スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよ☆ラジオ!

アルル「みなさん、こんにちは! ぷよ☆ラジの時間だよ!」

アミティ「P.N『スイカは種ごと食べる派』さんからのご投稿!

     前ぷよラジで使っていたキレやすくなる薬をこの人たちに飲ませて下さい。
     他にやりたい人がいたらやってもらって構いません。


     キレやすくなる薬……うっ、頭が……」

アルル「何度か痛い目見てるからね」

アミティ「みんな飛び火するんだもん……」

アルル「まあ仕掛け人の時点で飛び火もなにも正当だと思うけど…」

アミティ「うー…。今回の薬は……」

レイ「(プレート:この箱)」

アルル「あ、もう用意してあったんだ」

アミティ「こんな時まで手際良いねスタッフ…」

アルル「それじゃあ、順番に回っていこっか」

アミティ「はい、これ計画表」

アルル「どれどれ……、ふぅん、なるほど?」

アミティ「覚えた?」

アルル「ん、大丈夫。出発しよっか!」


~~~


アミティ「それじゃあ早速第一弾!」

アルル「ターゲットは情報によると……」キョロキョロ

アミティ「あ、いた! おーい!」

ハグ「ん? よんだー♪」

アミティ「うん、呼んだ!」

アルル「ちょっとハグに飲んでほしいものがあって……」

ハグ「……のんでほしー?」

アミティ「そうそう、新開発のジュースなんだけど、はいこれ」

アルル「(ハグなら簡単に飲んでくれそうな予感)」

アミティ「(今回は楽勝だね!)」

ハグ「……なんで?」

アルル「へ? なんでってそりゃ……」

アミティ「新開発のジュースの感想、みたいな?」

ハグ「へー……ジュースのかいはつなんて、してたんだー♪」ジトー

アミティ・アルル「「!?」」

アミティ「(語尾は楽しそうだけどなんだか疑われてる!?)」

アルル「(忘れてた……ハグはシグ達より用心深いんだった……!)」


アミティ「そ、そうそう! 最近始めたんだ!!」

アルル「な、なんか突然ドリンクに目覚めてさ、うん!!」

ハグ「……へー……♪」

アミティ「(って言っててますます怪しいことに!)」

アルル「(ドリンクに目覚めたって何!?)」

アミティ「(やばいよこれ絶対にバレ――)」

ハグ「いただきます♪」ゴクッ

アミティ・アルル「「!?」」

アルル「(どうしてこのタイミングで!?)」

アミティ「(ダメだハグの行動が読めない!!)」


ハグ「ほら、……しゅーろく、すすまないだろうし……♪」

アミティ「(めっちゃ空気読んでた-!?)」ガーン

アルル「(なんだろう、飲ませることは出来たのにすごく負けた気分……!!)」

アミティ「ってそうじゃない! 効果は!?」

アルル「あ、そうだった! 効果効果!!」

ハグ「………」

アミティ「(どんな感じになるんだろ……)」ドキドキ

アルル「(やっぱり静かにキレるのかな……いや、逆に熱くなるタイプかも……)」ドキドキ

ハグ「……、なにかしないの?」

アミティ「え?」

アルル「え?」

ハグ「いや、『え』じゃなくて……♪」

アミティ「こっちはキレるの待ちっていうか……」

アルル「……どう? キレそう?」

ハグ「べつに、おこってないし……♪」

アミティ「………」

アルル「………」

ハグ「……♪」



~~~



アルル「怒りが沸き起こらないとそもそも効果が出ないのは想定外だったね……」

アミティ「こんなパターンあるんだね」


アルル「気を取り直して次行こう、次!」

アミティ「次は……、スルーかな?」


スルー「……Zzz……」


アミティ「あの人どっちだと思う?」

アルル「寝てるしスルーの方じゃない? ルルーはあんなとこで寝ないもん」

アミティ「それじゃあ、接近開始!」

アルル「こんにちは-!」

スルー「……ん……」ウトウト

アミティ「おはようございます!」

アルル「眠気の取れない目覚めにはこれ一本!!」スッ

スルー「……?」キョトン

アミティ「(……聞いてるのかな……)」

アルル「(……やっぱりこの人すごい大人しい……ルルーとのギャップが……)」

アミティ「ほら、飲んで飲んで!」ズイッ

スルー「………」コク

アルル「あ、受け取ってくれた」

アミティ「後は飲んでさえくれれば……」

スルー「………」ゴクッ

 ポイッ カラン…

アミティ「思ってたよりあっさり!?」

アルル「さあ、結果は――」

スルー「……うるさい」ボソッ

アミティ・アルル「「え」」

スルー「じょーおーらんぶ……!!」ザッ

 ゴウッ!!

