スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよ☆ラジオ!

アルル「みなさんこんにちは! ぷよ☆ラジの時間だよ!」

アミティ「本日はP.N『スライム』さんからのご投稿!

     一日だけユウレイを人化してみて下さい
     性格はそのままでおねがいします


     これって要するに蘇生……だよね……?」

レイ「(プレート:あらゆる漫画やゲームでタブーとされている……)」

アルル「まあゲームだとわりとザオ○クとかア○イズとかあるけど」

アミティ「あれ仮死状態なんじゃない? イベントで死んだ人生き返らないし」

アルル「でも棺桶に入れて引きずったりしてるし……、それはそれとして、サタン!!」

サタン「この呼ばれ方も久しぶりだな、アルルに求められるのは悪くない気分だ」バサッ

アルル「今回こういう内容なんだけどどう?」

サタン「……完全スルーは流石に傷つくぞアルル……、どれどれ?」

サタン「ふぅん……少し難しいが、まあ出来なくも……」

アミティ「出来ちゃうの!?」

アルル「死んだ人を生き返らせることも出来ちゃうなんて……」

サタン「それは魂の状態によるな。既にあの世に居る魂を無理矢理呼び戻すと
    世界の管理人から罰を喰らう。……所謂代償が必要な蘇生となるのだが、地縛霊の場合は別だ」

アミティ「別って?」

サタン「禁忌とされているのは死者の魂を呼び寄せる行為そのもの。今の状況なら問題無い」

アルル「なんか難しいけど、なるほど……」

アミティ「ところでそれってどうするの?」

サタン「ん? ああ……、そこの幽霊、ちょっとこい」

レイ「……?」

サタン「この魂の痕跡をベースに肉体を生成し、最後に魂を押し込めば……」

アミティ「!!」

アルル「れ、レイくんに体が……!?」


レイ「………」


アミティ「わあすごい、どんな感じになってるの!?」

アルル「見せて見せて-!!」


レイ「! ……トゥーンストーンストーム……!」


アミティ「うわあぁぁぁ!?」

アルル「な、なんで!?」


サタン「……とりあえず服を着せるから後ろ向いててやれ」


アミティ「あ、そ、そっか……」

アルル「……はーい……(なんか気まずい……)」


~~~


レイ「………」

サタン「とりあえず一般的な男児の服を着せてみたが……ふむ、似合っているぞ」

レイ「……どうも」

サタン「では私は貴様の姉を探してくるとしよう、さらば!」バサッ



アミティ「(……普通の服だ……)」

アルル「(……普通に足がある……)」

レイ「………」ジッ

アミティ「……これもうただの絡みづらいタイプの子供じゃ」

レイ「………」シュッ

 スコーン!!

アミティ「痛ぁっ!?」


アルル「プレートの投擲速度は健在だね」

レイ「………」トテトテ

 イソイソ……

アミティ「あ、プレート拾い直してる」

アルル「四次元ポケット使えなくなったのかな…?」

レイ「(プレート:あれ人魂に預けてたから……なんか人魂呼べなくなってる)」

アミティ「そうなんだ、体出来た影響かな?」

アルル「幽霊じゃなくなったから……?」

レイ「(プレート:かもしれない)」


