スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよ☆ラジオ!

アルル「みなさんこんにちは! ぷよ☆ラジの時間だよ!」

アミティ「本日はP.N『ウバメ』さんからのご投稿!

     皆で闇鍋をして下さい!材料は各自持参ですが、原則として入れられるのは
   「食べることができる」食材のみです!逆に言えば、食べられるものなら何であろうとOKです!
     フィーバードの肉だろうがポーションだろうがぷよんぼだろうが構いません!


     とのことだね! わぁ……そういえばもう鍋の季節だねー……」

アルル「そうだねー……」

レイ「(プレート:遠い目をしても現実逃避にしかならない)」

アミティ「あ、参加者要望がついてる」

アルル「レイくんも参加者にしてくださいだって」

レイ「!?」

アミティ「投稿が来ちゃったものはしかたがない、闇鍋の準備を進めよう」

アルル「とはいえ必要なのは鍋くらいだから、とりあえず人集めだね」


~~~


アミティ「そんなわけで、やってきました闇鍋パーティ!」

アルル「今回のルールは、『食べられる物を入れること』以上!」

シェゾ「清々しいほどシンプルだな」

リデル「ぎゃ、逆に恐怖心が沸きますね…」

りんご「このシンプルさが闇鍋の闇を現している気がします……」

ユウ「せんせー! それルール以前の最低限のことだと思いまーす!!」

レイ「(プレート:これがラジオ企画じゃなければ帰りたい)」

クルーク「僕最近育て始めたサボテンに水あげ忘れてた」スッ

シグ「……ムシのせわが……」スッ

ティ「えっと……、……犬がお腹空かせて」スッ

ラフィーナ「サボテンにこまめな水やりは不要、虫は冬眠中、あの犬なら自分で餌食いますわよ」ガシッ

アミティ「ナイストリプル引き留め」

クルーク「鍋パーティって聞いて嫌な予感はしてたがまたこれか!!」

シグ「かえりたい」

ティ「皆で鍋するから艦長として親睦にって聞いたから来たのに!!」

アルル「親睦だよ? これも立派な」

ユウ「そうそう、あっつあつの突っ込んだり励まし合いながら正体不明の物を口に入れたり……」

ティ「そんなバラエティ的な親睦は嫌だ-!!」

ラフィーナ「ところでアミティさん、その後ろのものを出しなさい」

アミティ「え? でも闇鍋の食材は内緒で……」

ラフィーナ「じゃあその中に絵の具と石と貝殻と洗剤があったら出しなさい」

リデル「し、失礼ですよラフィーナさん、いくらあのアミさんだからって……」

ティ「いくらなんでもルール知ってる司会がそんなもの持ち込むわけが――」






アミティ「混ぜれば胃に入れることは出来るから……」

ティ「(あった……)」

リデル「(……アミさん……)」


ラフィーナ「その理論で行けば万物が食べ物でしてよ!!」

ユウ「食材ならせめて単体で食べられるものから、かな……」

クルーク「いきなり不安だ……」



