スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよ☆ラジオ!

アルル「みなさんこんにちは! ぷよ☆ラジの時間だよ!」

アミティ「本日はP.N『シェグ』さんからのご投稿!

     どうも、3Sをうつ病にするように頼んだシェグです。
     今回は、ウィッチにある薬を作ってほしいのです。
     内容は、『今まで好きだったものや、興味のあったものに対して恐怖を感じる薬』です。
     飲ませるのは、もちろん3Sでお願いします。効果は、大体3日ぐらいでお願いします。


     シグだったら、ムシが怖くなるのかな? …ちょっと可哀想かも」

アルル「可哀想なんて感情を持ってたらMCなんてやってられないよ…」

アミティ「そうだね…」

レイ「(プレート:ラジオのイメージが下がるようなこと言わない)」

アミティ「いつも無慈悲な指示出しておいて何を!?」

レイ「(プレート:僕の仕事は放送を面白くすることだから)」

アルル「すっかりスタッフっぷりが身について……」

アミティ「レイくん……下手したらあたしたちよりラジオ出てそうだよね……」

アルル「結構司会取られるしね」

レイ「(プレート:大抵居るけど、映ってない回も多いからわからない)」

アミティ「さて、そろそろ進行にもどろっか」

アルル「戻ると言っても、そんな都合の良い薬なんて」

ウィッチ「見て見て!今まで好きだったものに恐怖を感じる薬ができましたわ!」バンッ

ウィッチ「その名も『まんじゅうマジで怖い』!」デデーン

アミティ「唐突に都合のよすぎる報告が!?」


ウィッチ「?」

アルル「と、とりあえず、ウィッチ、その薬試したいから貸してもらっていい?」

ウィッチ「私も誰かに試そうと思っていたところだから、私と一緒に使うのなら良くってよ」

アミティ「話が早くて助かるよ!」

アルル「それじゃあ、出発!」


~~~


シグ「アミティ? ……なに?」

アミティ「このラムネあげる!」

シグ「ありがと」

アミティ「なんでとは言わないけど早めに食べてね!」

シグ「……? わかった」



アルル「わあシェゾ! こんなところに居たんだ!」パァッ

シェゾ「アルル……」

シェゾ「俺は知っている。お前が良い笑顔で近づいて来る時にはロクなことがない

アルル「そんなことないって」

アルル「ところでここにすごい魔力を秘めた丸薬があるんだけど」

シェゾ「そんなことあるだろすげえ勢いで話題転換したぞ今!!」



ウィッチ「おいっす!」

まぐろ「あれ、キミは……、ああ、魔女さんか、おいっす☆」

ウィッチ「ノリが良い人は嫌いじゃありませんでしてよ、はいこれ」

まぐろ「ラムネか何かかな☆」

ウィッチ「そんなところよ、賞味期限今日までだからお早めに」

まぐろ「なんでくれたのかはよくわからないけど、頂いておくよ☆」





アミティ「無事に渡してきたよ!」

アルル「こっちも!」

ウィッチ「手筈は整いましたわ」

アミティ「効果はいつ頃から出るの?」

ウィッチ「そうね…、昼過ぎにはもう出ると思いましてよ」

ウィッチ「効果期間はおよそ二日! 明後日のお昼にはもう切れているでしょうね」

アミティ「じゃあ、そのあいだ観察すればいいんだね!」

ウィッチ「私もご一緒いたしますわ!」


~~~


アミティ「さあ、昼過ぎとなりました」

アルル「そろそろ効果が出てくる頃だよね!」

ウィッチ「さあ、被検体の様子を見に出発ですわ!」

アミティ「被検体って……また随分と物騒な……」

アルル「確かに状況的にはそんな感じだけど、もっと言い方とかさ」

ウィッチ「わかりやすいのが一番ですわ!」


シグ「………」トコトコ


アミティ「あ、シグだ隠れて!」サッ

アルル「もう効果出てるのかな?」サッ

ウィッチ「なんだかキョロキョロしていますわね」サッ


シグ「……? ……??」キョロキョロ


テントウムシ「………」プィーン…

シグ「!」パァッ

シグ「………!?!?」ゾクゾクッ!



