スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電「空母ごっこなのです」



電「艦載機さん、はっしーんなのです!」

烈風A「……!……」バッ

長月「ふふっ、負けるな! こっちも発進だぁ!!」

烈風B「……!……」バッ


 ヒュンヒュンッ


響「これはいい迫力だね。ハラショー」

潮「ひっ!? こ、こっち来ないでくださいー!!」

電「やっぱり烈風ちゃんは凄いのです!」

長月「九九式とは比べ物にならねーな」

龍田「楽しそうね~、なにしてるの~?」


烈風A&B「「……!」」ヒュヒュンッ!


龍田「……って、烈風……?」

電「空母ごっこなのです!」

長月「ビュンって飛ばすんだぜ!!」

龍田「憧れる気持ちはわかるけど、艦載機で遊んだらダメでしょ~?」メッ

響「……それもそうだね」

潮「あうっ……、ご、ごめんなさい!」

龍田「見た目は可愛いけど、戦争の道具ってことを忘れちゃいけないよ~?」

電「うぅ……ごめんなさいなのです……」シュン

長月「悪かった、ちょっとはしゃぎすぎたよ……」シュン

龍田「遊ぶのはいいことだけど、実行に移す前にちゃんと考えてから――」

赤城「まあまあ、龍田さんそれくらいに……」

祥鳳「この子達も反省してますから……」

烈風A「………」ショボン

烈風B「………」シュゥン

赤城「それに、貸したのは私達だし、そんなに叱らないであげて?」

龍田「あなた達が貸したんですか~? 子供に悪い遊びを教えちゃダメでしょう?」

祥鳳「うっ……だ、だって、すごく物欲しそうに見てたから……」

赤城「……つい……この子達も遊びたがってたし」

龍田「うっかり衝突して爆発させたりしたら大事ですよ? ちゃんと考えてます~?」

祥鳳「あ、そ、そうですよね……ごめんなさい……」

赤城「ちょっとくらい大丈夫よ、この子達も実戦慣れしてて練度が高いし――」

龍田「それを慢心と言うんです!」

赤城「あうっ!」グサッ


電「赤城さん、祥鳳さん、艦載機をお返しするのです!」

烈風A&B「「………」」

長月「ってあれ、これどっちがどっちのだ?」

潮「……うーん……」

龍田「どっちも同じ種類だし……、そうだ、お二方ならわかるのでは?」

電「見分けるポイントとかあるのですか?」

祥鳳「はい、簡単ですよ」

烈風A&B「「!」」キラキラ

長月「流石空母だな、やっぱり私たちとは違――」

赤城「呼んだら来るのが自分の艦載機よ」

烈風A&B「「!?」」ガーン

長月「――そんな見分け方なのかよ!!」ガーン

龍田「……まあ、それはそうよね~……」

響「そんなことしなくても、判断する方法があるよ」

電「響ちゃん、わかるのですか!?」

祥鳳「私達でも見分けられないのに……」

響「簡単だよ。話してみるね」


響「烈風さん。あなた達のおかげで鎮守府のボーキサイトは守られているんだ」

烈風A&B「「!」」

響「いつもありがとう。感謝しているよ。これからもよろしくね」

烈風A「トーゼンデス コノワタシガイレバ コウクウセンハ アンタイデス オマカセクダサイ!」フンッ

烈風B「ワタシガ カツヤクシタンデスカ!? ヤッタァァッ! ウレシイ!! コレカラモガンバリマスッ!! ヨロシクデス!!」ハァハァ


響「Aが赤城、Bが祥鳳のだね」

龍田「待ってその前にその子達喋るの!?」

長月「知らなかった……教えといてくれよ」

祥鳳「(……言えない……!)」

赤城「(……私達も、知らなかっただなんて……!)」


烈風A「ワタシ チョットツヨスギマスヨネ マケルキガシマセン」

烈風B「ツギモ カツヤクデキルカナ カツヤクシタイナ… ワタシダッテカンサイキダモン」


響「慢心してる方が赤城、コンプレックス強そうな方が祥鳳で覚えるといいよ」

赤城「慢心っ!?」グサッ

祥鳳「コンプレックス……」グサッ

龍田「……艦載機って、持ち主に似るものなのね~……」

長月「アレだろ、ペットは飼い主に似る、みたいな」

電「なるほどなのです!」

潮「ちょっと違う気がしますけど……」



~~~



響「そういえばさ、この艦隊ってMVP獲った時の温度差が激しいよね」

長月「ん、そうか?」

龍田「あぁ……確かに、温度差すごいよね~」