~~~


サタン「あっちこっちワープしてて捕まえるのかなり大変だった」

ユウ「じゃじゃーん! 肉体派幽霊のユウちゃんだよー!!」

アミティ「肉体派ってわりには弱そう」

アルル「レイくんより体力なさそう」

ユウ「軽いギャグなんだから流してよ-、……でも確かにレイくんの方がつよそう……なんで?」

サタン「魂から肉体の記憶を読み取っているからな、私は知らん」

ユウ「へー……なんでレイくんの方が健康そうなんだろう? 不思議だね!」

レイ「……、………そうだね」

サタン「では、私の仕事はここまでだ。日が暮れたら元に戻る、上手くやれよ」バサッ


アミティ「それで、どうする?」

ユウ「そりゃー勿論いつもと違うユウちゃんで街を探索探索-!!」ダッッ

レイ「あっ……」


 スタタタタタ


 ガッ ベシャッ


 「「………」」


レイ「(プレート:急に走るから)」

ユウ「……痛い……」プルプル

アミティ「今思いっきり段差に突っ込んだように見えたけど……」

アルル「顔面から行ったね……大丈夫?」

ユウ「……浮いてる感覚でつい……いったぁ……」プルプル

レイ「……大丈夫?」

ユウ「でもこの痛さ久しぶり……生きてるって感じがするよね……!!」グッ

レイ「(プレート:良かった大丈夫そう)」

アルル「ユウちゃんホントポジティブだよね」

アミティ「あたし転んであそこまでポジティブな表情したことないかも……」


~~~


ユウ「にしてもこの感覚すごいね! 地に足着いてるって感じ?」

レイ「(プレート:そのままだし……)」

ユウ「ほらほら、サイレントステップで音出るよ!!」タッタッ

レイ「………」

ユウ「見よこの華麗なステーップ!!」タッタッ

レイ「(プレート:ユウちゃんそれ反復横跳び)」

ユウ「ステップってなんだっけ」タッタッ

レイ「(プレート:さあ……あとそこぬかるんでる)」

ユウ「あべしっ!!」ズルゥッ

レイ「(プレート:だから言ったのに……)」

ユウ「………」ムクリ

レイ「……?」

アミティ「ユウちゃんまた転んだの? 大丈夫?」

アルル「あはは、ちょっとはしゃぎすぎだよ」

レイ「……ユウちゃん?」

ユウ「………」

アミティ「こ、怖いくらいに無口……!?」

アルル「どこかぶつけたんじゃ……」

ユウ「これだ!!」ザッ

レイ「!?」ビクッ

ユウ「今の見たでしょ!? すごいよレイくん今しかないよ!!」

レイ「は?」

アミティ「ユウちゃんがおかしくなった」

アルル「元々こんな感じのテンションだった気もするけど」

ユウ「いつ実行するの!? そう、今でしょ!!!」

レイ「(プレート:ユウちゃんそれ言いたかっただけでしょ)」

アミティ「あと古い」

アルル「絶妙に古い」

ユウ「あうっ」グサッ

レイ「(プレート:時が経つのは早いよね)」

ユウ「つ、つい最近まで流行ってた気がするのに……」ヨロヨロ