アミティ「!? あ、あれは……」

アルル「あのシグが虫を……怖がってる!?」

ウィッチ「今日も私の調合は大成功ですわ! おーほほほ!」



テントウムシ「………」プィーン…

シグ「こ、こないで!」ビクッ

テントウムシ「」ピクッ

シグ「……あ」

テントウムシ「………」クルッ

シグ「まって、いかないで」

 プィーン…

シグ「……うー……」



アミティ「すごい…シグが、あのシグが虫を拒絶した!」

アルル「あいかわらずえげつない効果出るね、ウィッチの薬……」

ウィッチ「プリンプの魔力をふんだんに含んだ動植物達は最高の材料ですわ」



~~~



アルル「シェゾだ! 隠れて」サッ

アミティ「了解!」サッ

ウィッチ「おっと」サッ




シェゾ「確かに魔力は感じたから飲んだが…一体なんだったんだ?」

シェゾ「正直嫌な予感しかしない」

シェゾ「妙に体調悪いしやめておけば良かった……ん?」


  ガサガサッ


シェゾ「!」

どんぐりガエル「ケロッ」

シェゾ「!?」ゾクッ

シェゾ「な、なんだこの感覚は…!」ザッ

どんぐりガエル「けろん?」

シェゾ「わわっ、よ、寄るんじゃない!」

どんぐりガエル「けーろっ!」ピョンッ

シェゾ「ぬお!? あ、あっち行ってろ!!」バッ


アルル「あはは、シェゾがあんなに逃げてる、おもしろーい」

ウィッチ「愉快痛快、ですわ!」

アミティ「ところでヘンタイお兄さんこっちに逃げてきてない?」

アルル「え? ……あっ!」

シェゾ「くっ……!」ズサッ

シェゾ「……ん?」

ウィッチ「げっ、見つかった……」

アミティ「ど、どうもー……」

アルル「シェゾ……これはその」

シェゾ「ぎゃあああああああアルルだああああああああ!!!」ダッ


 ピュー


アルル「」


ウィッチ「……なるほど。特定の人物も該当する、と」ポンッ

アルル「なんだろう、なんか知らないけどすごい傷ついた」

アミティ「誰でも顔合わせて悲鳴上げて逃げられたら傷つくと思うよ」


~~~


まぐろ「なんか知らないけど魚が怖い☆」

りんご「まんじゅう怖いかねまぐろくん」


りんご「目の前に生魚どんどん積み上げられたらそれはそれで怖いと思いますよ」

まぐろ「いやそうじゃなくて、なんかリアルに☆」

りんご「リアルに?」

まぐろ「ぬるぬるが気持ち悪くて触りたくないっていうか☆」

りんご「何乙女みたいなこと言ってるのまぐろくん」

まぐろ「りんごちゃんは生魚だろうが虫だろうが鷲掴みするけどね☆」

りんご「虫が怖くて八百屋は出来ないんだよまぐろくん」

まぐろ「僕も魚怖いと死活問題なんだけど☆」

りんご「マジですか」

まぐろ「マジです☆」

りんご「突然ですがここに春祭りで掬ってきた金魚が」

まぐろ「ヒャー怖い☆」

りんご「………」

まぐろ「………☆」

りんご「マジには見えない」

まぐろ「僕はいつもこんな感じだよ☆」

りんご「ほれほれ」ウリウリ

まぐろ「ちょっやめ、無理だってマジ無理☆」




アミティ「あれ本当に効いてるの?」

アルル「どうだろ…効いてることは効いてそうだけど……」

ウィッチ「んー……薬効成分が魔力に乗るような薬だから、ただの人間には効果が薄いのかも」

ウィッチ「ここは改良ポイントですわね…魔力に頼らず体液に浸透するようヒキガエルの脳味噌に……」ブツブツ

アミティ「なんかすごい嫌なワードが聞こえる」

アルル「ウィッチの薬の材料は聞いてるだけで精神抉られるから耳塞いだ方がいいよ」


~~二日目~~


アミティ「さて、今日も観察を」

ラフィーナ「ッ!!」ガバッ

アミティ「!?」

ラフィーナ「アミティさん助けてシグが怖いの!!」

アミティ「急に何言ってるの!? ピーナが相手間違って抱き付いてきたのかと」




シグ「………………」

シグ「ムシホシイムシコワイムシホシイムシコワイムシホシイムシコワイ」ブツブツブツブツブツブツ

シグ「ウワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」カタカタカタカタカタカタカタカタ



アミティ「シグ怖ぇぇ!!」ガーン


ラフィーナ「頭を抱えてブツブツ言ってると思ったら突然カタカタ鳴り始めるの!! 怖い!!」グスッ

アミティ「あたしも怖いっていうかこれもうシグ駄目じゃない!? 限界じゃない!?」

ラフィーナ「今朝会ったら既にこうなっていましたの! なんとかしてくださいませ!!」

アミティ「わ、わかった! 今すぐウィッチに連絡して解毒剤を」

ラフィーナ「貴様の仕業か!! …ですわ!!」クワッ

アミティ「なんとかしろって言ったのに理不尽な!!」



~~~


アルル「(今日は森で食材調達を……)」ゴソゴソ

シェゾ「………」ガサゴソ

アルル「……あ」

シェゾ「!?!?!?」ビックゥ!!

アルル「!?」ビクッ

シェゾ「ギャアアアアアアアアルルだあああああああ!!!」ダッ



アルル「………」




