スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レ級「邪魔ダヨ!!」ドンッ ヲ級「ヲッ!?」


祥鳳「うぅ……」ボロッ

響「おかえり。……大丈夫かい?」

祥鳳「あまり大丈夫じゃないです……」

龍田「やっぱり、あの海域は厳しいみたいね~……」

電「第二次サーモン海戦……手強いのです……」

北上「まーねー……正直アイアンボトムサウンドの方が楽だったねー」ボロッ

大鳳「装甲空母である私がここまでやられるなんて……」ボロッ

響「とりあえず、全員入渠しておいで。バケツなら有り余っているしね」



~~~



祥鳳「ふぅ、入渠完了……」

電「お疲れ様なのです」

長月「今日はもう出撃の予定もないし、ゆっくりしたらどうだ?」

祥鳳「そうさせて頂きます……、……そういえば、響さんは?」

龍田「それが、ふらっと居なくなっちゃって……誰かの相談にでも乗ってるのかな~?」

長月「たまにあることだな」

電「響ちゃんは聞き上手なのです」

龍田「口も堅いし、駆逐艦なのに落ち着いてるから話しかけやすいんだろうね~」

祥鳳「なるほど……、わかる気がします」


 「……そうか。それで……」「……、………」


祥鳳「……あれ? なんだか声が聞こえるような……」

電「あ、窓から響ちゃんが見えるのです!」

長月「あそこって何も無い狭い隙間だぞ? なんでまたあんな所で相談を……」

龍田「……お相手さんの姿がよく見えないね~……」

長月「よし、ちょっと聞き耳立ててみるか」



響「でも、君だって必要とされているんじゃないかな」

????「……! ………」

響「そんなことないよ。不要な艦なんて無い。どんなに小さな艦だってね」

????「………、……」

響「私だってそこまで強くもない駆逐艦だけど、それでも様々な海域を攻略したんだ」



祥鳳「……なんだか、真面目な話をしているみたいですね……」

長月「自分のことを不要に感じている艦が居るのか……これはゆゆしき問題だな」

電「私達も、なんとかしてあげたいのです」

龍田「そうね~……でも、相手が分からないことには……」

長月「うーん……せめて声を出してくれたらわかるんだが――」



響「……ほら、泣かない。大丈夫、その気持ちはわかるよ」

????「……ヲッ……ヲッ……!!」グスグス

響「……ハンカチ使うかい?」

????「ヲヲッ……! ヲー……!!」



 「「………」」


祥鳳「……とても聞き覚えのある声が聞こえたのですが」

長月「いや……まさかな。まさかそれはないだろ」

電「そ、そうなのです。こんな鎮守府ど真ん中にまさかそれは……」

 「ヲッ! ヲッヲッ!!」

龍田「………あれ? これもしかして敵襲?」

祥鳳「あ、そ、そうですよ! 平和すぎて思いつきませんでしたけど!!」

長月「とにかく様子を見にいこう、響が危険だ!!」ダッ