~~~


アミティ「それで、どうしたの?」

アルル「急に場所移動なんかして……」

ユウ「ふふ……今こそこれを実行する時……!!」ポイッ

アミティ「そ、それは……」

アルル「バナナの皮……!?」

ユウ「そう! お笑い芸人の王道中の王道でありながら、いままでどうあがいても不可能だったバナナコケ!!」

レイ「(プレート:今まで踏んでるていでスレスレのところで滑ってみてたりしてたよね)」

ユウ「あれは終わったあとの切なさが尋常じゃないから」

アミティ「後は落とし穴引っかかって見たりとかね」

アルル「どう足掻いても落ちないけど」

ユウ「普通に落ちようとすると蓋をすり抜けちゃってね……でも、今ならその心配もなし!!」

アミティ「おお」

ユウ「いざ! バナナずっこけー!!」ダッ


ユウ「………」タッタッタッ

ユウ「………」タッタッ

\バナナ/

ユウ「……!」タッ…

ユウ「わ、わー……」


 ツルッ


「「………」」


レイ「(プレート:こけかたがしょぼい)」

アミティ「今見てからこけたよね」

アルル「勢いが足りない」

ユウ「だって転んだら痛いじゃん……」

レイ「(プレート:当たり前)」

ユウ「しかも結構伝わらない感じの鈍痛だから中々思いっきりいく決意が……」

アミティ「でもそこを乗り越えてこそのお笑い芸人じゃない?」

アルル「そうそう、大体ユウちゃん自分から爆発に巻き込まれたりしてたじゃん」

ユウ「あれは派手な感じに引きつけられてるというか、そんな痛く無いし……でもそうだね、あたしがんばる!!」

レイ「(プレート:ファイトー)」

ユウ「先ずは作戦を立てよう」

アミティ「そこからなんだ」

アルル「勢いで行くのかと」

ユウ「そう思うじゃん? 実際ベストなカメラ角度とかスライディングの方向とか……」

レイ「(プレート:確かに笑いはカメラ映りに左右される)」

ユウ「そう、だから先ずはバナナが完璧に映る感じの機材配置研究を!!」


~~~


アミティ「こんな感じでいいんじゃない?」

アルル「大分良い感じだと思うけど……」

ユウ「よし、それじゃあ早速」



あやクル「………」ペラッ

 スタスタ……


ユウ「あれ、あやクルだ」

アミティ「読書中かな?」

レイ「(プレート:あのまま行くと……)」



バナナ「」ツルッ

あやクル「ふわあ!?」ズルゥッ




アミティ「すごい角度!」

アルル「見事なスライディング!!」

レイ「(プレート:そして視聴率取れそうな声)」

ユウ「ぐぬぬ」





あやクル「ゴミを放置したら危ないだろう」ボッ

アルル「歩きながら読書するのも危ないと思うけど……」

あやクル「……む?」

レイ「(プレート:どうも)」

ユウ「まさかあやクルがあんな完璧な転び方を身につけていたなんて……」

あやクル「ん?」

ユウ・レイ「「?」」

あやクル「……なんだこの子供、誰の子だ?」

ユウ「えっ」

レイ「(プレート:体付きの幽霊です)」

アミティ「普通の格好してるし、確かにわかんないよね」

アルル「サタンに体作って貰ったんだ」

あやクル「なるほど、それに取り憑いている形ということだな」

ユウ「お揃いだね!」パァッ

あやクル「ふむ、そうだな」

レイ「(プレート:そもそもあやクルは幽霊じゃない)」ムッ

アミティ「あ、レイくん嫉妬――」

レイ「………」シュッ

アミティ「モルスァ!!」スコーン

アルル「余計なこと言うから……」


~~~


アミティ「で、水被り落とし穴良い感じに絡まる草むらと色々やったけど……」

アルル「どうだった?」

ユウ「満足した」

レイ「(プレート:それは良かった)」

アミティ「それで、体が出来た感想は?」

ユウ「やっぱ体って無い方が小回り利くし便利かなって」

アルル「身も蓋もない……」

ユウ「だから皆を幽霊にするのってすごい親切な活動なんじゃないかな!?」

アミティ「それはやめて」

アルル「じゃあ、日も暮れて元に戻ったことだし」

アミティ「二人とも楽しんでたし、収録はこのあたりで……」

アルル「シーユー☆ネクストタイム!」


終われ

投稿ありがとうございました!
ユウちゃんは念願の王道ボケを出来てご満悦のもよう
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

リク消化ありがとうございます!!ユウちゃんポジティブでかわいいhshshshs(((

切なくなってきた(´・ω・`)

テストごときで死にたいとか言ってすみませんでした…もうすこし頑張ります…(命の重み実感中)
お揃いだね!!のユウちゃんの効果音可愛すぎるんですが…!

No title

\バナナ/
え?この子達誰…そうかユウレイか…ってえっ⁉︎
取り敢えずユウちゃんは根っからの芸人ということで←←

生きるってすばらしい!イッツ、ビューリホー!

※英語の意味知らないで使ってます

ユウちゃんよくこけますね…

ところでサタン様は
「アルルに求められるのは悪くない気分だ」
とおっしゃってましたね
アルルはやっぱりえろ○いんですね!

ユウレイには切ない過去とかありますからね…
もう少し人間として生活するのもいいかもしれませんね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

この二人を見てるとすごく和むなぁ...。
レイくんも嫉妬してるところがかわi(トゥーンストーンストーム...

きたー!

王道やって満足してるゆうちゃん可愛いし、あやや←に嫉妬してるれいくんも天使!お家に持って帰りたいです。

No title

かわいいいい!
うわああああああ!
はじめましてりんりんです!
リクエストですが
りんごちゃんのマジキチモードを復活させてください!
もちろんくすぐりで←
相手は紙に書いてりんごちゃんにおとどけしときますねw

りんご宛

レイくんを思う存分くすぐってください。シグでもいいですよー。
レイくんって笑うのかな…←
R-15程度で、ね。

No title

あれっ、投稿できてた。
ごめんなさい上の取り消してください。
同一人物です

No title

レイくんが歩いてるのが凄い可愛く見えるw
あと幽霊の時と同じようにプレートで会話してて可愛いです!
しかし何があってもポジティブなうえに芸人としての考えを忘れないユウちゃんって凄い……