~~~


ウィッチ「解毒剤作って欲しい? 二人ともノリノリだったではありませんの」

アミティ「シグがそれどころじゃないんだって怖いんだって!!」

アルル「シェゾより先にこっちの心が折れそう」

ウィッチ「ふがいない人たちですわね、もう……ちょっとお待ちなさい」ゴソゴソ


~~~


まぐろ「りんごちゃん、魚の中骨を利用したせんべい作ってみたんだ☆」

りんご「おや意外と美味しい。でもまぐろくん魚苦手になったんじゃ」バリバリ

まぐろ「今朝になったらなんか平気になってた☆」

りんご「………」

まぐろ「………☆」

りんご「やっぱり饅頭怖いじゃ……」ジトー

まぐろ「ち、違うって、昨日は本当に怖かったんだってば☆」

りんご「へー……」

まぐろ「信じてないねりんごちゃん!? ほ、ほら、今度何か作ってあげるから……☆」

りんご「ニシンのパイがいいです!」

まぐろ「おーけー、今度の休み家においでよ☆」


~~~



アミティ「ふぅ、怖かったあ……」

アルル「良かった、いつもの追ってくるヘンタイに戻った……」

ウィッチ「もう一人は……昨日の様子だともう薬効抜けてそうね」

アルル「それじゃあ、これで観察と調査終了ってことで」

アミティ「シーユー☆ネクストタイム!」


終われ

投稿ありがとうございました!
好きだったものを嫌いにさせるなんて残酷な…!( ˘・ω・˘)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

3Sが好きだという感情1割、3Sをいじったら面白そうと思った感情3割、悪ふざけ6割で考えた3Sファンのひとりである僕の愛のムチ的なあれなのです。決して残酷ではなのですww。

コメント改変

愛のムチ→強く生きろという気持ちの愛のムチ でした。
わざわざこんな事ですいませんorz。

お久しぶりです

お久しぶりです、覚えているでしょうか、アイスです。
中学生舐めてました。マジで。
まぐろ君が怖がっているように見えない(困惑)

さて、がんばって過去記事見てくるかぁ…

∑( ̄□ ̄;)!!

シグがシグがシグがシグがシグがァーーーーーーーー!!!!
アアアアアアアアアアーーーーー!!!!!!

……ふう

アルル、確かにそれは傷つくよね
ちょっと同情するよ

ちょwwwりんごちゃんwww

信じてあげようよwww

アルル達が話を戻すタイミングとウィッチが欲しい効果の薬を持って来るタイミングがwwwナイスタイミン!w
そして飲みやすいラムネ型。

>アルル「シェゾだ! 隠れて」サッ

アミティ「了解!」サッ

ウィッチ「おっと」サッ

何故太字に……流石変態()

生魚でも虫でも鷲掴みするりんごちゃん強し(;・ω・)

ウィッチの薬の材料聞くだけで精神削られるとかそれ神話生物召喚の呪文じゃないんだからwと思ったリリーでしたwww

No title

すごいですね~
シグが虫嫌いになるとあんな感じになるんだ・・・
まぐろくんのあれ☆のせいでいちゃ凝らしてるカップルみたいで(血涙

No title

あれ・・・なんでまぐろ効いてないの?
そしてシグとシェゾ・・・w

シグ完全に壊れてるw
シェゾはさすがのアルルでもあんなこと言われたら傷つくよなぁ・・・

No title

シグめちゃ怖い!欲しいと怖いの間にいる感じですねわかります・・・
まぐろくんきいてないし。
変体相手でも怖がられたら傷つくもんですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

二 律 背 反

人の顔を見て拒絶しながら大騒ぎする変態の鑑
この行動は小学生のホモガキと似たようなものがありますね...


ワイが飲んだらあへあへ動物大嫌いおじさんになってまうやんけ!

酷すぎる…!

好きなものが嫌いになるなんてなんて酷い制裁なんでしょう!

