スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビスマルク「ここがニッポンの鎮守府ね」



ビスマルク「どんなところなのかしら。私に相応しい場所だといいけれど……」

ビスマルク「………」

ビスマルク「……誰も居ないの?」キョロキョロ



電「(……外人さんなのです……)」コソッ

長月「(……あれが響の言っていた……?)」コソッ

潮「(……ちょ、ちょっと厳しそうな人……ですね……)」コソッ


ビスマルク「(あら、物陰に小さい子達が……このビスマルクに興味深々ね)」クスッ

ビスマルク「――Guten Tag!!」ザッ


電「(何言ってるかわからないけど……、……お、怒ってるのかな……?)」ビクッ

長月「(やべぇ外国語だ! どうする!? どうする私!?)」ビクッ

潮「(あ、謝らないと、えっと、えっと……!!)」ビクッ

ビスマルク「私はビスマルク型の――」

電「はわわわっ、ごめんなさいなのです!!」ダッ

長月「アー、アイム、の、ノーイングリッシュ!!」ダッ

潮「えっと、あの、あの……ソ、ソーリー!!」ダッ

ビスマルク「えっ!? ちょっ……」


 ……しーん……


ビスマルク「……あ……」

ビスマルク「………」シュン



~~~


 ヒソヒソ ザワザワ…


那珂「(わー、金髪だー、蒼目だー……海外モデルさんかな?)」コソッ

川内「(……あんまり夜戦好きそうじゃないなぁ……)」コソッ

神通「(ふ、二人とも、あんまりジロジロ見たら失礼だから……)」コソッ



ビスマルク「………」スタスタ

ビスマルク「………」チラッ


天龍「(うおっ、こっち見た! ……俺もあんな帽子被ってみようかな……)」コソッ

龍田「(外見から入るのやめようよ、天龍ちゃん……)」コソッ

北上「(いいねー、痺れるねぇー……! アタシも生まれ変わったら戦艦が良いな)」コソッ

大井「(北上さんは今のままで充分ステキですよ)」コソッ


ビスマルク「……ふぅ……」ファサァッ


夕立「(はわー! ファサァって! ファサァッってしたっぽい!!)」コソッ

時雨「(やっぱり金髪美女がやると映えるね……)」コソッ

天龍「(あの物憂げな表情……カッケーなぁ! いいなぁ!!)」コソッ

龍田「(きっと、私達には想像もつかないような悩みがあるのでしょうね~……)」コソッ


ビスマルク「………」バッ


 「「!!」」


 サッ ササッ



ビスマルク「(……何故なの……)」

ビスマルク「(何故こんなにも遠巻きにされるの……!?)」ワナワナ

ビスマルク「(挨拶したら逃げていくし……私は試されているの……!?)」

ビスマルク「(……逃げていく? そういえば、日本にはそんな文化があったような……)」ムムム…

ビスマルク「(なんだっけ……、に……Ni……)」

ビスマルク「(そう、NINJA!!)」

ビスマルク「(なるほど、NINJA文明は艦娘にもあったのね!!)」パァァッ



川内「(あ、急に明るくなった)」コソッ

那珂「(良いことあったのカナ?)」コソッ

夕立「(すごくスッキリした顔してるっぽい!)」コソッ

時雨「(ホントだ、カッコイイなぁ……)」コソッ



ビスマルク「(フフ……そうとなれば、私もNINJAとして認めて貰えるようになるまでよ!!)」



