スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよ☆ラジオ!


アルル「みなさんこんにちは! ぷよ☆ラジの時間だよ!」

アミティ「本日はP.N『姫春紫苑』さんからのご投稿!

     異世界の人達は基本、2人以上でいることが多いですが、
     1人でいるときはどんなことをしているのですか?気になります。
     調べてみてください。お願いしま~す。


     とのことだね! 言われてみればたしかにそうかも」

アルル「レティさんたちとか、いつも一緒にいるもんね」

アミティ「あ、そうだ、例に漏れずあたしたちは姉妹の居る異世界の住民だからね!」

アルル「こういう企画はやっぱり向こうじゃ難しいみたいだから……」

アミティ「じゃあ、誰から調査する?」

アルル「んー……、とりあえず、外出てから考えよっか」


~~~


アルル「そういえば、あの二人は普段どんな感じなの?」

アミティ「お姉ちゃんとリティ? ……家だと部屋に居ることが多いかな」

アルル「部屋でなにしてるの?」

アミティ「そこまではちょっと……、お互いに部屋の不可侵条約結んでるから……」

アルル「……ああ、そういえばキミたちってそれぞれ見られたくないもの持ってるもんね」

アミティ「だ、断じてあやしいものではないけどね!?」

アルル「その反応がますますあやしい」

アミティ「そ、それにほら! 今回はあたし関係ないでしょ!? お姉ちゃんたち調べなきゃ」

アルル「……それもそうだね」

アミティ「(ほっ…)それじゃあ、とりあえず広場にまで出てみようか」


アミティ「む、あそこに見えるは……」

アルル「シグ? ハグ?」

アミティ「バックに花飛んでるしハグじゃない?」

アルル「花?」

アミティ「ほら、ごきげんな人がふわーって出すやつ」

アルル「アレ見えてるの!?」

ハグ「?」クルッ

アミティ「ハグ、おはよう!」

ハグ「おはよー♪」

アルル「(ホントにハグだった…)」

アミティ「今は一人だよね?」

ハグ「ん。そうだけどー、そうじゃないかも♪」

アルル「?」

アミティ「今一人の時になにしてるのか、って調査してて…」

ハグ「ストーカーのストーカー♪」

アミティ「へ?」

ハグ「……♪」チョイチョイ




リティ「………」ジー



ピーナ「……、………?」キョロキョロ




アミティ「リティ!? 奥にピーナも……」

ハグ「ひとりのとき、けっこーやってること♪」

アルル「……これって一人と言えるのかな……」

アミティ「結果的にいつもの三人が集まってるような……」




リティ「……!」


 パキッ ガサガサ…!


ピーナ「!!」バッ

ピーナ「曲者ですわ! で、出てきなさい!!」ブンッ


 ヒュンッ ゴスッ!!



 「「あ」」



リティ「」チーン



ピーナ「……出て、来ませんわね……気のせいだったかしら……」ホッ

 スタスタ…



アミティ「小石とは思えない音が……」

ハグ「さて、ヒーリングヒーリング……♪」

アルル「なるほど、こうなることを見越してストーカーのストーカーを……」