電「なのですか? 意識したことなかったのです」

潮「……私も……」

響「やってみればわかるよ」

長月「よし! じゃあ気になるし試してみるか!!」

祥鳳「えっ、今やるんですか?」

響「思い立ったらなんとやら、だよ……いいよね?」

赤城「ええ。そのくらいなら付き合うわよ」



電「戦争には勝ちたいけど、命は助けたいって……おかしいですか?」

響「勝利か……いい響きだな、嫌いじゃない」

龍田「え? 私? 私なんてまだまだだよ~、ほらぁ、天龍ちゃんが物凄い顔で睨んでるし……」クスクス

赤城「この勝利に慢心しては駄目。索敵や先制を大事にしないと……って頭の中で何かが?」

長月「どんなに仲間が増えようとも、私を凌駕する艦はいないようだなっ!」キリッ

潮「私でも、お役に立てたのでしょうか……あぁっ、みんなっ見ないでくださいっ! 恥ずかしいよぉ!!」

祥鳳「ッやぁったあぁぁああ!! やりましたぁっ! ぁたしっ! 嬉しいっ!! これからも頑張りますねっ!!」ハァハァ


 「「………」」


響「ほらね」

赤城「本当ね。……それにしても、私の頭で囁いてるのは一体なんなのかしら……」

龍田「普通は若いうちに治るものなんですけどね~……」

赤城「中二病ではないから!!」

長月「電、お前意外と冷静なんだな」

電「戦いは好きではないのです、勝ってもあまり嬉しくないのです……」

潮「電ちゃんは優しいですからね。自分が少し恥ずかしいです」

響「いや……それより恥ずかしいのは……」チラッ


祥鳳「………///」カァァ


響「初めて聞いた時ビックリしたよね」

龍田「そうね~、私も驚いたわ~……」



~~回想~~



祥鳳「ふぅ……戦闘終了ですね」

長月「無事に撃破することができたな、完全勝利だ!」

潮「開幕の爆撃、とても強かったです!」

電「空母ってすごいのです!」

響「今までとは段違いの戦闘効率だね。勿論今回のMVPも……」

祥鳳「え、MVP……やっ……」フルフル

龍田「おめでとう、祥鳳さ――」

祥鳳「――やあったぁああぁぁ!!」グッ

龍田「!?」ビクッ

潮「ひゃっ!?」ビクッ

祥鳳「やりましたぁっ! ぁたしっ! 嬉しいっ!! これからも頑張りますねっ!!」ハァハァ

長月「お、おう……良かったな」

電「……お、おめでとうございます……」

響「……、………おめでとう」



~~~



響「変な空気になったよね」

長月「大人しい艦だと思ってたから、ギャップがな……」

潮「あそこまで息を切らして喜ばれると……なんというか……」

龍田「……引いちゃうわよね~……」

赤城「(話に入れない)」

祥鳳「そこまで言わなくてもいいじゃないですか!」

電「わ、私は良いと思いますよ? こっちまで嬉しくなるのです」

響「感情を表に出すのは悪いことじゃ無い」

祥鳳「響さんにそう言われると複雑です……」

響「私の感情はいつもフルオープンだよ」

祥鳳「それ絶対嘘ですよね!?」

電「ババ抜きすごく強いのですよ、響ちゃん」

長月「最早チートの領域だよな」

龍田「私も、響ちゃんには勝てないわね~……」

祥鳳「むしろポーカーフェイスじゃないですか!」

響「顔には出ないだけさ」

祥鳳「なら何に出ると……」

電・龍田「「効果音」」

祥鳳「!?」

龍田「ほら、例えば嬉しい時は……」

響「………」パァッ

龍田「ね?」

祥鳳「いや、『ね?』じゃないですからね! 何も解決してませんよ!?」

響「そんなこと言われても」オロオロ

祥鳳「ああもう無表情で効果音着けないでください余計に混乱する!!」

長月「響、祥鳳からかうのもそのへんにしておけよー」

響「りょーかい」

祥鳳「えっ、今のからかわれてたんですか!?」ガーン

電「響ちゃん楽しそうでしたよね」

龍田「ええ。私もつい便乗しちゃったわ~」

祥鳳「(……響さん、奥が深い……)」グヌヌ






かなり昔に書いたやつ。
ネタが無いので急遽投入!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

艦載機って喋るんですね…(いやないだろ)
電たんは相変わらず優しいぜ…あぁっなでなでしたいっ(ハァハァ
響ちゃんが感情を表に出すとこ見てみたいですね。そして写真を…

