スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカダンプレイ記その2!

~~登場キャラ紹介~~

ジルエット(緑髪ソードマン♀)
ミスト(白髪メディック♀)
アヴェルス(銀髪ルーンマスター♀)
カリマ(黒髪カースメーカー♀)



早速第二ダンジョンへとやってきたジルエット達!
リーダーはロクに説明書を見ていない! 本も開封すらしていないぞ!!

ジルエット「大丈夫! なんとかなるって!!」
アヴェルス「本当にー? マニュアル既読痕が全く無いのだけど……」
カリマ「正面に敵」
ジルエット「大丈夫だいj」スカッ
 〝miss〟
シャインバード「クワー」ドゴォッ
 〝30〟
ジルエット「ごふぁ無理死ぬこれ死ぬ次殴られたら死ぬ」
ジルエット「ミストさん! 回復魔法をお願い!!」
ミスト「(覚えて)ないです」
ジルエット「えちょおま」ドゴァ

カリマ「このパーティはだめかもしれない」フゥ


スキルは覚えなければ使えないのだ!
全員スキルポイントMAX! 割り振らなければ意味はないぞ!!


(茶番終了)


そんなわけで開始早々見事にボッコボコにされつつもシステムを覚え、
二度目の挑戦にして無事第二迷宮を突破いたしました。
主にアヴェルスちゃんとカリマちゃんの魔法のおかげです。主人公ジルエット空気です。


恐ろしい子!




ボスに至ってはアヴェルスちゃんが麻痺嵌めして
ずっと私達のターンしてました。森ガールみたいな見た目して末恐ろしい……


その後、サラ博士に受けた何かのテストを手伝ってミッション報告するも
博士が帰ってこず、マガン市長の家に様子を見に行ってもおらず、マガンの家を出ようとしたところ
ギルド長が駆けつけ、サラ博士が迷宮の最下層に取り残されたと報告に来ました。

市長によると、冒険者ではない人間に迷宮で命の保証はないらしい。
……逆にミンチにされようが猛毒喰らおうが命の保証はある冒険者ってなんなんだよ(哲学)

救出ミッションの褒賞が出せないため、自宅にあるものを売却すると言い出した市長。
アストリアという人物の首飾りだそうですが、どう聞いても形見です。本当にありがとうございました。

マガン「ギルド長、わかってくれ…サラ博士の命には替えられないんだ……」
ギルド長「しかし市長……」
マガン「それに、もしアストリアが居たら…彼女は自ら差し出していたと思わないか?」


ジルエット「(あれもしかして私達が受けるミッションの報酬の話かな)」
ミスト「(物凄く受けづらいんですけど)」
アヴェルス「(超気まずい)」
カリマ「(貰える物は貰う)」


すごく…やりづらいです……(´ω`;)
褒賞が……重いです………(´ω`;)


ま、まあ……知らない人の首飾りですし?
それなりの結果は残しますし? いざ、第三迷宮へ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。