スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよ☆ラジオ!

アルル「リスナーのみなさんこんにちは! ぷよ☆ラジの時間だよ!」

アミティ「本日はP.N『ホワイトフェアリー』さんからのご投稿!

     そろそろ冬ですね、てことでみんなで雪祭りみたいなことしてほしいです!
     えっと、スキーとかそりとか?かまくらん中にこたつ入れてみかんたべたり?


     ギリギリ春です!!」

アルル「遅れまくったこっちサイドに落ち度あるんだからツッコまないのアミティ」

レイ「(プレート:遅くなって申し訳ない)」

アミティ「まあいいじゃん、例え今が真夏でもサタンさまに頼めば大雪降るんだし?」

アルル「ああ……長年のチート魔王活用でアミティがすっかり堕落思考に……」

レイ「(プレート:サタンは人を堕落に導くっていうし)」

アルル「うんまあそういう意味じゃないと思うけどねそれは」

アミティ「じゃあみんなに雪祭りの連絡送るね!」

アルル「ボクはサタンに話してくるよ、ラグ達も呼んで欲しいってあるし」

レイ「(プレート:小道具用意しておく)」

アミティ「それじゃあ、当日に再集合だね!」


~~~


ラフィーナ「……本当に大雪積もってる」

リデル「おっそいエイプリルフールかと」

クルーク「一人も騙せず十人に騙されてストレス溜まってたのかと」

シグ「ボケたのかと」

アミティ「クラスメイト誰一人信じてなかった!?」


アミティ「そしてシグが一番ひどいよ! ボケたって何!?」

アルル「そりゃそうでしょ、もう桜も満開なのに」

ラフィーナ「信じる方がどうかしてましてよ」

シェゾ「本当に雪降らせるヤツが一番どうかしてるけどな」コロコロ

サタン「意気揚々と雪だるま作ってるヤツに言われたくない」

シェゾ「うるせぇ雪だるまはシンプルだからこそ綺麗に作るの意外とむずいんだよ」ペンペン

シェゾ「頭と胴体の大きさ比は6:4。これくらいのデフォルメ比が一番かわいい」

クルーク「一寸の狂いも無い綺麗な球体……新雪とはいえ、これほどまでとは……」

ラフィーナ「いいえ、これだけの精度、ただ転がした雪を重ねただけでは不可能!」

シェゾ「察しが良いな。これは、炎魔法を纏わせし闇の剣により表面を溶かし、
    形を滑らかに美しくすると同時に雪の表面を密度の高い氷に近づけ強度も上げているのだ!」

クルーク「非常にくだらないが趣は理解出来る」

アルル「泥団子すごいピカピカに作るくらいのロマンは感じるよね」

アミティ「あー…光る泥団子昔すごい真剣に作った」

ラフィーナ「真剣過ぎて宿題忘れて廊下に立たされてましたわね」

リデル「先生に泥団子の輝きを力説して宿題倍増されてましたね」

アミティ「あの時のあたしどうかしてた…」

ラフィーナ「それで、今日は何をいたしますの?」

アルル「特にこれって予定はないよ。みんなで大雪で遊ぼう! みたいな?」

アミティ「スキー道具からスコップなんかまでスタッフが色々用意してくれてるし」

リデル「自由行動ですね。私は動くの得意じゃないから、雪像作ろうかな……」

ラフィーナ「私はスキーでも嗜もうかしら」

クルーク「なら、僕もスキーにするか」

ラフィーナ「何よクルーク、ガリ勉もやしがスポーツでこの私に対抗するつもりでして?」

クルーク「ふん。脳味噌筋肉にはわからないだろうが、この世界のスポーツは運動神経にとどまらない!」

 バチバチ

アミティ「また喧嘩して…」

アルル「ボクたちはどうする?」

アミティ「他にもいろんな人が遊びに来てるみたいだし、遊ぶがてら見て回ろう」

アルル「了解!」