~~~


電「はぁ……はぁ……」ハァハァ

祥鳳「……っ……」ゼーゼー

響「……おや、皆。そんなに息を切らして、どうかしたのか?」

空母ヲ級「ヲ?」

長月「いやどうかしてるのはお前だ! なんだソイツ!?」

龍田「……どう見てもヲ級、よね~……?」チャキッ

空母ヲ級「ヲッ!!」ビクッ

響「撃たないで。彼女は武装していないよ」

龍田「そんなこと言われても……」

長月「敵のスパイだろどう考えても!!」

祥鳳「そもそも、どうして空母ヲ級がこんなところに……?」

響「それは……」

空母ヲ級「ヲヲ……ワタシ、ハ……イラナイ…コ……」

長月「喋った!?」ビクッ

祥鳳「……要らない子?」

空母ヲ級「レ級…ツヨイ……、……ワタシ、イラナイ……」プルプル



~~回想~~



戦艦レ級「キャハハハッ! シュツゲーキ! イケイケヤッチャエー!!」ゴウッ

空母ヲ級「……ワタシモ……イク……」ザッ

戦艦レ級「チョットヲ級チャン、ジャマダヨ!!」ドンッ

空母ヲ級「ヲッ!?」ヨロッ

戦艦レ級「耐久モ低イシ、中破シタラ戦エナインダカラ下ガッテ!!」

空母ヲ級「デモ……ワタシ…ハ……空母ノ……フラグシップ……誇リガ……」

戦艦レ級「イイカラ! 私ガヤルカラ!! 艦載機モ私ノ方ガ強イモン!!」

空母ヲ級「ヲッ……」ガーン

戦艦レ級「ジャ、ホウゲキシテクルカラ、イイ子ニシテテネ!!」


空母ヲ級「………」

空母ヲ級「……ヲ……」トボトボ





提督A「うわああああ! まただ! またレ級だ!!」

提督B「なんだよ航空戦も砲撃戦も雷撃まで出来るとかないわーマジチート!!」

提督C「戦艦が雷撃とか構造的におかしいだろjk……」

提督A「……そうだ、航空戦と言えば空母ヲ級……」



空母ヲ級「……ヲ?」コソッ



提督A「アイツさ、昔はすごい強敵に思えたよな」

提督B「ああ、わかるわかる。九六式艦戦が何度も叩き落されて……」

提督C「かなり強い艦載機積んでるし、一生懸命対策したな……」



空母ヲ級「……ヲヲ……♪」ポッ



提督A「――でも、今じゃ単なる雑魚だよな」



空母ヲ級「ヲッ!?」ガーン



提督B「ぶっちゃけ潜水艦潰してくるフラ軽の方が怖いわ」

提督C「あーそれあるある。ヲ級とか気付けば中破してるし置物だな、置物」

提督A「つーかさ、艦載機もヲ級よりレ級の方が断然強いじゃん」

提督B「ホントそれな。航空戦で戦艦に負ける空母とかwww」

提督A「なwいwわーww ヲ級ちゃんマジ癒し担当wwww」

提督ABC「「「wwwwwwwwww」」」ゲラゲラ



空母ヲ級「ヲ……ヲヲヲ……」プルプル

空母ヲ級「……ヲヲ……ヲ……」ジワッ

 ヨロッ……

空母ヲ級「――ヲーーーーー!!」ダッ



~~~



響「で、気が付いたらここに居たそうだよ」

長月「……つまり、迷子か?」

電「鎮守府、案内しましょうか?」

龍田「それはダメ。パニックになっちゃうよ~」

空母ヲ級「……ヲ……」

響「……彼女は帰れないんじゃないよ、帰りたくないんだ」

祥鳳「?」

響「深海棲艦だから、海にさえ潜ればどこからでも帰れる筈だよ」

龍田「そういえば、そうね~……」

空母ヲ級「……帰ル…嫌……。ワタシ……役立タズ……」イヤイヤ

長月「なるほど、それで説得していたのか」

響「こちらとしても無意味な諍いは避けたいからね」

電「だ、大丈夫なのです、ヲ級さんだって皆に必要とされてるのです!」

空母ヲ級「……ワタシ…弱イ……。レ級……イレバイイ……」

長月「そんなことはないぞ、艦隊に必要なのは戦略とチームワークだ!」

祥鳳「そうですよ、いくら強い艦でも一隻では何も――」


戦艦レ級『アハハハハッ!! 艦載機ハッカーン!!』ゴウッ

戦艦レ級『砲撃スルヨ! ソーレッ! ドドーンッ!!』ドゴォォォォン!!

戦艦レ級『ハーイ雷撃イックヨー! エーイッ!!』バシュンッ!!


祥鳳「――……出来なくもない、ですけど……」

龍田「夜戦含めたら一隻で5回攻撃してくるものねー……」

空母ヲ級「……フラグシップ…ノ……誇リ……コンナトコロデ…失ウ……」ズーン

長月「余計落ち込ませてどーする!!」

龍田「うーん……困ったね~……」

