スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよ☆ラジオ!

アルル「リスナーのみなさまこんにちは! ぷよ☆ラジの時間だよ!」

アミティ「本日はP.N『ちいら』さんと『アヤノ』さんからの特別リクエスト!」


アルル「あれ? 連名なの?」

アミティ「いや、放送局がうっかり内容が被ったリクエスト受けちゃって……」

レイ「(プレート:誠に申し訳ありませんでした)」

アルル「これからはちゃんと確認しなきゃだね。……で、内容は?」

アミティ「えっと、また皆でカラオケ行ってほしいって内容だったよ!」

アルル「そうなんだ、楽しいよねカラオケ」

アミティ「うん! 早速皆に連絡しよう!」


~~~



ラグ「ここが会場か」

レティ「おじゃましまーす、はちょっとおかしいかな?」

ホーリー「お待たせしました、が正解です」ファサッ

アミティ「あ、いらっしゃい!」

アルル「もう皆揃ってるよ!」

ラフィーナ「ごきげんよう、ですわ」

シグ「……んー……」

サタン「ここも大分慣れたな」

ドラコ「賑やかで良いですよね!」

ウィッチ「歌うのは好きだけど、騒がしくてあまり好みじゃありませんわ」

あやクル「これで全員か、誰から歌う?」

クルーク(魂)「っていうか今回僕最初からこの状態!?」

アミティ「よし、やっぱり最初はあたしからで!」

アルル「いいよ、何歌うの?」

アミティ「聞いてからのお楽しみ! ラフィーナ、アレ歌うよー」

ラフィーナ「はい、了解ですわ」

アルル「ラフィーナも一緒に歌うんだ」

シグ「(……こっち、みた?)」キョトン




ラフィーナ「ドキドキハラハラこんなの初めてどこまで私の気持ちを弄ぶの?」

アミティ「ムシムシムリムリ突然始まる大スペクタクル あっと言わせたいために すべてをかけてるの!?」

ラフィーナ「毎日、大迷惑! お気楽マイペース オ・ト・コ・ノ・コ♪」

アミティ「とぼけた顔、してもダメだよー♪」

ラフィーナ「絶対、大迷惑! だけどつい見ちゃうの」

アミティ「キ・ミ・の・こ・とー、気になって! 今度は何するのー♪」




アルル「……あれ? この歌って……」チラッ

クルーク(魂)「もしかして……」チラッ

あやクル「………」チラッ

シグ「?」



ラフィーナ「空気も読まずにどうしてそこまで自分の世界に無邪気に入りこめるの?」

アミティ「ホントにバカバカそのエネルギーを何かもっと
     ほかのことに使えばいいのに! オトコノコってわっかんない――」


アミティ「――毎日、大迷惑! お気楽マニアック キミのことー、誰より、詳しくなってくー♪」

ラフィーナ「ゆらゆら揺れ動く~、この胸のまんなかー」

アミティ「ブレーキかけるけどー」

ラフィーナ「やっぱりその先は……」

アミティ・ラフィーナ「「や・め・て!」」





静りんご「誰かに向けられている歌のようですね?」

アミティ「うん、主に隣で目を開けたまま寝てたり虫の模型組んでたりする人に」

ラフィーナ「というかシグさんに」

シグ「そう?」

アミティ「気が散るから授業は真面目に受けてよね、もう!」

クルーク(魂)「シグもキミには言われたくないと思うぞ」

アミティ「シグのせいでテストは0点だし先生には怒られるし宿題忘れるし散々だよ!!」

シグ「え」

クルーク(魂)「責任をなすりつけるんじゃない!」

ラフィーナ「実際問題気は散りますけどね、私も席替えで隣になったとき少し点数落ちたし」

アルル「次どうする?」

ドラコ「じゃあ次はあたし達三人で歌いましょうよ!」

