スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響「今年もバレンタインがやってきたね」


電「みんなにチョコレートを持ってきたのです!」

響「私も持ってきたよ」

長月「今年は忘れなかったぞ」

祥鳳「バッチリです!」

潮「つ、作ってきました!」

響「今年は皆準備万端だね」

赤城「……え、ええ……そうですね……私も作りましたし……」

祥鳳「その割りに、何も持っているようには見えませんが」

赤城「チョコレートはありますよ。そう、私の中に……」

響「我慢出来なかったんだね」

赤城「湯煎しながら舌触り確認してたら消えてました」


~~~


暁「暁は一人前のレディでお姉ちゃんなんだから、妹へのチョコくらい作れるもん!」グルグル

島風「溶けるのおっそーい!」グルグル

伊良湖「あまり急いでかき混ぜるとお湯が入ってしまいますよ。落ち着いて溶かしてくださいね」

天龍「うぅむ……、簡単そうに見えて意外と難しいな」

夕立「っぽいー……時雨お姉ちゃんみたいに上手く出来ないっぽい」

球磨「一度手作りしてみたいと思ってたクマー」

那智「経験としては悪くないな」

伊良湖「ふふ。初めてでも大丈夫! 間宮さんの下で修行した私、伊良湖がサポートいたします!」

夕張「駆逐から重巡まで。伊良湖さんのチョコ作り講習は大人気ね」

伊良湖「はい。作ってみたいけどやり方がわからないっていう艦は多かったですから」

伊良湖「ところで、夕張さんは順調ですか?」

夕張「ええ。伊良湖さんに教わった作り方を全て頭に叩き込んで――」

 ウィーンガシャンッ ピピピピッ ウィーン……

夕張「――自動チョコレート制作マシンを作ったわ!」

伊良湖「凄いけどそれはもう手作りチョコレートではありませんよね!?」


~~~


加賀「赤城さん」

赤城「は、はい! なんでしょう!?」ダラダラ

加賀「……そんなにヨダレを垂らして期待するのは、はしたないですよ」

赤城「ななな期待なんて何も……!」

加賀「そうですか……。ところで、次作戦の艦載機についてですが」

赤城「……、………あ、はい……」ショボーン

加賀「冗談ですよ。赤城さんに日頃の感謝と私の気持ちを込めてチョコレートを」

赤城「!!」パァッ

赤城「はっ……、それでその、チョコレートはどこに?」コホン

加賀「ここです」スッ

赤城「ここ、って……その大きな箱ですか?」

加賀「赤城さんを象って作りました」

赤城「ああ、去年みたいに艦だったころの?」

加賀「いえ今の」

赤城「えっ」

加賀「それでは」スタスタ



赤城「……じょ、冗談……言ってる顔じゃなかったわよね……」

赤城「この箱……私と同じくらいの高さ……」

赤城「………」



~~~



那珂「青葉さんにも、ハッピーバレンタイン!」

青葉「おや、ありがとうございます! 凄い袋ですね、皆に配り歩いているのですか?」

那珂「うん! 那珂ちゃんはみんなのアイドルだからね!」

青葉「なるほどなるほど……、ところで、ネタになりそうなスキャンダルとか……」スッ

那珂「ないしあっても青葉さんには言わないもん!」

青葉「ちぇ。那珂ちゃんはそういう記事が一番似合いそうなのですが」

青葉「良い煽り文も考えてありますし!」

那珂「煽り文? どんなの?」

青葉「それはもちろん那珂なだけに、『夜戦のアイドル!? 那珂ちゃん! ナカに出――』」

 「ドーモ=アオバ=サン」

青葉「」

青葉「ドド、ドーモ=ジンツウ=サン……」ダラダラ

神通「那珂ちゃんがなんなのか、私、気になります……」ニッコリ

青葉「そそそそれはですね単に那珂と膣n」

 シュルルルルッ

青葉「!?(天井から白い……ロープ!?)」

 ギュッ

青葉「ぐえっ!?(違……これは……マフラー!?)」

青葉「(う、上から誰か引っ張って……!?)」ギチギチ

川内(改二)「夜戦なら……私としよっ?」グイグイ

青葉「アイエエエエエ!? ナンデ!? ニンジャナン――」

 シュッ バタンッ ギャアアアアアアアアアアアア!!!


