スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカダンプレイ記その3!

~~登場キャラ紹介~~

ジルエット(緑髪ソードマン♀) リーダー。馬鹿
ミスト(白髪メディック♀) タンク。普通
アヴェルス(銀髪ルーンマスター♀) 重火力魔法使い。苦労人
カリマ(黒髪カースメーカー♀)呪術師。 変人


明らかに形見らしき物を売却して褒賞を作る話を
ミッションを受ける前に思いっきり聞いてしまったジルエット達!
豆腐メンタル揃いテンペスタ。正直ちょっと心が折れそうだ!!

ジルエット「あのお金貰わないといけないのかな…つらいわ…心痛いわ……」
アヴェルス「アホみたいな動き方するわりに繊細ね……、私もちょっとやる気出ないけど」
ミスト「まあ……、き、聞かなかったことにして行きましょう」
カリマ「貰える物は貰う」
ジルエット「………」
アヴェルス「………」
ミスト「………」
カリマ「?」


なんやかんやありながらも第三ダンジョンに潜るゼルエッタ達!
しかしこのローグライクは初見殺しだ! 新しい場所には絶対何かあるぞ!!


ジルエット「あのナレーションとか最終階前のアレとか誰が話してるの?」
アヴェルス「行きなり触っちゃいけないところ思いっきり触ったわねアホリーダー」
カリマ「天のk」ゴスッ

 バタッ

 「「……え?」」

アヴェルス「ちょ、ちょっとカリマ? カリマ!? 一体何g」ゴスッ

 バタッ

ミスト「ジルエットさん! あっちに変なモグラg」ゴスッ

 バタッ

ジルエット「………」
ジルエット「退却!!!」クモノイトポイ-


はい。私にも何が起こったかよく分からなかったのですが、
どうやらひっかきモグラというモンスターに岩を投げられ少しHP減ってた後衛即死、
仲間を倒してレベルアップしたモグラに後衛がバッタバッタなぎ倒されたようです。

その後、三回挑むも全て何かしらの事故があり退却…
(主にモグラや琥珀強化モグラでの岩投げ事故)


そして、ついに……


ジルエット「糸(ダンジョン脱出アイテム)が切れました」
アヴェルス「えぇ~……」
ミスト「突っ込み過ぎなんですよー、やっぱり……」
カリマ「戻ってアイテム収集を推奨」
ジルエット「私達の道に、戻り道なんてない!!!」
アヴェルス「格好良い台詞をどうでも良いシーンで言わないで」


はい。しかしこの次の挑戦で
(レベル上がって皆タフになっていたのもありますが)
半分即降りのような移動で奇跡の突破を果たしました。

しかし、最終フロアにはボスというのが居るもので……


巨大蛙「ゲコオォォォォォ……」


アヴェルス「さあ、行きましょう!」
ジルエット「アヴェルス……あなたに言わなければいけないことがあるの。私……」
アヴェルス「何よこんな時に、死亡フラグとかやめなさいよ……?」
ジルエット「アムリタ(技能ポイント回復アイテム)買い忘れた」
アヴェルス「私の死亡フラグじゃないの最悪よ!!」
カリマ「魔法の使えない魔法使いの存在価値とは」
ミスト「物理で殴れば良いんですよ!」グッ
アヴェルス「まだ戦えるから! TP残ってるから!!」
ジルエット「とにかくアヴェルスはTP節約で炎魔法を!」
アヴェルス「でもそれじゃあ麻痺が……」
ジルエット「大丈夫! 睡眠の巻物いっぱいあるから大丈夫!!」バッ


巨大蛙「ゲエエエエエエ!!!」ズビシィッ

【回転攻撃】

ジルエット「コイツ睡眠効かねえ!!!」critical!!
ミスト「近づき過ぎた!!」critical!!

アヴェルス「なんであの馬鹿はフラグを即回収するかなもう!!」
カリマ「メイン盾とタンクがやられた。このパーティはもうだめかもしれない」
アヴェルス「(どうしよう絡みにくい子と二人きりになった……)」
アヴェルス「出来るだけTPを節約。麻痺してる間に距離を置いて、逃げ回りながら倒すわよ!」
カリマ「了解」


巨大蛙「ゲロロロロロロロロロ」ビシャァァァァァ

【水弾】


アヴェルス「待って遠距離攻撃なんて聞いてn」ベシャァッ
カリマ「このパーティはもうだめ」ベシャァッ





ジルエット「ボスで倒れるとアイテム全部持ってかれるんだね」
ジルエット「オマケに装備もいくらかない! おっそろしいね!!」
アヴェルス「おっそろしいのは雑魚に勝てないのにボスに突撃したアンタよ!!」
カリマ「最初から思ってたけどこのパーティはバランスが悪い」
ジルエット「私も第二迷宮で私以外全員杖持ってるの見た時やらかした感じした」
ミスト「しかもジルエットさん剣士だけど言うほど固くもないですよね」
カリマ「重装備が出来ることを考慮して、雑魚を受け切れても強化雑魚に殺される耐久は並レベル」
アヴェルス「っていうか自分がリーダー外された時勝手に敵に突っ込むのやめなさいよ」
ジルエット「私の脳内で誰かが囁くんだよ『バッチリがんばれ』と」
カリマ「『いっしょにいてね』に書き換えるべき」