サタン「ん、別に構わんが……」

ドラコ「それっぽい替え歌も作ってきましたよ! ほら、歌詞カード!」ピラッ

ウィッチ「また勝手な……まあいいわ、歌いますわよ!」



ウィッチ「ピッピコピッピコ回るウィッチ☆アクティビティ♪」

ドラコ「その気その時! 勢い乗ってけ乗ってけ!」

ウィッチ「ウィッチ☆ウィッチ魔と人間♪ 魔女と魔導師こんがらがっちゃうかもね♪」

サタン「タッタカタッタカ起こせファンシークライシス!」

ドラコ「24時間どっちもこっちもWitch! Witch!!」


ドラコ「竜も登れば翼バサバサ心ウキウキさせちゃってー!」

サタン「ヒジョーシキとか当たり前だぞ、魔法使うなら好き勝手!」

ウィッチ「とにもかくにも瞳キラキラ、胸がきゅんきゅん、しちゃって♪」

ドラコ「それが恋なら当たって砕けろ!」

ウィッチ「呪文のスペルは『好きなんです』♪」





サタン「ほう、中々私達らしい歌だな」

ドラコ「でしょ? でしょ?」

ウィッチ「悪くありませんでしたわね」

アルル「サタンの好き勝手した非常識は本当に非常識だけどね」

サタン「た、太陽のことはほら……若かりし過ちと言うか……」サッ

アルル「若いもなにもあれから加算された年齢誤差の範囲だよね!?」

アミティ「ねえねえ、魔女と魔導師っておんなじじゃないの?」

ウィッチ「これだから人間は……魔女は生まれつき大量の魔力を持った存在で、
     人間は体の奥から魔力を引き出したり、精霊の手助けで魔法を使いますのよ」

サタン「分かりやすく言えば、人は体組織の中に精神エネルギーとして魔力が埋まっているが、
    魔族は体組織自体が魔力で出来ているため成長や劣化はしても老化はしない等の差異が――」

アミティ「ごめんなさいあたしが悪かったです」ドゲザ

アルル「なんで謝ってるの!?」

ラフィーナ「難しそうな話から反射的に逃避するのやめなさい」


アミティ「ほ、ほらほら、早く次の人歌ってー!」

アルル「(逃げたな)」

レティ「はーい! さあ、ラグもホーリーもご一緒に!」ピッ

ラグ「ちょ、お前また勝手に何か入れたな!?」

ホーリー「どんな歌を入れたんですか?」

レティ「いっつも戦う歌ばっかりだから、たまにはロマンチックな歌を!

ラグ「その時点でもう嫌な予感しかしないんだが!?」

レティ「大丈夫大丈夫、さあ始まるよ!」

ラグ「その大丈夫の根拠はどこから――」



レティ「私から誘う勇気をー、くださいと月に願うのー♪」

ホーリー「切ないコ・コ・ロに魔法をかけてみましょう……未来では、仲良しね♪」

ラグ「……っ……あまくなぁれ、笑顔で! きーみよ、溶けちゃえ!」プルプル

レティ「今日の夜空を見つめ……ちょーっと、背伸びで――」


ホーリー「――もう一回、こっち向いて。本気が揺れる愛のFuture♪」

レティ「だーかーら、こっち向いて、回れチキュー恋を乗せて!」

ラグ「ッ、だーかーらっ、こっち向いて! なんでも出来るふぁんたふーちゃー!!」




ラグ「もうやだ闇に溶けたい」ズーン

ホーリー「し、しっかりしてください……」オロオロ


アミティ「さすがにゆかりんはやりすぎだと思う」

ウィッチ「途中から歌ってる方も聞いてる方も引くに引けない感が満載でしたわ……」

レティ「ご、ごめんねラグ、ちょっとやりすぎたっていうか……」

ラグ「影と同化してしまいたい」ズーン

レティ「ごめんって、ラグってばー!」

アルル「……これはしばらく立ち直れ無さそうだね」

アミティ「ちょっと隣室覗いてみる?」

アルル「あ、また隣で誰かカラオケしてるの?」

アミティ「うん、入りきれなかった人たちが」