~~~


アミティ「遠くに巨大な雪玉が見える」

アルル「ひとりでに動いてて怖いんだけど何あれ」

アミティ「あっ、なんか下の方にアリみたいなのが……」





アルル「あのアリンコ誰かと思ったらラグだった」

ラグ「開口一番に失礼だな!」


アミティ「自分の体積の数十倍もあるものを一人で運んでるって褒め言葉だよ!」

ラグ「そっか、じゃあいいや」

レティ「ラグ-、胴体出来…た?」

ホーリー「……あんなところに山あったっけとは思っていましたが……」

レティ「まさかこれラグが作った胴体!?」

ラグ「がんばった」

ホーリー「何はともあれ、一応頭と体が揃いましたし、重ねてみましょうか」

レティ「そうだね。じゃああたしが魔法で浮かせるから、ホーリーは飛んで微調整お願い!」フワッ






ラグ「体に比べて頭が豆のようだな」

レティ「下から見ると頭が見えないね」

ホーリー「やる前からわかりきっていたじゃないですか」

アミティ「遠目に見るとちょっとした雪山だね」

ラグ「雪だるまは大きさこそ全て!」

アルル「今のシェゾに聞かれたら喧嘩になりそう」



~~~



レムレス「ここをこうして…後はバランスを……」スイー

レムレス「どう? フェーリ」

フェーリ「んーと……右側が少し盛り上がって傾いてます」

レムレス「オッケー! グラッサージュ!」ザシュザシュ


アミティ「レムレスとフェーリだ」

アルル「レムレスがホウキに乗って雪像作って、フェーリは下から指示してるね」

アミティ「なるほど、協力して効率を上げてるんだ」

アルル「……それにしても、あの雪像って……」



レムレス「かき氷だよ」

アミティ「やっぱりか!」

アルル「雪でかき氷なんてまたベタな……」

レムレス「今日くらいは普通に遊ぼうと思ったけど、やっぱり我慢できなくて…」

フェーリ「センパイ、バルが用を足した痕見て『レモン味だ!』とか言ってましたからね」

レムレス「あれは危なかったね。フェーリが止めてくれてなかったら飛びついてた

アルル「いや止められなくても自己判断でやめておこうよ!」

アミティ「雪の中にある黄色なんて一番ダメなやつじゃん!!」

レムレス「それより見てよ、この完璧なかき氷!」

レムレス「しっかり固めて土台の器やスプーンも作って、肝心のかき氷部分は
      ふわふわの雪を魔法でさらにキメ細やかに粉砕してなめらか触感だよ!」

アルル「確かに、雪像としてはかなりクオリティ高いかも……」

アミティ「……? 触感ってことは、もしかして……」

レムレス「食べるよ」

アミティ「やっぱり」

レムレス「食べるまでが雪像作りだよ」

アルル「いやそれは違うと思うけど」

レムレス「それじゃあ、仕上げのシロップ掛けしてくるね! フェーリサポートお願い!」

フェーリ「はい。センパイ」





アミティ「見れば見るほど見事なかき氷……」

アルル「あ、巨大シロップ掛けてる。夢あるよねああいうの」

アミティ「夏場になると夢見るんだけど、いざ雪降るとやる気起きないんだよね…寒くて」


~~~


ヒュゥゥゥゥゥゥゥゥ…


クルーク「な、なあ……本当にここから滑るのか……?」

ラフィーナ「普通じゃないこれくらい。怖じ気づきましたの?」

クルーク「う、うるさい! このくらいの高さ、僕の技術力なら余裕さ!!」ザッ

ラフィーナ「無理しない方が良くってよ!」ザッ

クルーク「この程度の斜面、僕が新たに得たスキルを使えば!」

クルーク「クリニス! そしてプロミネンス!!」ゴウッ

 バシュンッ ギュインッ!!

ラフィーナ「魔法を組み合わせてスノーボードにジェットを!?」

ラフィーナ「なんかどこかですごく見たことありますわよそれ!!」

クルーク「ふふふ……この間、とある著名な探偵作品を読んでいたら思いついてね……」

ラフィーナ「格好良く言ってるけどぶっちゃけコ○ンですわよね」

クルーク「まあぶっちゃけね……しかし出所はどうでもいい、問題はそれをどう扱うかだ!」ギュウンッ!

ラフィーナ「大胆な加速からのカーブ……クルークのくせに生意気な動きですわね」ザッザッ

クルーク「どうだ! 魔力でコントロールしてるから運転も完璧、この動き、真似できまい!」

ラフィーナ「で、それどうやって止まるの?」キキッ

クルーク「えっ」

クルーク「待って考えてなかった」

ラフィーナ「着地までがジャンプ、ブレーキまでがスノーボードでしてよ」

クルーク「こ、こうなったら出来るだけなだらかな場所に転がり込んで減速を!!」ゴウッ

ラフィーナ「まあ、これだけ積もってればどこに落ちても大丈夫だとは思いますわよ」


クルーク「(正面に柔らかそうな雪の積もった更地が……あそこならいける!)」


ラグ「♪」ゴロゴロゴロゴロゴロ


クルーク「ってなんか目標地点に突然巨大雪玉g」


 ズボオオォォォォォォォン!!