~~~


ビスマルク「………」ザッ

Z1(レーベレヒト・マース)「あっ! ビスマルクさん! やっといらっしゃ……」ピタッ

ビスマルク「……どうしたの?」

Z1「……い、いや……、……あの、その恰好は……?」

ビスマルク「NINJAよ」

Z1「えっ」

ビスマルク「いえ、女性の場合はCUNOICHIだったわね」

Z1「……はぁ……」

ビスマルク「軽装で機動性を残しつつも、顔を隠して素性は見せない……合理的だわ」

Z1「(この人は何を言ってるんだろう……)」

ビスマルク「あなたはもうNINJAになれたのかしら?」

Z1「え、いや……」

ビスマルク「そう。私は今に立派なNINJAになって馴染んで見せるから、マースも頑張りなさい」ポンッ

Z1「………」

Z1「……えっ……」




Z1「えっ?」



~~~



Z1『憧れの超弩級戦艦さんに久々に会ったら忍者にジョブチェンジしていた』

Z1『何を言っているかわからないと思うけど僕もわけがわからないよ……』

伊8「――って、最近来たドイツの駆逐艦が相談してきたけど……」


ビスマルク「(歩くときは手足を一緒に出して捻りを最小限に……)」スッスッ

ビスマルク「(ふふ……我ながら中々様になっているんじゃないかしら)」ファサッ



伊8「あれは重症だわ……」






伊8「グーテンターク、ちょっと良いかしら?」

ビスマルク「!、気配なくこの私に近寄るなんて、何奴!?」バッ

伊8「潜水艦、伊8……ハチです」

ビスマルク「なるほど、潜水艦……。Guten Tag! ビスマルクよ、貴方もドイツの?」

伊8「いいえ。言語を少々学んではいるけれど日本の艦です。……それより」

ビスマルク「?」

伊8「なんなんです、その変な格好は」

ビスマルク「!?」ガーン

伊8「白昼堂々コスプレなんてきょうび駆逐艦でもしませんよ……」

ビスマルク「だ、だってNINJAが……」

伊8「忍者はもう滅亡しました」

ビスマルク「」

伊8「なんで普通にショック受けた顔してるんですか!? 創作ですよあんなの!!」

ビスマルク「」

伊8「しっかりしてください泣いてましたよマースさん!」

ビスマルク「ハッ……、……な、なら私が遠巻きにされていたのは一体……?」

伊8「知りませんよ避けられてたんじゃないですか普通に」

ビスマルク「……ッッ!? さ、避けられていた!? 私が!?」ガーン

伊8「ほら、貴方の服装っていかにも軍人って感じじゃありませんか。うちカジュアルな職場なんで…」

ビスマルク「ああ、それでスクール水着を?」

伊8「いやこれは私達の制服なんですけど」

ビスマルク「………、大丈夫なのこの職場」

伊8「………、……まあ、ブラックですね」

ビスマルク「………」

伊8「いえ……戦艦さん達にとっては普通だと思うので、はい……」

ビスマルク「(この子……人生に疲れ切った目をしているわ……)」

伊8「ああ……一度で良いから何もかも放り出して、のんびりシュトーレンを食べたい……」

ビスマルク「Stollen? ならお土産に持って来てるけど……」

伊8「本当ですか!?」パァッ

ビスマルク「良い機会だし、レーベとマックスも呼んでティータイムにしましょうか」



