……って、ノッてしもうたでは無いか!、儂は猫ではない!」
 
望「いや、猫なのか違うのかどっちなんですか」
 
夜一「冷めとる青年じゃ……こうなれば!、真の姿を見せてやろう!」バッ
 
砕蜂「よ、夜一様!、だめです街中で全裸は本当だめです落ち着いてくださいー!!(汗)」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、ジャンル分けどうしよう……その他でいいか(
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。