 ドオォォォォォォォォン!!


アミティ・アルル「「うわああああああ!?」」キラーン


スルー「………」ファ…

スルー「……Zzz……」




~~~


ヒュゥゥゥゥゥゥ…


ホーリー「あら、こんにちは」ニコッ

アミティ「あ、こんにちはー!」

アルル「どうもー」


ホーリー「お空のお散歩ですか? 速度出しすぎると危ないですよ」ファサッ

アミティ「お散歩っていうか、飛ばされてるっていうか……」

アルル「そろそろ落下が始まりそうというか……」

アミティ「良ければ助けて欲しいんだけど……」

ホーリー「助けたいのはやまやまですが、この速度を止めるのは私ではちょっと……」

アルル「じゃあ止めてくれなくていいからくっついといてくれない?」

ホーリー「いいですよ」ヒョイッ



ぷよA「ぷよ、ぷよよっ(俺たちぷよは立場が低すぎると思うんだ)」

ぷよB「ぷよん、ぷよっ(そりゃぷよだし)」

ぷよC「ぷよっ!!(ぷよっ!!)」

ぷよA「ぷよよよよん、ぷよー(合体でもすりゃ強くなれんじゃね?)」

ぷよB「ぷよ(天才)」

ぷよC「ぷよー(ぷよー)」

ぷよA「ぷよよよ! ぷよ! ぷよー!!(皆集まれ! 今こそ反旗の時だ!!)」

『ぷよAはなかまをよんだ!』

『ぷよDEFGHIが現れた!!』

ぷよA「ぷよん!(合体!!)」



なんと、ぷよ達が合体して――』ヒュゥゥゥゥゥゥ…



 *ぷちゅ*



アミティ「ノーダメージで着地成功!」

アルル「なんか潰した気がするけど上手く周囲に弾けてて汚れてすらない!」

ホーリー「良かったですね」

アミティ「助かったぁ……、ありがとう、ホーリー!」

ホーリー「いえいえ、当然のことをしたまでです」ニコニコ

アルル「(やっぱり親切だな、ホーリー……)」

アミティ「(……ところで、次のターゲット……)」ヒソヒソ

アルル「(……あ……)」

アミティ「………」

アルル「………」

ホーリー「では、私はこれで……」

アルル「待ってホーリー!」

アミティ「!」

アルル「はいこれ、お礼のジュース!」

アミティ「(この流れでアルル行ったー!!)」

アルル「(企画は……企画だけは何がなんでも……!!)」


ホーリー「ありがとうございます」コクコク

アミティ「(何の疑いも無く飲んだ……)」

アルル「(……うぅ、流石に罪悪感が……)」

ホーリー「……ところで、これはお礼の気持ちなのですよね?」ニコッ

アルル「えっ!? あ、うん、もちろんだよ!」ドキッ

アミティ「ホーリーには助けてもらったもん(バレた……?)」ドキドキ


ホーリー「そうですか、では、ありがとうございました」クルッ


アルル「(……あれ? 何も無い?)」

アミティ「(また失敗かな?)」


ホーリー「……運命の神様は、ちゃんとごらんになっていますよ」ファサッ


アミティ・アルル「「……?」」ゾワッ


  ヒュゥゥゥゥゥゥ……


アミティ「わっなに!? なんの音!?」

アルル「上からはじけ飛んだ赤い何かが――うわああああああ!?」


 ベシャベシャベシャッ! ドベチャッ!!