~~~


ホーリー「こんにちは」ファサッ

アルル「ホーリー! こんにちは」

アミティ「今日は一人?」

ホーリー「はい。お二人とも課題があるそうで」

アミティ「そうなの? お姉ちゃん勉強会やるとか言ってなかったけど…」

ホーリー「レティさんは上級回復魔法、ラグさんは鉱石採掘の課題なので……」

アルル「そういえば、あの二人得意なことは再生と破壊で正反対だもんね」

アミティ「……お姉ちゃんが回復魔法はわかるけど、採掘ってなんで?」

ホーリー「私も詳しくは知りませんが、魔法課題で部屋壊して調合課題で大爆発引き起こして」

ホーリー「頭を悩ませた先生がしかたなく教材採取に行かせているとか…」

アルル「ああ……なるほど……」

アミティ「でも、ラグってパワーあるから採掘は向いてそうだよね!」

ホーリー「……そう、ですね……」サッ

アルル「……?」

アミティ「あとでインタビューしたいから場所教えて!」

ホーリー「はい、……いいですよ」

アルル「……ホーリー、何か視えてる?」

ホーリー「イイエ、ナニモ…?」

アルル「(この人嘘超ヘタだー!!)」ガーン

ホーリー「運命の意志ですので……何から何まで口出しするのは……」

アルル「なんか一気に行きたくなくなった……」

アミティ「? でも行かないと企画にならないよ?」

アルル「それはそうなんだけど……」

ホーリー「はい、場所を記した地図です」ピラッ

アミティ「ありがとう!」


~~~


アミティ「あ、着ぐるみ」

アルル「ぐーたーん!」

ぐーたん「んー? ああ、こんにちはフィアンセ」

アルル「サタンみたいなこと言わないでよ」

ぐーたん「私もサタンなんだが……、で、何か用か?」

アミティ「今こういう調査っていうか、インタビューやってて…」

アルル「一人の時何してるの?」

ぐーたん「何もしてない」

アミティ・アルル「「えっ」」

ぐーたん「ほら、何かしても何もしなくても流れる時は同じなわけだし」

ぐーたん「ならもう何もしなくていいんじゃないかなーって…」

アミティ「ダメ人間、発想がダメ人間だ!!」


アルル「なんて無気力な……!」

ぐーたん「だってこの着ぐるみ動きづらいし」

アミティ「なら脱いだら!?」

アルル「というか今の季節、それホント暑苦しい…」


~~~


アミティ「ぐーたんが一人だったんだから、ハーゲンも一人だと思って探してるけど…」

アルル「……居ないね」

アミティ「アルルが呼んだら来るんじゃない?」

アルル「えー……、気は進まないけど、ハーゲーン!!」


 ……しーん……


アミティ「アルルが呼んでも来ない!?」

アルル「まさか、何かあったんじゃ――」

サタン「ハーゲンなら呼んでも無駄だ」

アルル「わっ、サタン!」

アミティ「無駄?」

サタン「暇な時は大気圏一周したり飛び上がって高さの上限目指したり
     基本的に無駄に行動的かつロクなことしないからな」

アミティ「……さすが激しい人……」

アルル「なんか納得出来た……」


~~~


リルル「やあ、姉ちゃん」

アルル「わ、リルルってばまた木の上に……」

アミティ「丁度良かった、リルルって一人の時なにしてるの?」

リルル「ボクは大抵一人だけど……、主に訓練、それから見回りかな」

アルル「訓練って……この平和な街で?」

リルル「何があるかわからないし、命を狙ってくる刺客が一人居るからね」

アミティ「(……シェル……)」

アルル「(やっぱりボクとシェゾより断然仲悪いよね……)」

リルル「……それと、ボクの友達によくやらかす子が居るから……」

アミティ「それって……、……もしかして、リティ?」

リルル「うん……よく暴走するし泳げないのにピーナ追って海潜ろうとするし
    ピーナと大喧嘩して泣きすがってきたりするし、目が離せなくて胃が痛い……」キュゥゥ…

アミティ「あはは……妹がお世話になってます……」