~~~



アルル「それじゃあ電気消すよー」

アミティ「鍋の位置は確認した? じゃあ改めて、闇鍋開始だよ!」



 パチンッ



「あんまり変なもの入れちゃだめでしてよ?」

「わかってるよ、もー」

 ポチャッポチャッ

「おいなんか突然スパイシーな匂いになったぞ!?」

「大丈夫大丈夫、これ入れとけば大抵食べれるものになるって!」

 ポチャッ ポチャポチャッ

「……今度は若干フルーティな匂いになったような……」

「果物は料理に入れても美味しいのデス!」

「……それ、闇鍋でやるのはリスキー……」

 ポチャンッ ポチャッ

「なんか生臭くないか!?」

 ポチャ… プヨッ

「今ぷよ入れたの誰だ!!」

「…これしかないや」

 ボチャッ トポトポトポ…

「え、液体! 今何らかの液体が入った音が!!」

「トモダチが、これすきだって……」

「あ、甘ったるさと辛さが混ざった変な臭いが……既に吐きそうです……そしてごめんなさい」

 ポシャポシャッ…

「なぜ謝った!? そして何を入れた!?」

「な、なんか変わったにおいするけど……ここはあたしが巻き返す!!」

 ピチャビチャッ ベシャッ

「何入れましたの!? 今何入れましたの!?」

「なんか生臭い!!」

「もう皆入れたね? 電気点けるよ!」



 パチンッ



 ゴポゴポッ ゴポッ……


 「「………」」


ティ「捨てよう」

アミティ「食べ物を粗末にしてはいけません!!」クワッ

クルーク「食べ物じゃない、毒の沼だよこれは」

リデル「な、なんでしょう、この粘性は……」

りんご「それより色がおかしいと思います」

ラフィーナ「全体的に濁った毒紫色、ところどころに散らされた色彩が芸術としてはマーベラスですわね」

アルル「ぷよって彩り豊かだよね!」

シェゾ「お前の仕業か!!」

ラフィーナ「なんかこの妙にどろっとした……半固形の物質はなんでして?」

シグ「ゼリー」

ラフィーナ「……シグさん、食べられるものって言われましたわよね?」

シグ「ムシがたべられる」

ラフィーナ「虫と人は違いましてよ!?」

シグ「…さべつ、よくない」ムッ

ラフィーナ「これは区別ですわ!!」

ユウ「バラエティ的にもNG」

レイ「(プレート:映像流したらわりと洒落にならない苦情が来るレベル)」


~~~


鍋「」グツグツグツ… ゴボッ…ゴボボッ…


アルル「誰一人手をつけないまま良い感じに煮詰まって参りました」

アミティ「そろそろ食べ進めないとどんどん濃くなる一方です」


ラフィーナ「あなた先に食べなさいよ」

アミティ「やだ」

リデル「で、でも……このままだともっと恐ろしいことになるような……」

ティ「……今の時点でもう手遅れだと思うが……」

りんご「ここは公平にじゃんけんで決めましょう」





シェゾ「さあああいしょーはグゥゥゥ!!」グッ

クルーク「じゃあああんけえええんポォォォォン!!」グッ


  バッ


シェゾ「いよっしゃあああああ!!」グッ

クルーク「ノォォォォォォォ!!」チョキ 




りんご「じゃんけんとは思えない熱い最下位決定戦」

ティ「命が掛かっているからな……」

アルル「勝ってもそのうち食べるんだけどね」



~~~



アミティ「ルールはおたま一杯です」

アルル「公平性を出すために、目を閉じて掬ってね!」

ラフィーナ「まあどこ掬っても地獄でしょうけどね」

シグ「がんばれがんばれ」

クルーク「お前ら他人事だと思って……どうにでもなれ!」ガバッ


 ドロォ…


クルーク「粘性があるからか妙に重い……」

 ベショッ

クルーク「食べ物から出ていい音ではないぞこれは……」


アミティ「おお……」

シグ「……あー……」


クルーク「な、なんだその反応!? 僕は一体何を取――」

 ドロォ…

クルーク「」


ラフィーナ「増えるワカメですわね」

ティ「あの汁をたっぷり吸ってるのか……えげつないな」

リデル「い、家に一杯余ってて……お鍋に入れると良い出汁が出るし、ワカメ自体もお出汁を吸って美味しいから……」

シェゾ「お前かあのテロ食材を入れたのは!」

ユウ「アレを取ってしまうと、必然的に大量の汁を口に含むことに……」

レイ「(プレート:恐ろしい)」


クルーク「え、ええい! 僕も男だ!! この程度――」ガッ

クルーク「(……お? 意外といけそうだ。ワカメ臭で恐ろしい臭いが隠れて――)」

 モグ…

クルーク「ブッフォ!!!」ブフゥゥゥゥゥ!!