~~~


Z1「だから本当なんだよマックス! ビスマルクさんが……」

Z3(マックス・シュルツ)「………」

Z1「NINJAなんてよくわからないし、僕どうしたら……」

Z3「………」

Z1「……聞いてる?」

Z3「レーベ、あなた疲れているのよ……」

Z1「可哀想な人を見る目やめて!!」

Z3「そうよね、慣れない場所で一人は辛かったわよね……。ごめんね、遅れて」

Z1「だからそういうのじゃないんだって! あっ、ほら!!」


ビスマルク「おーい! レーベ、マックス!!」

伊8「アハトアハト!」


Z3「……!?(忍者の格好したビスマルクさんがスク水と歩いてる……)」

Z1「ねっ?」

Z3「レーベ。私、疲れているのかしら……」

Z1「これが現実だよマックス……」



~~~


伊8「シュトーレン……やっぱり美味しいです……♪」

ビスマルク「こちらでは手に入らないの?」

伊8「はい。まだあまり馴染ないようで……」

Z3「……そういえば、売っていなかったわね……」

Z1「そうなんだ。僕も買って来れば良かったかな」

ビスマルク「……んー……」

Z1「どうしました? ビスマルクさん」

ビスマルク「いや、なんで私はあんなに避けられてたのかと……」

伊8「なんかやらかしたんじゃありませんか?」

ビスマルク「ただ挨拶して回っただけよ」

Z1「僕も挨拶回りはしたけど、普通だったよ?」

Z3「私も……受け入れて貰えたけれど」

伊8「……ちなみに、どのように挨拶しました?」

ビスマルク「戦艦らしく胸を張って――Guten Tag!! って」

伊8「あ、それですね」

ビスマルク「え?」

伊8「ドイツ語って、わからない人が聞くと怒ってるように聞こえるんですよ」

Z1「え、そうなの!?」

Z3「……それは初耳……」

伊8「百聞は一見に如かず、ちょっとドイツ語で会話してみましょう」

ビスマルク「そうね、……では、Obwohl es eine Rede einer Reise ist――」


~~~



 ガチャッ!!


 「「!!」」


祥鳳「口論が聞こえたから様子を……、……あれ?」

長月「……喧嘩してるんじゃないのか?」

電「仲良くお茶してるのです?」


伊8「……ほらね? 特にビスマルクさんは語調が強いから……」

ビスマルク「……なるほど……」

Z1「誤解を解くなら今の内ですよ」

Z3「……がんばってください……」


響「……誤解?」






電「ご、ごめんなさいなのです!」

長月「悪かった、そんなつもりは……」

ビスマルク「……え? 避けていたわけじゃなかったの?」

祥鳳「ピシッとしていたから、どう声を掛けていいのかわからなくて……」

潮「……あと、日本語通じるのかも……」

伊8「つまり、国外スターでも見るような感覚だったってことですね」

響「他のみんなもそうだと思うよ。みんな好奇心旺盛だから……、すまなかった」

ビスマルク「いえ、良く思われていたのなら悪い気はしないわ」ファサッ

電「や、やっぱり格好良いのです……!」

長月「そのファサァッってテクニック私にも教えてくれ!!」

ビスマルク「?」

響「……まあ、なにはともあれ、これからもよろしく頼むよ」

祥鳳「ビスマルクさん、よろしくお願いします!」

ビスマルク「ええ。よろしくね!」











オマケ


『超フォーマルと超カジュアル』


ビスマルク「……貴方、なんだかとても練度が高く見えるわ」

祥鳳「そ、そうですか?」

響「祥鳳はこう見えて提督の秘書艦なんだよ」

ビスマルク「なるほどね……、………」

祥鳳「………」

ビスマルク「………」

祥鳳「……あ、あの……なんですか?」

ビスマルク「いや、ここって本当にカジュアルなのねって……」

祥鳳「え?」

ビスマルク「だって秘書艦が半裸の鎮守府なんて初めて見たから……」

祥鳳「」グサッ

ビスマルク「あれ? どうかしたの?」

響「……あの、祥鳳に半裸は禁句だから……」

長月「結構気にしてるらしいぞ」

ビスマルク「じゃあ着ればいいんじゃないの!?」

Z1「日本の文化は難しいですね……」

Z3「……文化……なの?」





ビスマルクさんとZ3ちゃんお迎え記念。
とりあえず改造までは育てました(・ω・´*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

NINJA

↑あえて英語なのがww

ていうか何故「逃げる=忍者」になるんでしょうw
そういう外国人の方居ますよねww
「ニンジャはニポーンのブンカ!(キリッ」
↑ふざけましたすみませn((

ビスマルクさんは日本語お上手なのに文化になるといろいろ間違っているww
私もまあ…はい、そうですね…(ロリ時代忍者は実在すると思っていた)

私艦これもう諦めようかしr「諦めないで!((」
…私最近調子乗ってますねすみません。

No title

そのシュトーレンとやらをください(・ω・)美味しそう

パソコンの画面にヒビ入ってパソコンできないよ・・・いまうっているの3DSだよ・・・おこずかいたまったらノートパソコン買おうかな・・・なぜノートかって?重たいんだもん。掃除の時移動が面倒だし・・・

来たんですね!