~~~


ビスマルク「あ…、ありのまま、さっき起こったことを話すわ!」

ビスマルク「天井裏から降りてきたマフラーが青葉を締め上げて天井裏に引っ込んだ」

ビスマルク「やっぱりニッポンにNINJAは居たのよ!!」キラキラ

Z1「そ、そう……ですかね……」

Z3「(ビスマルクさん……すっかり染まっちゃって……)」

ビスマルク「気分が良いわ! レーベ、マックス、これあげる!」

Z1「これって……」

Z3「……?」

ビスマルク「チョコレートよ。いつもついてきてくれるあなた達には感謝しているの」

Z1「ビ、ビスマルクさん……! 一生ついていきます!」ウルッ

Z3「…ありがとうございます(レーベのちょろさも心配ね……)」


~~~


山城「姉様! 姉様!」

扶桑「あら……、なあに、山城」

山城「バレンタインなのでチョコレートを作ってまいりました!」

扶桑「! チョコレート……作れたの!? 火傷してない? 誘爆は?」

山城「大丈夫です! 私の気持ちを込めて、ハート型にさせて頂きました!」

扶桑「まあ……! ハートが割れていない!」ウルッ

山城「やりました姉様! 今年のバレンタインは不幸じゃありません!」ウルウル

扶桑「でも……、こんなのどうやって……? まさかまるゆを……」

山城「時雨を砲塔に装備しました」

時雨「見つけたよ」ヒョコッ

扶桑「(あっかわいい)」キュンッ

時雨「僕もチョコ作ってきたんだ、扶桑も受け取ってよ」ニコッ

扶桑「(でもそのまま砲撃しちゃったらと思うとちょっと怖いわね……)」

山城「ナイスアイディアでしょう? 姉様!」



~~~


天龍「よっ那珂! 今日はいつも以上に気合入ってるな、出撃予定もないのに」

那珂「天龍ちゃん! 那珂ちゃんは今日大切な用事があるから、いっぱい可愛くしたんだよ!」

天龍「用事? 外出するのか?」

那珂「うん! と言ってもほんのちょっと離れるだけだけど……出張ライブ、行ってきまーす!」タッ

天龍「あ、おい……、……今度は何を始める気気なんだか」


~~~


響「外が騒がしいね」

龍田「那珂ちゃんがライブしてるらしいよ~、天龍ちゃんが言ってた」

長月「へえ、ここまで聞こえるなんて随分盛り上がってるようだな」

祥鳳「私も見に行ってみようかしら」

電「電も行ってみたいのです!」

潮「那珂ちゃんのライブは明るいから嫌いじゃない、です……!」

龍田「(あの子、結構駆逐艦人気あるのよね~……)いってらっしゃい」

長月「龍田は来ないのか?」

龍田「ん? ん~……、私は、天龍ちゃんに貰ったチョコでゆっくりお茶してようかな~」

響「赤城さんは……」

祥鳳「少し前にシリアスな顔で巨大な箱を引き摺って歩いているのを見かけましたが」

響「そうか。では私達だけて行くとしよう」