ラフィーナ「うわきたなっ!」

りんご「乾物の本髄は、一噛みしたところからです!」

アミティ「クルークがんばれー!」

クルーク「無理無理無理無理!!」ブンブン

レイ「(プレート:ルール厳守)」

アルル「シグやっちゃってー」

シグ「はーい」ガッ

クルーク「!? な、なにをする! 離せ、離――」




クルーク「」チーン




 「「………」」


シェゾ「なんだろう……死刑待ちの処刑人でもこんな気分にならないんじゃないか……?」

アルル「はい次シェゾね」



~~~


シェゾ「我が生涯に一片の……悔いだらけだチクショウ……」ガクッ


アルル「燃え尽きたね……真っ白に……」

りんご「ああ……ストレスにして、髪が一瞬で真っ白に……」

ラフィーナ「……元々白くありませんでした?」

シグ「しろかった」

ユウ「いよいよスリルが出てきたね……」

レイ「(プレート:悪い意味でね)」

アミティ「うぅ……あたしの番来るの怖いなぁ……やだなあ……」ブルブル

りんご「じゃあかあしい! こうなった以上、ぐだぐだ言わず受け入れるのみですよ!!」カッ

ティ「次誰だっけ」

アミティ「りんごちゃん」

りんご「嫌だ-!! 死にたくなーい!!!」ダッ

ラフィーナ「観念なさい」ガッ

リデル「死にたくないって鍋パーティしてる時に出て良い台詞じゃないですよね…」


~~~


りんご「バナナのどろっと感が謎のマーベラスドロドロと混ざり甘くかつ生臭く後から来る謎の風味と腐った豆腐のような雑味とくさやのような苦みゲロのような酸味が非科学的なぐふぅ」チーン

アミティ「最高に食欲の失せる解説ありがとう」

アルル「次ユウちゃん」

ユウ「生゛ぎたいっ!!」ドンッ

レイ「(プレート:もう死んでる)」

ユウ「やはりこういうリアクションで生者に勝つのは難しいか……」ブツブツ

レイ「(プレート:反省会は後で)」


~~~


ユウ「川の向こうでレイくんが手を振ってる……」ガクッ

レイ「(プレート:しっかりして僕生きてる)」

アミティ「いや死んでる」

アルル「ところでシグの姿が見えないけど」

ラフィーナ「あそこで立ったまま花提灯膨らませてますわ」

シグ「………」プゥ

ティ「現実逃避か……」

リデル「逃避の一つや二つもしたくなりますよね……」

アルル「次レイくんだっけ」

レイ「(プレート:逝ってくる)」

アミティ「流石スタッフ潔い」


~~~


布「」ファサァ…


アミティ「レイくーーーん!!」

アルル「無茶しやがって……」

ラフィーナ「成仏したか……」

ティ「あ、そろそろ帰らないと」

アミティ「次ティ」ガシッ

ティ「ふぇぇ……(´;ω;`)」

アルル「可哀想な顔してもだめ」


~~~


ティ「死ぬほどまずい」ガクッ


アルル「普通の台詞を残して逝ったか……」

アミティ「ティ……最期まで普通だったよ……」

ラフィーナ「死人に鞭打つのはやめてさしあげなさい」

リデル「……つ、次は私で、その次がシグさん、でしたよね……」

アミティ「……どんまい……」

リデル「……覚悟を決めます……」


~~~


リデル「」チーン


アミティ「次はシグだけど……起きないね」

シグ「Zzz」プゥ

ラフィーナ「きっと本能的に起きるのを拒否してますのよ……」

アルル「めんどくさいから口の中突っ込んじゃえ」ズボッ

シグ「」パチンッ

アミティ「あ、花提灯割れた」

シグ「」バターン!!