シグを見て下さいよ…
こんな残酷なことがありますか…!

流石ウィッチ!

カエルの脳だなんて、シグとシェゾ(あとアルル)を
こんなふうに出来るだけあるゼ!
ニシンのパイと聞いただけで魔女の宅急便を思い出す私は
ジブリの見過ぎかな…

クルーク

クルークに…クルークに出番をください…

なんと残酷な

コメントは多分お久しぶりです、立歌scataです。
まぐろくんがゲームにガクブルするの期待してたらマジな方で死活問題でwwww
あとアルルが可哀想過ぎます、これからクラス替えで友好関係に敏感になっている私にこうかはばつぐんでした。シグは…すごく、怖いです(震え声)


…本編とは関係ないのですが、先日3DSを外出先で紛失いたしました(`;ω;´)なので、フレカ消していただいて構いません(((
新しいのを買ったのですが3DSケースごと紛失したのでぷよテトもないので次回作が出ましたらまたフレコ交換お願いしますm(*_ _)m

シェル&リルル好きだよ‼︎

シェル&リルル好きだよ‼︎
ところで、今回思い切って書いてみたお‼︎依頼したいんだけど。アルルとシェゾをカップル扱いしてほしいな‼︎前回のレティ&ラグおもしろかったからネ♪

うわぁぁぁあ!

シェゾが「うわぁぁぁあ!」
って(笑)あのアルル追うシェゾが…アルルを拒絶した…ぷぷっ
それもそれでアルル傷ついてるし
あと、シグがヤバかった
「ムシコワイムシコワイ((ry
ガタガタガタガタ…怖い本当怖い

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです

いろいろあってコメントできませんでした

なんか「饅頭マジで怖い」が気に入ってしまった

まぐろが動揺している…だと…?

シ、シグこえぇ!!
なんかイケナイ薬をやっちゃったかのような感じに笑

No title

シェグさん>

投稿ありがとうございました!
なるほど、愛の鞭でしたか…(´;ω;`)


アイスさん>

お久しぶりです! 覚えてますよ!
まぐろくんは怖がってますが効果が薄いので
変な虫近づけられて「ちょっ、やーめーろーよー」程度の恐がり方です(


猫月ハムにゃんさん>

カタカタカタカタカタカタカタカタ
中毒症状出ましたねw


リリーレッドさん>

恐がり方が微妙だった上に翌日治ってたので信用0ですねw

りんごちゃんは実家が八百屋なので寄ってきた虫を追い払ったり
キャベツにくっついてた芋虫投げ捨てるくらいのことは出来ないと…!


高野豆腐さん>

シグが虫嫌いになると好きな感情と矛盾して
ご覧のように禁断症状が出て壊れかけます(カタカタカタカタ)


あまこーさん>

今回の薬は欠陥品のようで
魔力が無い人には効果が薄いみたいですw

流石のアルルでもぎゃああああは傷つきます(


つぶ貝さん>

怖いという感情と欲しいという感情に挟まれた結果
ブツブツからのカタカタという大変恐ろしい状態に…!

リクエスト差し替え了解です!


鳥さん>

変態が変態的行動を取る。これぞ 大 変 態 シ ェ ゾ
あへあへ動物大嫌いおじさん草不可避


デキストリンさん>

そうです…好きな物を苦手にさせるなんて
とても残酷なことなんです…! シグなんて…あんなことに…!><


cmサークルさん>

ウィッチの薬は相変わらずエグい性能です。
ニシンのパイはこれ嫌いなのよねって言われるやつですよね(´;ω;`)


クルークファンさん>

クルークの出演機会がある
リクエストの番が来れば出番出来ますよ!


立歌scataさん>

顔合わせる度にぎゃあああああで逃げられますからね、
アルルの精神消耗も中々凄まじいものだったでしょう…(

3DS失くされたのですか!?
それは大変でしたね…了解しました!


ララバイさん>

初めまして、コメントありがとうございます!
申し訳ないのですが、CPっぽくなるようなものは
なるべくやらないことにしているのですm(_ _)m


パイランさん>

流石のアルルでもいつも追ってくる人に
いきなり盛大な悲鳴上げて逃げられたら傷つくみたいですねw
シグは禁断症状でカタカタ鳴ってます…(


くるくるさん>

初めまして!
投稿はラジオ宛に無事送信完了致しました!


ヘレさん>

お久しぶりです!
饅頭マジ怖いは饅頭怖い現象がマジで起こる薬です(そのまま)


きよさん>

これは完全に禁断症状出てますね…
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。