~~~


シェル「何かを変えることができるのは――何かを捨てることが出来る者!」

リルル「何一つ、リスクなど背負わないままで……!」

シェル・リルル「「――何かが、叶うなど!!」」


リルル「暗愚の想定、唯の幻影、いまは無謀な勇気も!」

シェル「自由の尖兵、 影の攻勢、奔る奴隷に勝利を!」


リルル「架せられた不条理は進撃の嚆矢だ!」
                              エレン
シェル「奪われた、その地平――世界を望む、《あの日の少年》!!」




エコロ「ヒューヒュー! 格好良いよ二人ともーっ!!」

りんご「ふむ、凛々しさと冷たさを含む声にシリアスな歌詞が映えますね、相乗効果です!」

ピーナ「なんだか凛々しくて、かっこいいですわ」

リティ「……ぐぬぬ……」

ぐーたん「お前たち、相変わらず息ぴったりだな」

シェル・リルル「「ぴったりじゃない!!」」クワッ




アミティ「やっぱりシリアスな雰囲気の人が格好良いの歌うと映えるよね」

アルル「ねー」



リルル「……あれ、お姉ちゃん?」

リティ「え?」クルッ

アミティ「あ、見つかった」

アルル「どうぞお構いなくー」

アミティ「ちょっと今ラグがすねてて避難中なんだ」

エコロ「あ、じゃあさ、次僕の番だから聞いていきなよ!」

スルー「……そーいえば、ぐーたんさまは、歌わらいの……れしゅ、か……?」グゥ

リルル「喋りながら寝ないの」

シェル「器用だなお前……」

ぐーたん「私はここでポテト食べてるからいい」モグモグ

かわエコ「まーまーそう言わず! この歌難しいから着ぐるみのおじさまもご一緒に」フワッ

りんご「出た。エコロ得意の早着替え!」パチパチ

まぐろ「顔から形まで変わってるのは果たして着替えと言えるのか☆」



かわエコ「とんでもない現象どーやら透明人間になりました」

ぐーたん「ばーんばーんざいは呑みこんで♪」

かわエコ「あーでもないこーでもない原因推測をぶちまけて」

ぐーたん「一つ覚えで悪かったね――」



かわエコ「――そこに、僕、がいないこと」

ぐーたん「誰、も気づいちゃいないでしょう♪」

かわエコ「そも、そも、いない方が、当たり前でしたね」


かわエコ・ぐーたん「大」「嫌い」「嫌い」「嫌いな僕を」「覚えてますか」「「ルンパッパ」」

ぐーたん「知らん、知らん、顔、して♪」

かわエコ「楽しく生きるのやめてくんない?」

かわエコ・ぐーたん「大」「嫌い」「嫌い」「嫌いな僕を」「「どうか忘れないで」」

かわエコ「ごめんね、それでも」


 「「端っこで良いから座らせて?」」





ぐーたん「ふぅ。……確かにこのテンポは一人で歌うの苦しいかもなー」

かわエコ「どうよこれ、僕にピッタリくない? カッコ良くない?」ドッヤァ

リルル「……まあ、マッチしてると言えなくもないけどドヤ顔ムカつく」

シェル「ドヤ顔すんな」

りんご「無駄に歌唱力高いのと所々に挟まるドヤ顔が腹立つ」

まぐろ「歌の切れ目のドヤ顔が全てを台無しにしてる感じがする☆」

リティ「ごめん選曲に夢中で聞いてなかった」

ピーナ「……暗い歌苦手……」

スルー「Zzz」スピー

かわエコ「やったね大好評!」ビシッ

ぐーたん「お前はポジティブだなー。あ、スルー危ない。テーブルに頭ぶつけるぞ」

シェル「……そう言う貴様は能天気な」

アミティ「あ、メール」ピロリロー

アルル「なになに?」

アミティ「えっと……『ラグが本気で落ち込んでるから帰って慰めるね』だって。レティから」

アルル「やっぱり立ち直れなかったか……、じゃあ、ボク達も戻ろう」

リルル「ん、戻るの? じゃ、またね」



~~~



アルル「ただいまー、……って、随分スッキリしたね」

アミティ「ラグ達だけじゃなくて、他の人も結構居ないような……」

あやクル「ホーリーなら二人と一緒に帰ったぞ」