ラフィーナ「直立したまま倒れた!?」

シグ「」チーン

アルル「死亡確認」

アミティ「ついにあたし達だけになってしまった……」

ラフィーナ「……どうしてこんなことしてるのでしょうね、私達」

アルル「本来美味しく食べてもらえるはずのいくつもの食材を劇物にした闇鍋の業≪カルマ≫は深い……」

アミティ「さあ、次はラフィーナだ……あたしも直ぐ後を追うよ……」

ラフィーナ「……なんて深刻な鍋パーティなの……」


~~~


ラフィーナ「ふふ……生まれ変わったら魔法使いになりたい……」スゥ…

アミティ「悟りきったような安らかな死に顔……」

アルル「……まあラフィーナこういう企画何度もやってるしね」

アミティ「慣れって怖いね」

アルル「いよいよボク達の番なわけだけど……」

アミティ「……うん……あ、でもスタッフも居ないし、先にラジオ終わらせなきゃ……」

アルル「そうだね……、じゃあ挨拶してから同時に逝こう」

アミティ「なんだろう、今はその文字に違和感を感じないよ……」

アルル「せーの……、シーユー☆ネクストタイム!!


 ガッ ムシャムシャ ドサッ カランッ…



終われ

投稿ありがとうございました!
闇鍋の業は深い……深いのです……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お久しぶりです

お鍋が美味しい季節になりましたよね。
なりました…なった…

地獄絵図再びきましたねw

闇鍋になると絶対こうなってしまうプリンプの皆さん面白いです。(見ている側の特権)

今日の夕食、トマト鍋でした。

少し余ってるから、それで闇鍋しようかと思ったのですが、やめときますね。

紫色の鍋ってなかなか出来ないんじゃね?
作ってみたいけど、どうやって処理するかが問題ですね…

ところでその「シーユー☆ネクストタイム!!」の後の音が妙に気になるんですが…
何があったのでしょうか?

生ぎたいっ!!

ユウちゃん、成仏する寸前まで芸人貫き通して…
…まあ、次にはなんにもなかったようにピンピンしてますけどね!
アルルはカレー粉(ルー?)入れたのに、ダメだった!
闇鍋コワイ…

No title

レイくん、ついに成仏してしまったのか..(;ω;)
ラフィーナの「生まれ変わったら魔法使いになりたい」が地味に切なかったです。
(最近、青ぷよを食べてみたいと思った私は頭がアミティレベルなのでしょうか(()

どうしてこうなった

ここは料理をすると死体が発見される所…笑うしか…無いじゃない…
フィーバードの肉って食えるのかよ!?ってよく考えたらフィーバード鳥じゃんw…だからって食える…の?
>>ガッ ムシャムシャ ドサッ カランッ…
―動く者が居なくなった部屋に、食器がたてる音が寂しく響き渡る…―

片方が先に食べて、もう片方が挨拶→逃げる…じゃなくて同時に逝ったのは割と珍しく(?)公平で良かったと思います。
きっとこの後、ティを迎えに来たエスかアルルを迎えに来たサタン辺りが「なにこれこわい」とか言ってる。

No title

ユウちゃんはメンバーから外すべきだったんだ…(蘇生)シグが逝ったなら俺だって…バクッカランッ

No title

お前ら無茶しやがって…
こんなに潔く逝けるのね…うふふ…(ぶっ壊れ)
もう鍋食べらんない…この前食べておいて良かった(

 _人人人人_
 >ティ君普通<
  ̄Y^Y^Y^Y ̄

うおお、ありがとうございました!

とっても面白かったです、自分のリクエストが出てくるとやはり嬉しいです!

ユウちゃんだけでなくレイ君も今回は芸人っぽく逝きましたね…w
レイ「(プレート:もう死んでる)」
レイ「(プレート:しっかりして僕生きてる)」
うーん、この対比(

皆さん期待通り、いや期待以上の阿鼻叫喚っぷりでしたね、闇鍋という修羅の食べ物(?)の前では
増えるワカメという普通の食材ですら凶器となり得る…!
僕?最近キムチ鍋食べました(倒れてる面々見ながらにっこりスマイル)

2回目っす

あ、こんにちは。
闇鍋・・・私(小6)が一度やってみたい