響「見つかると騒ぎになるし、あまり長居させる訳にも……、……?」


 …チャーン ……ヲキュ…チャーン!!


空母ヲ級「ヲッ!?」ビクッ

響「……!、あのパーカー……それにあの尻尾……!」

祥鳳「あれはまさか……」


戦艦レ級「………」キョロキョロ


祥鳳「……戦艦レ級……!?」

龍田「流石にちょっとまずいわね~……」

長月「攻め込まれたら大変だぞ!」



戦艦レ級「……ッ……!」ギュッ



祥鳳「……待ってください。なんだか様子がおかしいです」

龍田「キョロキョロして、何かを探しているのかしら?」

電「(……なんだか、不安そうに見えるのです)」

空母ヲ級「……ヲ……アノレ級……」コソッ

響「……話に出ていた艦かい?」

空母ヲ級「………ヲ………」コク



戦艦レ級「ヲ級チャン! ヲ級チャーン!! ドコ行チャッタノサモウ!!」キョロキョロ



電「!」

長月「コイツを探しに来たのか……」

空母ヲ級「……レ級……」

龍田「これで、問題解決ね~」

響「……さ、仲間の下へお帰り」

空母ヲ級「………」

空母ヲ級「……ッ……、嫌……!!」

 「「!」」

空母ヲ級「ワタシ…ジブンカッテ……。レ級…怒ッテル。帰ルノ、嫌……!!」イヤイヤ

長月「そう言われても、こっちもギリギリだからな……」

電「きっと、謝れば許してもらえるのですよ」

空母ヲ級「……ヲヲ……嫌…イヤ……!!」


 「……ヲ級、チャン?」


空母ヲ級「ヲッ……!」


戦艦レ級「ヲ級チャン! 良カッ……、……ッ!?」ザッ


祥鳳「……!」ジリッ

響「………」スッ

空母ヲ級「……ヲヲ……」


戦艦レ級「艦娘……!? ヲ級チャン危ナイヨ! 早クコッチニ――」


空母ヲ級「……ヲッ……!!」

――ギュッ

響「……!……」


戦艦レ級「……ヲ級、チャン……? 何シテルノ!? 早ク戻ッテオイデ!!」


長月「コイツは、帰りたくないそうだぞ」

空母ヲ級「……ヲ……ヲ……!!」ギュゥゥゥ…

響「……ちなみに、私達は何もしていないよ。彼女からここに来たんだ」ギュゥギュゥ


戦艦レ級「ナッ……!? ドウイウ……」


響「どういうことかは、自分の胸に聞いてごらん」

空母ヲ級「……ワタシ…イラナイ……。アナタダケ…イレバイイ……!」キッ


戦艦レ級「!!」ハッ

戦艦レ級「(ヤッパリ、私ガアンナ事言ッタカラッ……)」


空母ヲ級「……ヲ……」ジワッ


戦艦レ級「(ドウシヨウ、アンナニ傷ツケチャウナンテ……)」

戦艦レ級「ゴ、ゴメンネ、ヲ級チャン。私、ソンナツモリジャ……」


電「……ならどうして、戦わなくていいなんて言ったのですか?」

長月「下がらせられる辛さは、お前にだって解るだろうに」


戦艦レ級「……、……ヲ級チャンニ、怪我シテホシク無カッタノ……」


空母ヲ級「……ヲッ……!?」


戦艦レ級「最近、艦娘達モ強クナッテイテ……ヲ級チャン、イツモボロボロ……」

戦艦レ級「コノママジャ、イツカ壊レチャウト思ッテ……!!」ジワッ


空母ヲ級「……ヲ、ヲヲ……」オロオロ

響「(……ほら、行きなよ)」スッ

空母ヲ級「……ヲ……」


戦艦レ級「ゴメン、ゴメンネヲ級チャン……私…自分ノコトバッカリデ……」

空母ヲ級「……レ級……、……ゴメンナサイ!」バッ

戦艦レ級「!」

空母ヲ級「……ワタシノコト…ソンナ風ニ……知ラナカッタ…ゴメンナサイ……」グスッ

空母ヲ級「嫌ワレテルト思ッテタ……デモ…違ッタ……ゴメンナサイ…ゴメンナサイ……!」

戦艦レ級「ヲ級チャンハ悪クナイヨ! 私ガ、私ガモットチャント話ヲシテイレバ……!!」

戦艦レ級「エグッ……ヲ級チャン……ゴメンネ…ゴメンネ……!!」グスッ


空母ヲ級・戦艦レ級「「――ウワァァァァァン!!」」ギュッ



長月「……やれやれ。ようやく一件落着か」

電「感動の再開なのです……!」ジーン

祥鳳「雨降って、地固まる……ですね……」ウルッ…

龍田「本当、良かったね~……」ニコニコ

響「感動している時間は無いよ。今やるべきことがある」スッ

長月「……やるべきこと?」


響「鬼の居ぬ間に5-5攻略」


 「「………」」


響「……今の内じゃない?」

長月「いや……そうかもしれないが……」