響「……」カチャッ
コ「え、響さん、ちょ、まっ…」
チュドーーン

No title

「此処の第一次艦隊可愛いんですけど!
クールな響ちゃんと
コンプレックスが強い祥鳳さんが・・・
ほぉしぃいぃぃぃぃぃぃぃぃ」
モブ1「失礼します!」
モブ2「海上航空レーダーシステムに感有り」
モブ3「魚雷多数」
モブ4「艦載機多数」
上官「この海上基地を放棄する」
我「え”!置いてかないdズドーン色付きの文字

No title

何かな変
になってた

春イベ始まりましたね!

改弐にしたばっかりの金剛ちゃんたちをちゃんと運用する時が来ました!今回は最終海域まで突破してやる勢いですよ!

まぁ支援艦隊に大和とか長門とか陸奥とかブッこんだら弾薬がマッハでもう動けないんですけどね

今回のイベント海域では大和が泥するとかっていう噂を聞きました、あと武蔵が大型艦建造で実装?いろいろ情報が交錯しています

枠もうないからあんまり持ってない子出てこないでほしいわー()



響ちゃんはかわいい(確信)
効果音で感情表現なんて・・・なんてメタいの
ペットが飼い主に似るのって、子供が親に似るのとも共通してません?
自分の側にいたり世話してくれる人とかに似るようになるんですかね
でも雛嬢さんと猫ちゃん達は似てるのかn(ry

なんでや!!祥鳳さん

ハァハァまでは言ってないやろ!!いいそうだけども!!

ところで祥鳳さん、アナタを超える露.出度の利根筑摩姉妹が現れましたよ・・・ついに待望の穿いてないですよ穿いてない!!これはもう祥鳳さんが着てないの新ジャンルを開墾するしかないんじゃないんですか!!(必死

烈風を10機持ってれば一流、そう思っていたときが私にもありました・・・(烈風改を見ながら

ペットは飼い主に似るって

要するに雛嬢さんはショタコンということなんですね!!(迫真)

烈風さんが喋るという情報を響ちゃんはどうやって手に入れたのやら。相変わらずミステリアスな娘ですね…
響ちゃんに質問すれば世の中の大半の疑問は解決しそうな気がするのです(

「元」文学少年でイエローファイターの震電さんはまだですか?(半ギレ)

たった一機で空母や戦艦沈める伝説のJu-87は無いんですか(迫真)
救いは無いんですか(三段真顔)

潮ちゃんはもっと可愛がられるべきだってわかんだね
薄い本はデースとパンパカパーンとオ゙ヴオ゙ヴッ゙の独壇場だから大人しい娘に切り替えていくんや
それにお兄さん自身にも潮ちゃんを脱がせる喜びはあった(ニッコリ)

と言うかメガネっ娘がハイパーズとデース以外のMVPの台詞を覚えていた事に驚きました(KONAMI)
戦争って、悲しいね……(遠い目)

No title

コサインさん>

艦載機は個人的に
人退の妖精さんみたいなのイメージしてますw


高野豆腐さん>

初期からずっと使ってる
(別名:旅パ)
お気に入りのメンバーですw


TAKOさん>

支援なんて駆逐2軽母2で充分だというのに
何故そんな無茶を……

ところがどっこい、あの猫どっちも私のじゃない
(チロルは父の、チビは母の)

犬は私のです(


マキJOYさん>

祥鳳さんのボイスって
「やぁったぁぁ!(はぁっ)やりましたっ(はぁっ)私っ!(はぁっ)嬉しいぃっ!!」
みたいな感じなのでぶっちゃけハァハァ言ってますw

ケッコンしてから祥鳳さんのMVP聞くことが増えて嬉しい


ウバメさん>

何回かブログに書いた通りチロルは
お父さんの猫だから……まあ……

響ちゃんはメタ側の艦なので大体知ってます(メタ発言)


ジオットさん>

昔は皆万遍なくMVP取ってたなぁ……
昔は……うん……3-2とかで長月ちゃんも取ってたっけなぁ(遠い目)
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。