イベントでもある・・・
だがしかし死にたくない。
だがしかし何でも美味しく感じる
(謎の)私の味覚があれば大丈夫?

闇鍋…

この企画は毎回命がけですな
まあ皆次の企画までにはすっかり回復してるんでしょう?(震え)
ああ…リデルがぁ…リデルが逝くなら私も!
〜この言葉を最後になつもちの姿は何処かへ消えてしまった〜

No title

なつもちさんから私と同族の気配がする…!さあ一緒にシグとリデルのところへ逝こうじゃないか!バクバクカランッ…シーン

No title

ちいらさん>

お久しぶりです!
私はアンコウ鍋が食べたいです…
最近ポケモンでランターン育ててるから無性に食べたい(問題発言)


ゆーさん>

闇鍋は深い業《カルマ》を背負い
ロクな目に合わないのでやめたほうがいいです…(

同時に鍋から取る→食す→倒れる→食器が転がる流れですね。


cmサークルさん>

ただカレーを作るだけなら
どんな食材からでも作れるアルルも
闇鍋を立て直すのは無理だったもようです。


スライムさん>

青ぷよはブルーハワイに見せかけて
魚の内臓発酵させたみたいな味がしそうです。


妖華さん>

そして誰も居なくなった…
フィーバードって良い感じに柔らかそうで
唐揚げや親子丼にすると美味しそう(問題発言)


ドランさん>

後追いはやめるんだぁ-!


弥生さん>

>ティくん普通
やめたげてよぉ!!


ウバメさん>

投稿ありがとうございました!

生きてる(生きてない)というレイくんの高度なボケだったんだよ!!
ΩΩΩ<な、なんだってー!?

アンキモ鍋がとても食べたいです( ˘ω˘)


ナズナ925さん>

こんにちはー
闇鍋に入っているのが食材だけだといつから錯覚していた…?


なつもちさん>

シリアスシリーズではないので
次の回では何事も無かったかのように復活しています(

No title

りんごちゃんの感想が見事ですね
てかそれじゃあこの世の全ての食材を混ぜ合わせたみたくなってるじゃないすか
闇鍋…怖いもの見たさで体験してみたいけど死にたくない


いやレイくんが見送ってくれるならむしろ死にたい

じゃ、外道ゴ●シに鍋をちょっくらお借りしまーす。
(スワマ「HA☆NA☆SE!!俺こんな所で死にたく無えよー!!」)
黙って飲め。

ゴクッ(←スワマが例の鍋をおたま一杯分一気に飲んだ音)

(スワマ「ギャァァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!」)ピチューン!!!(←スワマ死亡音)

ヒヒッ、すごい威力よ。
(ダークライ「(カンペ:ミニ戦国BASARAでアニキが元就さんに海賊お宝粥飲ませたシーンよろしく大惨事になったな)」)
(アルル・アミティ・りんご・ウィッチ「また随分と派手に…」)

No title

雨瑠 さん>

りんごちゃんは最期にきっちり
味の感想を伝えてから逝ってくれました…(手合わせ)

▼いのちだいじに


プラズマ団名誉団員さん>

闇鍋を兵器利用してはいけませんw

No title

皆好きな誰かとなら逝けるという事が今回判明しましたねwww(ヤンデレ発言)

No title

個人的に今回は神回ですw(´∀`*)
レイ君の「」ファサ…とかww
ニコニコ動画で闇鍋の動画があったのを思い出しましたw

To雛嬢氏

いや、もはや凶器…(笑)

あ、忘れてた。慈愛符・「命の霧」
(闇鍋参加者全員をHP10の状態で復活させる。俺に闇鍋参加者×10ダメージ)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

妖華さん>

申し訳ないのですが、当時園児だったこともあり
殆ど覚えておらず、Dアルルちゃんも出してはいますが
見ての通りキャラが元とかなり違ってまして、
実は彼女の登場作品未プレイなのですよ……

では、またのご投稿お待ちしております!
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。