ラフィーナ「サタンさま達も用事があるとかで三人揃って帰られましたわ」

クルーク(魂)「シグがどさくさに紛れて帰った」

アルル「(サタン達の用事……嫌な予感しかしない……)」

アミティ「ってシグ帰ったの!? どさくさ!?」

りんご「おじゃましまーす」

アミティ「あれ? りんごちゃん?」

りんご「テンション上がったエコロにめっちゃ絡まれて……」

アルル「避難してきたの?」

りんご「まぐろくんが『ここは僕に任せて隣へ行け☆』って言うので」

アミティ「わあ男前」

アルル「でもどこか不穏に感じるのはなんでだろう」

ラフィーナ「とりあえず、次は誰が歌うんですの?」

クルーク(魂)「僕が」

アミティ「あやクルまだだったよね?」

あやクル「そうだな、歌わせて貰おう」

クルーク(魂)「………」



あやクル「あの時最高のリアルが向こうから、会いに来たーのーはー……」

あやクル「僕等の存在はこんなにも単純だと、笑いに来たんだ」

あやクル「耳を塞いでも、両手をすり抜ける真実に惑うよ――」


 チャッ チャッ チャッチャッ

あやクル「――アンインストール、アンインストール」

あやクル「僕の代わりがいないなら……普通に、流れてたあの日常を……」

あやクル「この手で終わらせたくなる、なにも、悪いことじゃない、アンインストール……」




アミティ「流石あやクル、アニソンでもどこかカッコイイ」

ラフィーナ「これで全員歌いましたっけ?」

あやクル「アルルは歌ったか?」

アルル「え? 言われてみればまだだけど……」

りんご「あ、じゃあ私も向こうで歌いそびれてましたし一緒に歌いましょう!」ピッ

アルル「いいけど今何入れたのりんごちゃん!?」




アルル「同じ一日が始まる、誰よりも他人の目を気にしーてー」

りんご「実際可愛い日もあるよ! 勘違いじゃないし! ……無視かよ」

アルル「……あの時の気持ちが変わってしまうのがこわくーてー」

りんご「わいわいは嫌いなの! 一緒にされたくないし――」


アルル「――夢の無い時代よ! 目を覚まして」

りんご「私がモテる未来までこの世界を赦さない!!」

アルル「モテた者は遠慮せい! これ以上は遠慮せい!」

りんご「無駄な抵抗はやめて!」

アルル・りんご「ホレろ!」「ホレろ!」「ホレろ!」「ホレろ!」

アルル・りんご「モテろ!」「モテろ!」「モテろ!」「モテろ!」

りんご「全てが変わる未来で会おう――」

アルル「うー、わんつーすりーふぉー!」

りんご「――わた、しが、モテないのはどう考えてもお前らが悪、い!!」



りんご「いくぶんスッキリとした気持ちです」

アルル「変な歌に巻き込まれた……」ズーン


アミティ「というかりんごちゃんモテモテじゃん。エコロに」

りんご「非科学的存在はノーカンで」

ラフィーナ「まぐろくんさんは?」

アミティ「さ○なくんさんみたいに言わないで」

ラフィーナ「皆さんがまぐろくんまぐろくん言うからつい……」

りんご「まぐろくんはモッテモテですがホレてるところは見たことないですね」

アルル「……ふぅ……それじゃあ、これで今度こそ全員?」

アミティ「だと思うよ」

アルル「よし、シーユー☆ネクストタイム!



終われ

結局一時間遅刻しましたo...rz
そしてリク統合する結果となってしまい申し訳ありません、
受ける時にちゃんと確認しなかった私のミスです……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

待ってました!!

雛嬢さんに何回も質問するほど首を長くして待ってました!!

凄い大人数ですね。過去最高じゃないですか?…今回の選曲はわかりやすいのが多かったですね!
(わーいリルルとシェルが歌ってくれたー)

そっかさすがにクルークは歌えないか…埋もれますよね。
まぐろくんさん…wまたの名をサザエさんさんと呼ぶ感じですねw