遂にビスマルクさんが雛鳥提督のとこに!
おめでとうございます!
艦これやりたいんですけど親が
「お前がネトゲやると廃人コース一直線だからやるな」
と言うんですよ。


大和さんは来そうですか?

ん?

なんだか前に同じ記事を見たような・・・?気のせいかな


ビスマルクちゃんかわいいなー・・・
早く潜水艦の任務終わらせなきゃ(使命感)
でも母港枠もないから拡張しないと・・・お金ないな・・・バイトするしか・・・?働きたくないでござる・・・
ドイツって馴染みが浅いのであまり知らないですねー・・・ビールとソーセージくらいか・・・ビスちゃんはビールガバガバ飲むのかな

潜水艦もそうだけどしばらくはひえーちゃん育てないとなぁ・・・榛名改弐実装までに育てなきゃ一人だけ仲間外れになっちゃう
途中からあんま育ててなくて20以上レベルに差があったはずの霧島の方が先に改弐になってるってどういうことなの(白目

半裸を気にしてる?

あの世界に裸とかそういう概念あったのか(真顔)

ビスマルクちゃんはケッコンした時に「こ、こんなモノを私に……?も、もう返さないんだからねっ!///」とか言ってたのがとっても可愛かったです(KONAMI)
とりあえずビスマルクちゃんとかレーベ君とか凄い戦力がやってきたので夏が楽しみです(ニッコリ)
あ~^夏と冬の為だけに働くのは辛いんじゃ…Pやってた頃の方がまだ働く理由があったんじゃ……九州にコミケが来ればいいんじゃ……

NINJA舐めんなよNINJA
NINJAはピタゴラスの定理使って池の深さとか計算したり頭良かったんだぞNINJA
現代になっても盾にしか使えぬナイトよりNINJAの時代でござるよ

(艦これのような軽めのブラウザゲームをやり込んだくらいで廃人とか)ないです

あれぇ?なんでだろうなぁ

このお話デジャヴだよぉ~^p^

ドイツ語の語調が強いのは某伍長閣下のアレをみるとすごくわかるね!みんなイライラしてるように見えるけどその通りだからね!!あれ?

Z1「……い、いや……、……あの、その恰好は……?」

ビスマルク「NINJAよ」

対魔忍ビスマルクか・・・アヘ顔即堕ちが捗るな・・・

や、やめて!!半裸は日本の文化だから!やめてあげて!!
ところで祥鳳さんって隠れてる方の肩に龍とか桜とか入ってそう(偏見

ところでドイツ艦って一隻だけじゃないんですか?(震え声

NINJA、HUZIYAMA、SHUSI、これ日本の文化

「外国人から見た日本」のテンプレですねw普段クールだからこそこういう勘違いしてるのが可愛い。

伊8ちゃんはドイツ語をいつの間に習得したんですかね…
ただでさえブラックな環境の中で他言語やるなんてよっぽどのドMなのかそれとも第二外国語もブラック職場の研修の1つなのか…

ところでこのssにデジャヴを感じるのですが(

No title

ゆーさん>

逃げる→素性を隠す→そうか忍者か!
という発想ですw


ソーラさん>

ドイツの甘いケーキみたいな
保存食らしいです、シュトーレン。

一回食べてみたいなー


高野豆腐さん>

ビスマルクさん王道可愛いです!

……知らない子ですね(すっとぼけ)


TAKOさん>

潜水艦任務は早めにやっておいたほうがいいですよ、
イベント重なると出すに出せませんから……


ジオットさん>

一応脱げたら恥じらうしあるんじゃないですかね(適当)
ビスマルクちゃん可愛いけど春イベに出すにはレベリングが足りない…!


マキJOYさん>

何故だ……何故皆に指摘される……
我がステルス『緊急時期合わせ記事摩り替え』は完璧に発動したはずなのに……!!

三隻です(ニッコリ)


ウバメさん>

はっちゃんは元々遣独潜水艦作戦で
ドイツ派遣され生還した艦なので語学を学んでいたのでしょう

気のせいです。
一度下げて別のssに差し替えたとかないです(震え声)
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。