電「……響ちゃん、今結構良い話だったのですよ……?」

祥鳳「響さん、結構ちゃっかりしてますよね」

龍田「というか、あの展開の後に良くそんなこと……」

響「それはそれ、これはこれ、だよ。」






深海棲艦回。不器用なレ級ちゃんと気の弱いヲ級ちゃん。

5-5にためしに挑んでみたら玉砕した時に書いたものです、
このヲ級ちゃんとレ級ちゃんはもしかしたらまた登場する……かもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

>>戦艦が雷撃とか構造的におかしいだろjk……

ものすごくマジレスしたい・・・いらぬ雑学をばらまきたい・・・!
か、艦首は今レーダー積む所だけど昔は特に積む様なものがないから積める事は積めると思うの・・・ただ艦首の方向にしか魚雷が撃てないから単縦陣だと場所によっては同士討ちしてしまうから積まないだけだと思うの・・・つまりレ級ちゃんは駆逐艦のようにかなり喫水線が低い戦艦で甲板から魚雷をバシュバシュ投下できる航空戦艦であるか一人だけなんか違う陣形を取っている可能性が(ry

ヲ級ちゃんは島風につぐ新参ホイホイだろ!!いらない子じゃないんや!じゃけんフラヌ、貴様は帰れ
空母を越える実力・・・まさかの航空戦艦の時代か

レ級は雷撃もしてくる・・・(伊勢日向を見ながら)

艦載機なんて開幕だけじゃないですか・・・あの耐久力と砲撃の強さが問題なんですよね・・・艦載機なんてないものと考えてます、はい、ズイウンマイフレンド
艦載機で思い出しましたけどボーキ4000溶かしてできた烈風が一個だけとかどういうことですか
5-5どころか1-5も攻略できませんよロクに対潜装備作ってないからね!
4隻だけでどうやってフラ潜沈めりゃええねん!

にしても深海棲艦ってどのあたりのレベルから言葉話せるんでしょうね、駆逐は無理だとして軽巡もムリそう、雷巡や重巡は喋れそう・・・?

>5-5玉砕 プギャーwwwwwwww

大和さんのお陰で突破出来ました本当に嬉しかったです^^
とりあえずあんな海域はもう滅多な事がない限り行きません
効率の良い突破方法が見付かるか大和さんと武蔵さんが150まで上がったらまた行きます
ボーナス凄いからね、しょうがないよね

深海棲艦は……うん、ヲ級ちゃんだけ知能が低いって事じゃないのかな(適当)
深海では声を出してもゴボゴボ音がするだけだから意味が無いってアンソ□とかいう薄くない薄い本に書いてあった、うん

>提督「ヲ級とかいう癒し担当wwwwwwwww」
なにか間違っとるんか?お゙ゔっ゙?お゙ゔっ゙?

なにこの昼ドラ…

自分にコンプレックス持ってるヲ級ちゃんと、不器用だけど根っこは優しいレ級ちゃん…何これ…あれ、涙が…。
とりあえず響ちゃんはイケメンすぎて助演男優賞とってもおかしくないレベル。でもちゃっかりしてる響ちゃんやっぱり可愛い!

こういうのってアニメだと大体10話くらいにありそうな展開(

No title

マキJOYさん>

雑学はどうでもいいので
一隻で2、3隻中大破させてくるレ級ちゃん止めてください(血涙)

1-5に限っては航空戦艦の時代でした
(扶桑さんよしよししながら)


TAKOさん>

烈風ガン積みで押し負ける加賀さん見てると
そんなこと言ってらんないんですよ……

っていうか空母機動部隊推奨なのにあの艦載機出されると
空母引っ込めた方がなんとかなるから祥鳳さん活躍出来なくて困る(・ω・` )

烈風と対潜はデイリーでチマチマ作っておくものなのです。
ちなみに1-5は私の場合晴嵐3瑞雲1の扶桑さん旗艦で、
あきつ装備対潜特化祥鳳さんと三式+爆雷の神通ちゃんと那珂ちゃんで突破しました。


ジオットさん>

レ級ちゃんが次のイベントでも
出て来るかと思うと震えが止まりません(震え声)

ヲ級ちゃんマジ天使だと思ってる(真顔)


ウバメさん>

響ちゃんは回が増すごとに
イケメン度が上がってる気がしますw

イケメンオーラだけなら戦艦級ですね

No title

>戦艦が雷撃
一応WWⅠ期当りだと普通の話
その後の技術発達で戦艦は雷撃捨ててでも、砲撃火力と装甲防御を向上させる方向へ行ったから……
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。