ドラウト「どうやら私の出番のようだな!」



ジルエット「あ、あなたは……、最初に登録したけど全く使ってないメイン盾!!」
ドラウト「パラディンだ!」
ドラウト「挑発でのヘイト稼ぎ、圧倒的な高耐久!」
ドラウト「どう考えてもこのパーティには私が必要だろう!!」
ジルエット「でもレベル4はちょっと……私達みんなレベル10くらいなのに」
ドラウト「」
ミスト「でもジルエットさん、やっぱり盾は必要では」
ジルエット「よし皆、当たって砕けるよ!!」
アヴェルス「この人ARPGやったらSTRとAGI全振りするタイプね」
ミスト「VITという概念がない」
ジルエット「アイテム全部無くして武器も落としてもう失う物はない! あはははははは!!」
ジルエット「ついでに全部投資に注ぎ込んじゃって金も無い!!」
カリマ「このギルドはもうだめかもしれない」
アヴェルス「誰か引き抜いてくれないかしら」


と、いうわけで失う物がなくなったので、最低限必要なTP回復アイテムだけ
購入して第三迷宮に突っ込みまくりあわよくば帰還糸とか回収しつつ
なんか体よくクリアしちゃったり出来ないかな~ という甘い考えで第三迷宮突入。

4Fで開幕の行動をミスり、囲まれていたミストが即死。
早くもメディック(PT唯一の回復役)を失ったパーティは
仲間を倒し強化された敵に次々とやられあっというまに壊滅。

最後まで生き延びたジルエットも仲間を三人殺して
えげつないレベルアップを遂げたトンボに斬り殺され、パーティは全滅した……


……かと、思われた。



――救助隊を編成しますか?



ミラージュ「一軍がやられたようデスね……」
ハーゲル「一軍は我らがテンペスタの中でも最弱……」
ゲイル「いや一軍が最弱じゃ駄目だろ!!」
ミラージュ「フフフ……ワタシはこの時をずっと待っていたデス……」
ミラージュ「どこぞのパラディンのように無様に騒がず、確実に成果を上げられるこの時を……」フフフフ
ドラウト「誰が無様だエセ忍者!!」
ハーゲル「流石汚いな忍者汚い」
ミラージュ「ノーノー、エセじゃありまセーン、正真正銘ニンジャの家系デース」
ドラウト「金髪碧目の忍者が居るかその片言腹立つな!!」

ゲイル「こんなメンバーで大丈夫か……?」
ハーゲル「大丈夫だ、問題無い」
ゲイル「お前さっきから積極的に何にでも乗ってくるな!?」
ハーゲル「余はプリンスであるからな、どんなことにも幅広く対応出来ねば」
ゲイル「(こんな次世代国王が居る国があるなんで余も末だな……)」



初めから控えに居たドラウト(パラディン♀)に加え、新規職業の追加に伴って
控えに置いておいた
ミラージュ(金髪シノビ♀)
ハーゲル(緑髪プリンス)
ゲイル(茶髪フーライ♂)
に白羽の矢が突然立ちました。

全員レベル5以下のこのパーティで、
ジルエット達の倒れた階層へ救助に向かうことになります。
ミイラ取りがミイラになる予感しかしませんが、いざ救助開始!
(またスキル振り忘れて即壊滅しかけたのはここだけの話)



ドラウト「バーカバーカお前達の攻撃なんて痛くも痒くもないもんねー!!」

モグラ「」イラッ
植物「」イラッ
トンボ「」イラッ

 ペチッ ペチペチッ

ハーゲル「ほう流石メイン盾。ヘイトを稼ぎつつも殆どダメージを受けていない」
ミラージュ「殴られる度にちゃっかりTPを奪ってマスネ-! 頼れるナイトデス!」
ゲイル「つーか挑発の語彙ひでーなアイツ」


ここでドラウトさんの株急上昇。
パラディン超強い。しかもヘイト稼いでいる間は
他ローグライクで言うところの『身代わり状態』で、
パラディンのみ少し離れた場所で挑発すると一気にターンを稼げます。

フーライであるゲイルはシレンもトルネコもお得意の魔法の石投げで、
直線上に居ない敵に向かって放物線上に石を投げ確実に削っていく。
シノビミラージュちゃんは遠距離睡眠針飛ばしで敵を無力化。動きは物理型ルンマスですね。
プリンスハーゲルはよくわからん。全体の攻撃力を上げたり出来るけどレベル低いからか効果が地味。


そして、無事救助に成功!
今回の一件から、リーダーが学んだことがこちら。



リーダーソド子




いやー救助システムすばらしいじゃないですか。
どのみち最下層じゃ使えないから糸なんて要らんかったんや!!


気をよくした次の挑戦で麻痺ずっと私達のターンをして
巨大蛙にも完封というリベンジを果たし、第三ダンジョン制圧!



自分の救出ミッションが出ていたことを知り、
テンペスタにお礼を言いながら迷惑を掛けたと謝罪周りするサラさん。

その後食堂に出向くと、マガン市長が出したたしい小さな花という
アイテムを持ってきて欲しいという依頼を進められ、流れで受けることに。

なんでも、市長マガンの妻、ネックレスの持ち主アストリアが好きだった花で、
二年前の事件で死んでしまった彼女の命日なので供えたいそうです。

形見を売り払わせてしまった罪悪感があるので迷わず引き受けます。
そしたらなんか花持ってたみたいで、詳しい話を聞き終える前からクエスト達成。
ここでは特に何も起きなかったけどシナリオ進行フラグ立ったっぽいので外へ。

アクションマークの出てたギルドに向かってみると、
D.O.Eレーダーというものが完成したが、
同時に攻めて来たD.O.E(怪物の総称?)に防衛部隊が敗北したとのこと。

DOEはマガンの妻を含めた多くの住民を殺した恐るべき怪物で、
町は今までこの日のために冒険者に手厚くして町に留まって貰っていたらしい。



舞台は第四ダンジョンへ。
そろそろストーリーは終盤に入るのか、それともまだ中盤にも行ってないのか…?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。