あの二人って

死後に性格が入れ替わったって話だった気が…(小声
まあ現在の魂を反映するって話だから普通に納得ですが;

体があっても性格変わらず

どうも~二回目のコメですなのぜ
アミティ「痛っ!」「モルスァ!」(合ってるかな)
ざwまwあw(アミティ好きじゃなかったりする私)
レイ君の服はシグっぽい気がするです、ユウちゃんはワンピかな?
レイ君の姿想像して萌えた私はきっとショタコンw
ユウちゃん…ポジティブな性格になる秘訣は何ですか…ワケテクレ
P.S.妖華で良いですよ(長いので)

No title

\バナナ/
で不意打ちくらいました(笑)
ユウとレイは人間の頃は性格真逆だったというのがありますが…
こういうのもいいですね♪

No title

ユウちゃんとレイくんが人化した!
…いや、人に戻ったが正しいのかな? (謎のひとり言)
ユウちゃんとレイくんが一番好きなので、めちゃくちゃ面白かったです!
でも、ユウちゃんが芸人って知らない人が見たら、
ただのドMじゃ レイ「……」シュッ cmサークル「モルスァ‼」スコーン

なんだこのかわいい生き物(

とは言いつつ普段は生き物というか生きてないけど今回はまあ生き物ということでw
ユウちゃんかわいいですね、急に走り出してこけちゃうところとか痛いのが怖くてビクビクしてるところとか!
レイ君もお姉ちゃん大好きであやクルに嫉妬してるところがかわi(スコーン!

ところでこの手の話ってユウちゃんがレイ君より身体が弱いところとかあやクルへの嫉妬とかお姉ちゃんへの思いとか
色々とシリアスな妄想が捗りますね(

ユウちゃんの体が貧弱……

元気だけど貧弱の娘って……ハイエースするしかなくね……( ・`ω・´;)?
体付きのレイくんってなんのひねりもなく考えると無口な2Pカラーまぐろ君っぽいって一瞬思ったけど次にはマザーのポーキーが頭の中をよぎる!不思議!!
ユウちゃんの生きてるって感じするよねからのだって転んだら痛いじゃん……の熱い手のひら返し、生きてるって感じ(ry

No title

スライムさん>

投稿ありがとうございました!
ユウちゃんはどうなってもポジティブですw


立歌さん>

命があるってすばらしいことですよ、
安易に死ぬって言っちゃダメですからね!(汎用性格好良い台詞)


弥生さん>

\バナナ/
平和なプリンプに颯爽とバナナが!!


ゆーさん>

いいえ、アルルはえろくありません、
サタンさまがド変態なんです(


モノミズさん>

あやクルとユウちゃんが中良さげだと
やっぱりレイくんは嫉妬しちゃいますねw


なつもちさん>

今回は皆かわいい感じの
ほのぼのにしてみました!


りんりんさん>

初めまして!
いつも楽しみにしていただいているようで光栄です(`・ω・´)

ただ申し訳ないのですが、男性をくすぐるネタは
読者さんの好みがわかるのと私も上手く書けないので、今回はごめんなさい。

では、またのご投稿をお待ちしております!


ダークコメットさん>

小さい足でてちてち歩いてます、
勿論歩幅はアミティ達があわせてあげてます(


鈴音ラン>

今回のリクエスト内容もういちどお読みください(小声


妖華さん>

アミティは何も考えず発言するので
今回はプレート強投げ二撃貰ってます(


No nameさん>

自己主張の激しいバナナです。
今回はそのままの性格で、とのことでした!


cmサークルさん>

ありがとうございます!
ユウちゃんはただ芸人魂がものすごいだけだから!


ウバメさん>

生身で転ぶと思ったより痛いことを知り
転ぶのをちょっと躊躇った結果美味しい場面をかっさらわれた芸人ユウちゃんです(


マキJOYさん>

目隠れ系男児キャラを
片っ端から思い浮かべるのはヤメルンダ!

掌返ししたっていいじゃない、人間だもの…

No title

雛嬢さん>
だったらユウちゃんでどうですか?
ちなみに私はNL.GL.BL全部受け付けるのでw
とりあえずくすぐりネタが読みたいだけの紳士ですw←
タメ口でいいですよー
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。