(あやクルが前と同じ曲を歌っているのは偶然?)

何はともあれ、リクエストありがとうございました!

おー!

2曲ぐらいわかんない……

アルル「……ふぅ……それじゃあ、これで今度こそ全員?」

アミティ「だと思うよ」

ん?
クルークが歌っていないような・・・・
あ、でもあやクルが歌っているから
大丈夫か

No title

シグ…気づいてあげて…
だが、それがいい!むしろそれでこそシグだ!
インビシブル難しすぎますよね!
やったことあるけど普通に88点 だったもの…あれほんとキツいです
良かったじゃないかクルーク、いろんな歌を聴けていいじゃないか(爆笑)

おぉ!

久し振りに来てみたらカラオケ来てた!
シグその鈍感なとこも可愛い!
サタン様って本気出せば何処まで強いのかな?
インビンシブルしか分からないんですが何の曲ですか?



追申明日から修学旅行なので日曜日まで来れません

あれ、シェルの名前の上にエレンの文字が…

やっぱりあーいう系の歌はシェルとリルルに似合いますね!ただ、シェルはあのヘタレ主人公とは大分雰囲気違いますけどw

りんごちゃんは…アルル巻き込むのやめたげてよぉ!ついでに雛嬢さんにダメージ与えるのもやめたげてよぉ!
貴女はこちら幸福安心委員会ですを1人で歌った方が映えると思うの…

No title

あーカラオケ行きたい・・・。最近行ってないんですよね~。あーとりあえずカラオケ逝きたい←オイ   というか最近学校以外で家から出てない・・・。不登校じゃないから大丈夫だけど、これで不登校だったら絶対に引きニートなんだろうなあ。
 話かわりますけど、わああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!エコロンマジ可愛いもー大好き!いっぱい出番増やしてあげて下さいね!!!!!!

あや様の歌は何十万円で聴けますか!?

まぐろくんは…死亡フラグと知った上で言ったんですよね!?まぐろくんさんに不覚にも笑ってしまった…
いじられるラグ可愛い鈍感なシグ可愛い(
イェーガー!って叫ぶシェルも見たかったですw

No title

あれ?インビジブルののーしょーしか分かんないぞ?ww

恥ずかしがってるラグさん可愛い(鼻血)
気づかない鈍感シグさん可愛い(ばたんきゅ)

これからもがんばってくらはいー

カラオケか・・・

相変わらず自分には縁が無い(暴露)

だからこうして曲を見て楽しむんですよ
こんかいはまあそこそこわかっただけましでしょうかね?

まあ・・・落ち着いて考えて欲しい

つまりシグは授業中にあれほどのアクロバティック(机上)をこなしていると言う事に!?(ならない

っていうかその感じならロボ家族とかちっこいサタン様三人集とかになるんかね(にわか
そしてアミティもラフィ嬢も横井さんほど胸無いから(フェフェフェフェアリーフェア! シシシシエルアーク!! ジュワァァァァッ
(´・ω・`).;:…(´・ω...:.;::..(´・;::: .:.;: サラサラ..

カラオケ……ねえ。

それはとても楽しいです。

あの、言葉にしがたい謎の開放感。
大人数はあまり好みませんが、見る分なら喜んで回ります。

リルルとシェルはいつも通りリア充不仲ですね。
アルルはご愁傷様……だけど、りんごちゃんがマジキチモードにならなかっただけマシだったと思えば気が楽だよ!

何はともあれ逃げ帰った人以外全員歌えてよかったですね!
被害者もいない!(貼り付け笑い)

インビジブルらしき曲しかわからなかった

シドとカゲプロしか聴いていなかった世界の狭さがココにあり

No title

分かる歌がひとつもないぜ!キリッ!
ふむ、着替え・・・・・・ねぇ?着替えと言うより、変身の方がいいと思うんだ!私はそう思うんだ!
アルルとラグはごしゅーしょーさまです・・・レティもりんごちゃんも勝手に歌を入れるのを止めようよ・・・