~~~


長月「声が遠い……、鎮守府内じゃないな、その外か?」

響「鎮守府正面海域の辺りかな」

電「行ってみるのです!」



那珂「憧れの改二になったから! もっと私のこと見ててよね!」

那珂「ア・イ・ド・ルだけじゃないってところ見せてあげる!」


 「キャーナカチャーン!」「ソウッ!」「ハイッハイッハイッハイッ!」


長月「おお、やってるやってる、盛り上がってるな!」

祥鳳「神通さん達の姿が見えませんね」

響「前は同じステージに居たのだけど」

川内「いやー、そうなんだけどちょっと治安悪くてさ」シュッ

潮「忍者!?」

長月「いつのまに背後を!」

川内「警備に回らずを得ないっていうか……、あっこらそっち関係者以外立ち入り禁止!」

川内「神通もどっかで警備してるはずなんだけど……、ああ忙しい!」シュンッ

響「過激なファンか……、彼女も随分人気が出たね」

祥鳳「……でも那珂ちゃん、鎮守府でしか活動してませんよね?」

電「そんなに過激な方、鎮守府にいるのでしょうか……」

潮「……あ、あの、あ、あ、あれ……」ビクッ



「ヲッヲッ」「地上ニ置イトクニハ勿体ナイ…」「仲間…ニ……」

川内「だめだめ! 引き抜きお断り!」

川内「だからダメだって! ここを通りたくば改二の私を夜戦で倒して行きなさい!」



潮「たぶん、深海の方々じゃないかなって……」

祥鳳「……たぶんというより、まさにそうですね……」

長月「よく見たら客全員深海艦じゃねーか!」

電「そういえば、出撃のたびに出張ライブとか言ってたのです」

響「まあ……、……深海には娯楽も少ないだろうからね」

祥鳳「それにしてもファンの動き、揃ってますね」

響「きっとにわかファンを引っ張るような良い先導者が居るのだろう」



神通「二曲目声張り上げて! 第四水雷行くぞ-!!」バッバッ

深海棲艦「「ムラサメ! ユウダチ! サミダレ! マイカゼ!」」

神通「涼風! 朝潮!」ピッピッ

深海棲艦・神通「「ナッカチャーン!!」」

 ワァァァァァァァァァァ!!

祥鳳・響「「………」」

神通「あっ」





神通「……ちょっと……過激なファンが出ないか、見張ってました……」オドオド

長月「一番過激な動きしてるのお前だったぞ!!」

祥鳳「完全装備じゃないですか」

神通「ち、違うんです! ハッピとハチマキは紛れるためで、探照灯を振って周囲の確認を……!」

響「サイリウムを探照灯と言い張る度胸」

電「動きがキレッキレだったのです……」

神通「わ、私としては、同じステージに立つより一ファンとして応援したかったというか……」

神通「だって那珂ちゃんかわいいんだもんしょうがないじゃないですか!」ワッ

長月「逆ギレ!?」


~~~


金剛「今年もバレンタインがやってキマシター!!」

金剛「テートクにチョコレイトを渡すデス!!」

霧島「……金剛姉様。バレンタインと言えば、別の事にも意識を向けた方が……」

金剛「別のコトー?」

榛名「大変です! 比叡お姉様の部屋から去年以上に気合いを入れてる声が!!」ザッ

金剛「ヒエー! 忘れてマシタ!!」

霧島「このままでは提督にチョコを渡すどころではありません。一度退避を」

金剛「そ、そうネ! 私は提督にチョコレイトを渡す前に散るわけには」


 「おっねえっさまーっ!!!」


金剛「」

榛名「」

霧島「」

比叡「比叡! 気合い! 入れて!! バレンタインチョコを作ってまいりましたー!!」

金剛「そ、そそそ、そうネー……、た、楽しみデース……」ジリッ

榛名「(一体今年はどんな物を……)」

霧島「ちゃ、ちゃんと計算された通りに作りました? レシピの確認を……」

比叡「ダメダメ! 比叡特性レシピは企業秘密です!!」

霧島「(特性レシピという単語から嫌な予感しかしない……!)」

比叡「でもそんなに気になるなら、先に食べる? 勿論妹達の分もあります!!」ズイッ

霧島「」

金剛「(Oh……キリシマが第一の被害艦に……)」

榛名「(まだ諦めるのは早いです、チョコなんて相当失敗しない限りチョコの味です!)」

金剛「(じゃあ去年のは相当失敗したのネ……)」

比叡「さあ! 遠慮無く!!」カパッ

霧島「あ、なんだ見た目はわりと普通……」パクッ

霧島「」メガネパリーン

金剛「キリシマアァァァァァァァ!!!」



~~~



伊168「ねえ、バレンタインって何もチョコだけじゃないと思うの」

伊8「なんですかセンパイ唐突に。やっとイベント終わったのに…」

伊58「今日はオリョールお休みでち?」

伊168「菱餅とか、たまには良いと思わない? 甘くて美味しくて低カロリー!」

伊401「いいですねー、そういう和っぽいの嫌いじゃないですよ、ここに来てカロリー心配したことないけど」

U-511「ゆー……結構痩せました……」プカプカ

伊19「でも、なんで急にお餅なのね?」

伊168「実は今、一定海域で菱餅のドロップがあってね……」

伊8「(嫌な予感)」

伊168「その回収を、私達が任されることになったの!!」キラキラ

伊8「やっぱりか!!!」



終われ


潜水艦には…! 不休で働いて貰う……!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

深海松「バレンタインはとうに終わってるぞ」

潜水艦が社畜と化してますけど大丈夫ですかねぇ..
雛嬢艦隊和民説

No title

鳥さん>

ホワイトデーまでがバレンタインなんだよ(すっとぼけ)
艦なんだから大丈夫大丈夫、戦争なんだから動けるだけ動くんだよ(背後から撃たれるタイプ)
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。