ラグ「?」

ラグ「……♪」ゴロゴロゴロゴロゴロ

ラフィーナ「巨大な物が自走していると思ったら……」

ラグ「この広い場所を巨大雪だるまで埋め尽くして遺跡みたいな雰囲気出したいと思って」

ラフィーナ「雪だるまでそんな雰囲気出るかしら、ところでクルーク見なかった?」

ラグ「わかんない」



~~~


かわエコ「わぁーい! 本当に大雪だ!!」

かわエコ「うぇーい!! 雪うぇーい!!!」

かわエコ「マジ雪だよ!! 本当に雪だよ!! 本当にこれ……これ……」ヘックシ

かわエコ「さっむい」

ぐーたん「急にテンション下がったな」


かわエコ「おじさまだけずるいよそんな着込んでて!」

ぐーたん「貴様だってフード被って結構ガッツリ着込んでいるではないか」

かわエコ「いや、なんかもう実体があるってだけでクソ寒い…」

かわエコ「しかし実体があるからこそ! 寒いからこそ!! 温もりと幸福を感じられる!!!」

ぐーたん「急にテンション上がったな」


かわエコ「と、いうわけで一緒にかまくら作ろー!」

ぐーたん「構わんぞ、暇だし」


アミティ「あの二人かまくら作るみたいだね」

アルル「かまくらかあ、結構大変だよね」

アミティ「そうそう。ちょっとずつ周りから作って固めて行くんだよね」

アルル「上手く行かないと天井が崩れてきちゃったり……」

アミティ「後は山を作ってから掘る方法もあるけど、崩さないように掘るの大変だよね」



ぐーたん「雪集まれー」ゴウッ

ドサドサドサドサドサ

ぐーたん「固まれー」ゴウッ

ギュッ

かわエコ「真ん中の部分を亜空間にポーイ」ゴウッ

シュンッ

かわエコ・ぐーたん「「完成ー♪」」

アミティ・アルル「「ちょっと待てええええい!!」」


かわエコ「?」

ぐーたん「入るか?」ゴソゴソ

アルル「全かまくら作成者に謝れ!!」

アミティ「何そのインスタントかまくら!? 10秒で出来たよ!!」

ぐーたん「だって雪集めなんて魔法でやった方が早いし」

かわエコ「ゲート召喚してワープさせちゃえば簡単かつ綺麗にくりぬけるし」

アルル「過程も大事なんだよ!!」

ぐーたん「まあまあ。ところでコタツと七輪置いたしみかんと餅でも食べていかないか」

アミティ「こたつどこから出した」

ぐーたん「着ぐるみのポケット」

かわエコ「うーさむ、早くあったまろうよー。アルルちゃんたちも来るでしょ?」

アルル「まあ入るけど……」

アミティ「そこにかまくらがあったら入るしかないよね」