~~~


スルー「……寝てる……」

アルル「知ってた」

アミティ「予想できた」


スルー「そうお……? ……でも、いつもってわけじゃ…ふぁ……ないのよ…?」ファァ…

アルル「ボクにはいつも寝てるように見えるけど…」

アミティ「何かしてる時あったっけ?」

スルー「ぼーっとふらふらしたり…、夢の中を探索したり……?」

アルル「それ結局寝てない!?」

スルー「……寝てる……かしら…ぁ……?」ウトウト

アルル「というか今も寝てない!?」

ぐーたん「そいつ起きてる方が珍しいぞー」

アミティ「あ、やっぱりそうなんだ……」

アルル「そういえばぐーたんは何しに来たの? 何もしないって言ってたけど……」

ぐーたん「何もしないのに飽きたから寝に来た」

アミティ「(やっぱり発想がダメ人間……!)」




ぐーたん・スルー「「……Zzz……」」ピトッ



アルル「でもこの絵はなんか和む」

アミティ「あの着ぐるみにもたれてお昼寝……気持ちよさそう……」


~~~


アミティ「お姉ちゃん、課題やってるんだって?」

レティ「うん、回復魔法の練習!」

アルル「どんなことをやっているの?」

アミティ「あたしにも教えて! 回復魔法にも興味あるし」

レティ「ついてくる? ……仕組みとか発動とかそういうのは教えられないけど」

アミティ「いいじゃん、あたしももう少ししたら習うんだろうし」

レティ「いや、あたしが全く覚えてない」

アルル「それでよく回復魔法使えるね!?」


レティ「なんかものすごく得意で……、正直、課題やらなくても試験余裕なんだよね」

アミティ「(……なんだろう、なんか今イラッとした)」イラッ

アルル「(……まさかこの人から優等生特有の発言が出るとは……)」イラッ

レティ「だから、予習がてら森の傷ついた動物を治してあげてるの」

アミティ「へえ、すごい!」

アルル「そんなことまでしてるんだ…、優しいんだね!」

レティ「えへへ。正義のヒーローだもん」

アミティ「でも森って三日前お姉ちゃんたちが技の練習で爆破させてなかった?」

アルル「前言撤回」

レティ「ま、まあ……良い事してるのには変わりないわけだし……」

アミティ「プラマイゼロだよ」

アルル「……! ねえ、あれ……」

おにおん「……うぉ……ん……」

アミティ「大変! オニオンの皮が剥けてばらばらになりかけてる!!」

アルル「美味しそう!!」

アミティ「!?」

レティ「ケアルラ!!」

アミティ「それ別世界の魔法!!」


 パァァァァァァァ…


おにおん「……おん? おんおーん!」シャキーン


アミティ「元気になった!? なんで!?」

レティ「中級魔法くらいなら詠唱無しで出来るし」

アルル「だからといってボケなくても……」

レティ「さて、他に怪我してる子は……」


腐った野兎の死体「」プーン


レティ「あの子とかどうかな?」

アミティ「いやあれは手遅れだと思う」

アルル「モンスターみたいな名前になってるし」


レティ「でもあたしが怪我させちゃったのかもしれないし……」

アミティ「あれは絶対違うから!!」

アルル「腐り具合が三日どころじゃないから!!」

レティ「大丈夫、あたしの高度回復魔法なら!」ダッ

アミティ「いくらお姉ちゃんでも魔力の無駄だと思うけど……」





腐った野兎の死体「ギチ…ギギギ…」ドロッ


 「「………」」


アミティ「なんかとんでもないもの出来ちゃったんだけど……」

アルル「……これ絶対モンスターだよね……」

おにおん「う、うおん……」ジリッ

レティ「……………、……さあ森にお帰りー」ポイッ

おにおん「おんっ!?」ガーン




~~~



アミティ「で、最後は……」

アルル「出来れば行きたくなかった……」

ラグ「なんだ? 見学か?」

アミティ「一人の時何してるかの調査、みたいな?」

ラグ「今日は真面目に課題やってるぞ、結構楽しいし……ほら」

 ゴロゴロ

アルル「わ、こんなに掘れたの!?」

アミティ「魔法の授業で使う鉱石がいっぱい……!」

ラグ「この程度余裕余裕。俺の拳なら一撃粉砕だ」

アルル「素手でやってるの!?」

アミティ「なにもかも規格外……」

ラグ「ほら、今度はあのでっかいの掘り出してやるから見てろよ!」

アルル「でっかいのって……」

アミティ「……あの天井から突き出してるやつ?」

ラグ「アシッド! アシッド!!」

――ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

アミティ・アルル「「(あ、やばい)」」

アルル「総員退却準備!!」

アミティ「隊長間に合いません!!」

アルル「ならばラジオだけでも……シーユー☆ネクス」 「ハイドレンジア!!!」


 ドゴォォォォォォォン!! ガラガラガラ… パラッ…




終われ

投稿ありがとうございました!
一人の時は大体こんな感じです(
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