あれ?全員歌った・・・よね?  

19日ソーラの誕生日なんだよなー。|_☆)ガン見中なう

No title

迷惑スペクタルだ!
私、これ覚えるの、結構苦労しました(-ω-´*)←

ラグ可愛いですw
私も闇とともに同化してあげよっと((

No title

>会場が~

修正しました、ありがとうございます!


ちいらさん>

久々なのでいつもよりメンバーを多くしておりますw
今回は比較的メジャーなものを入れてみました。

あやクルは単純に前のを忘れゲフンゲフン


ヘレさん>

ク、クルークはあやクルと同カウントで…!


名無しさん>

インビジブルはたまに歌いますが
あの歌絶対途中で噛みますw


高野豆腐さん>

今回出てきた歌は

アミラフィ『迷惑スペクタクル(隣関OP)』
サタン軍団『ウィッチ☆アクティビティ(ウィッチクラフトED/一部替え歌)』
ラグレティホーリー『ファンタスティックフューチャー(変猫OP)』
リルシェル『紅蓮の弓矢(進撃OP)』
えころんぐーたん『インビジブル(ボカロ)』
あやクル『アンインストール(ぼくらのOP)』
りんアル『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い(私モテOP)』

となっております!
修学旅行了解です


ウバメさん>

PCから見れば《あの日の少年》の上にエレンがついてると思いますよ!
スマホの仕様がわかんないのでルビとかはあんまり対応してないです(


ミンティアさん>

私も最近は眠すぎてカラオケ行ってないというか
お外出てないです…


リッカさん>

たぶん最初の方歌ってた時は叫んでたと思いますw


綺羅さん>

ラグみたいな年頃の男の子に
この歌うたわせるのは最早いじめだと思いますw


闇の天使さん>

とりあえずヒトカラいくべき


マキJOYさん>

ムシの模型程度なら組んでそう(こなみ)


みるくキャラメルさん>

リルルとシェルの二人は今日もいつも通り
息ぴった……バラバラです。


姫春紫苑 さん>

とりあえずイェーガー!の歌くらいは覚えておくべき(


ソーラさん>

ちょ、直前くらいにもう一回言ってください……(


Hirari さん>

私も覚えるのかなり苦労しました。
ラグはかなり落ち込んでいるので同化してあげてくださいw

まってましたうわあああああ

こんな早かったのでびっくりしましたがなるほどそういうことですか。
かぶっても見たかったネタが見れたので幸せデス!キリッ
もう死んでもいいです幸せ…ここが天国ですね?(

リクエストかぶっても受けてくださりありがとうございました ドゲザ

それと最近PC開けてなくてぷよラジ更新されてたの気づけなくて
コメントできなくて本当にごめんなさい

No title

アヤノさん>

投稿ありがとうございました!
被っちゃって本当申し訳ないです(・ω・`;)

でも喜んでいただけたなら何よりなのですw

解せぬ現象

シグ=リア充。
「リア充爆発しろ!!」ていうけど
シグは何故か許せてしまうという
謎の現象。
みんなもそう思わないか?

No title

まぐろくんさんwwwwww吹き出したwwwwwww

………はい、みずきです!今回、インビジブルしか分からなかったです曲w変エコが何か可愛く見えるこの頃。不思議!←

取りあえずラグは可哀想だったwあれは流石に可哀想。

ラフィーナとアミティのシグへの思いぶつけてるの見て私納得していましたw目を開けて寝るって言うのはシグしかいない。うん。

インビジブルをめっちゃ難しいと思っているのは私だけだろうか?

ぷよぷよテトリス久しぶりに起動したらテトリスでめっちゃ良いスコア残した件←
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。