~~~


アミティ「もうやだこの企画帰りたい……」ドロッ

アルル「うぅ……、ひどいめに……」ドロドロ

りんご「その声は……、ヒィサスペンス!! 救急車!? 警察!?」

アミティ「大丈夫、ただのぷよらしき何かの残骸だから……」

りんご「今さりげなくとても残酷なことを言いましたね」

アルル「ところでりんごちゃん、まぐろくん知らない?」

りんご「まぐろくん? 知ってるけど……」

アミティ「じゃあちょっと連絡してくれない?」

アルル「用事があって……」

りんご「へー……、……さては、何か企んでますね?」

アミティ「(う、鋭い!)」

アルル「(頭だけはいいからねりんごちゃん……)」

りんご「今とても失礼なことを思われた気がしますがいいでしょう」

りんご「それで、どんな企画なんですか?」

アミティ「そこ聞いちゃう?」

りんご「内容によってはご協力します」

アルル「こんな感じなんだけど」

りんご「もしもしまぐろくん? うん、ちょっと用が出来て来て欲しいんだー」ガチャッ

アミティ「早っ!?」

アルル「即答ってレベルじゃないよ!!」

りんご「私もまぐろくんがキレたところは見たことないもので…」

アミティ「ゲームのデータ消したらキレそうだけど」

りんご「そんな恐ろしいこと出来ないです」キッパリ


まぐろ「おーい、りんごちゃーん☆」


りんご「あ、まぐろくん、こっちこっち!」

まぐろ「何の用かな☆」

りんご「実はアミティたちが新開発の栄養剤を試してほしいそうで」

まぐろ「…………、……怪しい☆」

アミティ「あ、怪しくないよ! すごい効果のただの栄養剤だよ!!」

アルル「(アミティそれますますあやしいから!!)」

まぐろ「………☆」

りんご「なんでも、この地方の魔法生物を多く使用したポーションだそうです」

まぐろ「!」

りんご「我らが現代にはない、様々な非科学的要素を詰めに詰めたこの一本」

りんご「無論その効果も未知数……! ポーション? いや、ラストエリクサーだぁーっ!!」

りんご「ゲーマーとしてこの一本、確実に飲む価値があるとは思いませんか!?」

まぐろ「頂くよ☆」ゴクゴク


アミティ「(りんごちゃんの口先がすごい!?)」

アルル「(通信販売とか向いてるんじゃないかな……)」



まぐろ「……ぷはっ☆」カラン

まぐろ「栄養ドリンク特有の風味に混ざって未知なる雑味が舌に……雰囲気出てるね☆」


りんご「………」ジー

アミティ「………」ジー

アルル「………」ジー


まぐろ「ただ健康効果までは今のところ……☆」


りんご「………」ジー

アミティ「………」ジー

アルル「………」ジー


まぐろ「……なにか反応してくれないとレビューし辛いんだけど……☆」


りんご「……いや、実はこれ栄養ドリンクじゃなくて……」ジー

アミティ「キレやすくなる薬というか……」ジー

アルル「……今は効果の発動待ち……かな」


まぐろ「………」


りんご「どうですか、キレそうですか」ジー

アミティ「今どう? キレてる?」ジー

アルル「キレそうならキレそうって言って?」ジー


まぐろ「……キレるというより真顔で観察されるとただ怖いんだけど……☆」




~~~


アミティ「はい最後スタッフ!!」

レイ「(プレート:はい)」ヒョイゴク

アルル「って居たの!?」

アミティ「そしてもう飲んだ!?」

アルル「え、効果は!? レイくんってキレるの!?」

レイ「(プレート:既にキレてる)」

アルル・アミティ「「え」」

レイ「(プレート:というか普段も結構キレてる)」

アミティ「(そういえば……)」

アルル「(サボったりした時にプレート投げられたような……)」

レイ「(プレート:こえは恐らくキレるシーンを想定した投稿……今回のこれ何?)」

アミティ「こ、これはその……そう上手くキレてくれなかったというか……」

アルル「やめてプレート構えないで!」

アミティ「ほ、ほら! スルーとかキレてたじゃん!!」

レイ「(プレート:そもそもあの人は寝起きが超悪いとの前情報あり)」

レイ「(プレート:単に起こされて機嫌悪かった可能性)」

アルル「……あー……それ言われちゃうと……」

アミティ「で、でも……えっと、ほら、あれだし……うん……」

レイ「………」スッ

アミティ「そう……、……逃げるッ!!」ダッ!!

アルル「シーユー☆ネクストタイム!!」ダッ!!


 スコーン!! スコーン!!



終われ

投稿ありがとうございました! キレやすくはなりますが
元々キレるという行動をしない人はあまりキレないようです(
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ハグが可愛かっこいい(確信)

ハグめっちゃかっこいいじゃないですかー…
そして幼馴染の安否より己の欲望を優先するりんごちゃんエ…
キレホーリーからアコール先生的オーラを感じたんですが気のせいですよね(´・ω・`)

うっひょう↑

ハグさんきゃわわ
ホーリー天使