…イラッ

やめてください折角夏休みで現実逃避始めることができたのに課題の話出さないでください…(
それにしても良いですねレティお姉さん…課題無しであそこまで…
課題はおろか自主学習二時間以上やったのにまさかの50点以下取った私とは大違いd(ry

…(不機嫌)

俺もやめてください本当に死んでしまいます
立歌scata >
こっちなんて店で売ってるノート丸々5冊(5教科ごとに)あるんです俺ただでさえノートとかつけないのにまだ白紙でありますからね  アッハハハハハハハハハハ…畜生…これで3DS没収とか鬼か…

腐った野兎の死体か…フルケアとかエリクサーとか
使ってやりたくなるなー

うん、大体分かってた。

主にスルーとかスルーとかスルーとか......
でも、そういう立ち位置だから仕方がないですよね!ね!

......極々普通のティとかは何してんだろーな......

リティはそろそろやばいんじゃ←

ピーナ…意外と鈍感ですよね…。。
も、もしかしてリティと気づいててワザとやっt((((ぐふっ
ぐーたんとスルーは和みますね…♪
ラグ様の力…はたして素手と言えるのか←

No title

ヤバイです
ぐーたんとスルーが一緒に寄り添って寝ているところ想像したらめっちゃ可愛い…
けっこうあのほのぼのしたコンビ好きです

ありがとうございます!

いやー、1人の時だとこんな感じなんですねー
もうラグの手はダイヤモンド並みに硬化してるんでしょう

何日かぶりです

ほぼ大体の人が予想通りでした!
確かに、レティから優等生発言が出ると正直イラッとくるような。

どうでもいいですが、これからしばらく忙しいので、
コメントの回数が減るかもです。

ラグ···

フィバARS(妹弟)以外予想できそうで出来なかった
シェルの普段がなかっt(光弾)
ラグの力はいつか世界を滅ぼす(確信)

リルル「うん……よく暴走するし泳げないのにピーナ追って海潜ろうとするし     ピーナと大喧嘩して泣きすがってきたりするし、目が離せなくて胃が痛い……」キュゥゥ…

>>よく暴走するし
>>泳げないのにピーナ追って海潜ろうとする
>>ピーナと大喧嘩して泣きすがってきたりするし

 あ り が と う ご ざ い ま す 
ただ海の中に逃げるってピーナは水棲生物か何かなんですか(困惑
ピーナとかラフィーナの髪の毛ってただでさえ手入れが大変そうなのに……(どうでもいい

ハーゲンが完全にクリア後の特にやることのなくなった主人公でそのうち世の中に絶望しそう(偏見

えっと・・・

まぁ予想通りちゃぁ予想通り うん ぐーたんとハグはちがったけど リルルがんばれ リティ・・・迷惑かからないようにね? え~と課題ね、うん 夏休みの課題+ドリル+え~ともう!嫌なこと思いださせないで下さいよ!テスト勉強もしないといけないのに集中しない私が悪いんですけど!おっとそれたそれた ラグの力はすごいですよね そういうおちかってなりましたよ!以上れいみん☆でした

人間ってどんな生物でしたっけ…?(困惑)

リティちゃん…あなたもういろんな意味でアウトだわ、うん。
結局、あの腐った野兎の死体さんは生き返った…のか?
ラグ様はアレですか。破壊のなんたらのイベ●タ●さんなんですかそうなんですか(オイ

闇の天使

石投げられて気絶してもあきらめないリティと普段は敏感(notひy)なのにこういうときだけ気づかないピーナェ・・・

>あの二人得意なことは再生と破壊で正反対だもんね
うん、これはどう考えてもぽ●もんですは・・・仲いいけど

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

やばい名前欄間違えた

上級回復魔法専攻とかレティちゃんマジ女神…!

レティちゃんみたいな優しいお姉ちゃんが欲しいです(切実)
それが無理ならせめてその包容力で身体も心も癒して(意味深)欲しいです(
実際、回復魔法って細胞を繋ぎ合わせてうんぬんだから理解してないと厳しいような気がしますけど、レティちゃんすごい…。

>サタン「暇な時は大気圏一周したり飛び上がって高さの上限目指したり基本的に無駄に行動的かつロクなことしないからな」
>サタン「基本的に無駄に行動的かつロクなことしない」

ブ ー メ ラ ン (

No title

アミティ「あの着ぐるみにもたれてお昼寝……気持ちよさそう……」>>
頼む俺も入れてくれ

ラグさん…いつも通りの…アレ…ですね…
レティさんそれなんか違いまっせ!ぷよちゃいまっせ!