まぐろ君やっぱりゲーマー

ぷよぷよラジオ全て見てきます(使命感)
私はシグきゅんが大好きです
紅と蒼のカラコンしてかつら着けてシグきゅんのコスプレしたことがあります(黒歴史)

またですk(ゴトバ

今回レイ君落ちですか
しっかし皆切れにくいですね。
この薬
ラグに飲ませてみt(フェアリーフェアー
何をする!
レティ「この前ラグ怒らせたとき大変だったんだから止めてよ!」
自分「はいっわかりました!」(コワー)

(一回私も同じようなリクエストをしたのに断られたのは既に私と同じ考えの人がリクエストしていたからなんですね。納得です)

今回はほのぼのでしたね。俗に言う優しい人の集まりですね!
ちょっぴりテトキャラも気になっていましたがアレですよね。尺が足りなかったんですよね!

あとりんごの口八丁凄い。話術で相手をおとす能力が欲しいですw

No title

今回は普段、特に被害の少ない人達ですね。

正直ホーリーが一番怖い、そしてレイ君意外(失礼

そういえば、毎回、自分の友達とかに飲ませたらどうなるのだろうと思います。そして、どっかの二人みたいに空を飛ぶんだ……!(震え声

そして私はロイドです。昨日一部の人に言っちゃったんでね、それっぽくなったかな。(全然

これだけ言いたい

一色のぷよが9体寄せ集まったら消えると思うんだ(真顔)
んー…でかぷよにでもなろうとしたのかな…?消えますよね…?

No title

久しぶりにきたら…、ぷよラジが投稿してあるじゃないですか!
キレ薬ですかー。 今回の人達はアレですね、アレ。
今日のキレ薬回はいつもと違って面白かったです!

ハグは実は怒っているのではないか?

ま た か
おおう今回は割と飲ませちゃいけない人と
飲んでも意味がない人しかいねぇ
僕も最近いいことないです
MAP歩いていたら
1歩目 盗賊
2歩目 盗賊
3歩目 盗ぞk
4歩目 t
5歩m
願いで幸せのベット願ったら
足元にみすぼらしい幸せのベットが転がってきた
(^ω^♯)ゴゴゴゴゴ…

願いの神様狙って・・
魔法
「ディストラクションΩ」
ドコーン
願いの神様「」チーン

9体あつまるだけなら

●●●
●●●
●●●
でいけるからきえない、なお10体目

怒り薬を使う相手がことごとく悪いというか怒らせたらどうなるかわからない人だらけというか・・・とくにホーリーとかヤバイ(偏見

真っ赤になったアミティとアルルをキレイにするためにお風呂を提供してあげなきゃ(悪い顔

皆が優し過ぎて泣いた

ハグとまぐろ君は優しいですねー!ただ、ハグはやる気のない人とかひたすらからかってくる人にはキレる気がします。
まぐろ君は…ダメだ、ゲーム以外のことでキレる様子がどうやっても想像出来ない…!
敢えて言うなら、目の前でりんごちゃんを馬鹿にするとか虐めたりするとイケメン補正でキレそうですが
イケメンすぎて一瞬でフラグが建つ未来しか見えない(

レイ君もキレると怖いし物理的にダメージでかいけど、以前のぷよラジでキレてたのを見てると
キレると1番怖いのは実はユウちゃんだと思うんです(震え声)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

キレ回…?あれ…?
一番まともだったのスルーなのでは…

ホーリーちゃんはおこでも可愛いよ

人を怒らせるのはやめよーっと(真面目)

ホーリーだけは敵にまわしちゃダメだな(確信)
…いや、一番はアコール先生か!ピコンッ!🏁←死亡フラグ
…あれ?今なんか音がしたよーな…(滝汗)💦×100
フォンデチュード‼‼‼‼‼‼‼‼ ドドドドーーーーーーーーーーン‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼

No title

立歌さん>

ハグは空気読める子(`・ω・´)


デウスエクスマキナさん>

ホーリーは天使だけど
怒らせると結構怖いみたいです(


高野豆腐さん>

ラグのマジギレでプリンプがやばい


ちいらさん>

連名もアレなので基本的に被ってる場合は
お断りさせていただいてます(・ω・` )

完全に尺不足です(


snowさん>

改名了解しました!
それにしても新しい方が打ちづらゲフンゲフン


鈴音ランさん>

ほらゲーム開始前に消える個数設定出来るし(震え声)


舞桜さん>

ありがとうございます


ヘレさん>

みすぼらしくても
効果は、効果はいっしょですから…!


マキJOYさん>

それ普通に消えます(無慈悲)


ウバメさん>

あそこまでイケメン属性豊富なまぐろくんは
間違いなくキレ方もイケメン。間違いない(強調)


天月さん>

そこはちょっと触れるのが怖いのと
私が行ったこと無いので書けないです、すみませぬ…


弥生さん>

スルー以外で何の成果も…得られませんでしたぁぁ!


cmサークルさん>

ホーリーは敵に回した瞬間
幸運が反転します、危険です。
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。