みんな夏休み中の課題が面倒臭いって言うけどYO

YOU達って小中学生でしょ?
一番勉強した方がいい年齢なんだYO?今勉強しておくと後が楽なんやってホント
そこで怠けたらあとの3、40年くらい後悔するんだYO!!
20過ぎてから勉強に力入れても遅いんだからねっ!!

レティの回復魔法の『それ』はアレだYO
ゲームのプログラムとか組み立てたりこっちの食らうダメージ量の理屈とかが説明出来ないけど、乱数調整とかダメージ計算とかとっても得意なポケモントレーナーみたいなもんやろ(適当)
と言うかアミティやシグもテストは全然出来ないけど、ぷよ勝負とか魔法合戦の「実戦」は得意な設定だし、まあ多少はね?

No title

ヤバイ・・・ルル様と着ぐるみサッタンが寝てるところとか・・・
何と言う天使絵図だ!

そういえば、ぷよ7組の成績ってどんな風なんでしょうね

『りんご』は数学・理科が得意で
『まぐろ』は全般的に優秀?(りんごちゃんに「何でも出来るように~」の一件から)
『リセパ』は恋愛系・・・いや、嫉妬系か

No title

立歌さん>

ほら、これ書いてるときは
まだ夏休み入ってなかったし…(


名無しさん>

アンデッドなので
全回復薬で即死します(


ぴこさん>

ティはテトリスのエンドレスやったり
本読んで時間潰してる(普通)


みっシーさん>

ラグはむしろ武器持つより
素手の方が強いです(


くーたんさん>

鬼ごっこしてるサタン&ルルーと違って
この二人はいつものんびりしてますw


姫春紫苑さん>

腕力に黒い何かが合わさって最強に見える


舞桜さん>

了解です!
夏休みは色々予定がありますしね


高野豆腐さん>

シェルは一人だと引き籠って特訓しているので
表に出てきません(


マキJOYさん>

夏はトレーニング項目に水泳が加わるので
海藻とかクラゲにビビるピーナを助けようとして飛び込んでおぼれます(・ω・` )

ハーゲンはもう人生がやり込みRTA状態


れいみん☆さん>

ラグがラスト周辺に出ると
大抵爆発オチか崩壊オチになりますw


アラン・ナイトマジックさん>

野うさぎさんは腐ったまま蘇生しました。
DQのアニマルゾンビうさぎverを想像してください(


闇の天使さん>

私のいるたんも破壊ポ○モンだったみたいなのに
性格温厚だしモンボ一発で入るしなんか威厳がない(´・ω・`)


キャリーさん>

ラグはもう双剣とか使うより
素直に殴った方が強い(確信)


ウバメさん>

レティは治そうとする意思があるだけで
なんか雰囲気で治せちゃう天才です(


弥生さん>

ぐーたんとスルーが寝てる場所は
夏涼しく冬暖かいすごしやすい場所です(猫並み感)


ジオットさん>

あの時勉強しておけばって
何年たっても1年生の時~ 2年生の時~ って
年が増加しながら思い続けますよね(´・ω・`)


ささきまぐろさん>

センパイはなんとなく
国語関連の成績がすごく良さそう(

ダメ人間

ぐーたんの発想と私の発想がそっくりなんだが
だよね!?何かしようがしなかろうが時はくるよね!?わかりました!!時がくる前に宿題終わらせます!!

そしてレティ姉さん。魔法ができても普通の勉強はどうなのだろうか。そして新たに森にモンスターが増えたのだった…

そしてまた安定のラグさんの破壊力。
リミッターとか掛けられないの?

No title

白米さん>

時が来る前に何かをするタイプの人が
何もやること無くなるとこうなります(
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。