~~~


リデル「雪うさぎさんいっぱい出来ましたー♪」

リデル「どこに飾ろう……踏まれちゃわないようなところがいいですけど……」

リデル「……あっ、あそこ、大きな雪だるまがたくさん……」

リデル「一緒に置かせてもらいましょう」



リデル「これでよしっと……」

巨大雪だるま「………クレー……」

リデル「……?」

巨大雪だるま「ダシテクレー」

リデル「!?」

リデル「ひぇぇぇ!!」ダッ



~~~



アミティ「ふぅ、美味しかった」

アルル「外で食べるお餅ってなんであんなに美味しいんだろうね」

ラフィーナ「んー……、もう充分ね、遊び疲れましたわ」ノビー

シグ「まんぞく」

アミティ「あ、シグ、どこ行ってたの?」

シグ「ムシつくってた」

シェゾ「完成だ! 目の大きさ、位置、そして枝探し…我ながら惚れ惚れする仕事だな」

アミティ「みんなもうだいぶ満足したみたいだね」

アルル「今回は特に何のアクシデントもなかったけど、そろそろ終わりにしちゃおっか」

アミティ「そうだね」

リデル「あ、あの、アミさん、あそこの巨大雪だるま……」

アミティ「? ああ、ラグたちが作ったみたい。すごいよね!」

リデル「そうではなく、喋っ……」

アミティ「ふぇ? いくらなんでも、雪だるまは喋らないと思うけど……」

アルル「動物の森じゃあるまいし」

リデル「……ですよね、やっぱり聞き間違いだったみたいです」

アミティ「それじゃあ改めて、シーユー☆ネクストタイム!



終われ


投稿ありがとうございました! 季節ずれてしまったと思ったら
少し前に桜と同時に雪が降ったのでわりとタイムリーですね!(`・ω・´)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

クルーク…
完全に存在を忘れられている…
気にしませんけど!

アミティ…ギリギリ春って言うのは別にいいけど…
季節は春でも気温とかそのへんは冬だよ…
あー…寒い…

毛布二枚重ねに潜るとしますか…

タイムリー(併殺)

雪が降ったらまずは食ってみるよなあ?(不潔)

>レモン味
申し訳ないがスカト◻︎はNG

これ今から出すなら冬のお題がいいな

昨日はシグの日ですた(何もやってない)

>クルーク「一人も騙せず十人に騙されてストレス溜まってたのかと」
シグ「ボケたのかと」

ぶっちゃけエイプリルフールと言えば「今日俺誕生日」って言っても信じてもらえない不憫なラグナスが出てくる
tkアミさんそんなに騙されるんですかw
そして何気にシグ酷っwアミティは13~15歳だよwwwボケるには早すぎるwww

>リデル「自由行動ですね。私は動くの得意じゃないから、雪像作ろうかな……」

某雪まつりで造る様なでっかいの造るかと思った件について……\(^o^)/オワタ

>かわエコ「うぇーい!! 雪うぇーい!!!」

は し ゃ ぎ す ぎ
ガキかお前ー!

>アミティ・アルル「「ちょっと待てええええい!!」」

数分で出来上がる程度のインスタントかまくら

季節的には春だけど気温的には冬、しかし桜が咲いている……本格的に暖かくなるの何時だよ、と思うリリーですた。

No title

ぐーたんとかわエコが可愛すぎてつらい・・・
シェゾはいつもどうりで安心しました。

かわエコ…

>「真ん中の部分を亜空間にポーイ」
いや、うん…  亜空間!?
亜空間なの!?

……まあ、可愛いから許す!!ww

No title

クルークへの周りの対応、酷すぎる……w
気づいてないからかな?
雪って見た目は滅茶苦茶夢があるから食べたことはありますが、よく考えたらゴミとか入ってますね。当時気づきませんでした

No title

大丈夫です、こっち雪ふったから!
ぎりぎりまだ冬だから!
でもまぁね?サタンは便利屋だから
人を堕落に導いてるわけでは
チートだし
かまくら作ってみたいなぁ・・・
あのインスタントかまくら欲しいです!
以上、クラスが変わってテンション高めのれいみん☆でした!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

リデルの作品を見て灰○哀ちゃんを思い出したのは
コ○ンの真似を(しようと)したクルークのせいなのか、
それとも私がコ○ンファンであるせいなのか…
哀ちゃんが作ってたのはもっとリアルでレベル高かったけd((ロタヴェント

10秒で出来るインスタントかまくらってw
予想はしてたけど、想像以上の早さでしたww

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あう・・・

かわエコが可愛すぎてつらい・・・・。『亜空間にぽーい』とか・・・ガチで可愛い。その場面想像してたらマジで鼻血でた。しかしこれは母が横で掃除をしていたからハウスダストのアレルギーが発症したからであって決していやらしい意味では・・・((((拳←亜空間ホールより

(ーv-)

初コメです!虹色なのです。
ぷよラジいつも見てるのです!

≫10秒インスタントかまくら≪

No title

猫月ハムにゃんさん>

クルークが雪だるま遺跡の一部に…
桜も咲いたのに一気に冷え込みましたよね


ハトバ>

タイムリーなんだよ(威圧)
ちなみに雪に関しては私は中1まで食ってました(小声)

ですね、公募用小説も書くようになってから
更新が週1~2くらいになりましたしその方がいいかもです。
季節外れになってもサタン様がなんとかしてくれますが(


リリーレッドさん>

4月1日が誕生日の人の悲しき宿命(さだめ)…(´・ω・`)
エコロは雪とか好きだと思いますw


つぶ貝さん>

シェゾはいつも通り器用さを全力で
くだらないことに発揮しております(


くるくるさん>

エコロ式ゲート召喚術にて
かまくら作りは余裕です(


ダークコメットさん>

そもそも雪自体がホコリに水分が付いて
凍り付いたものなので食べれる物ではないですね(


れいみん☆さん>

ですよね! セーフですよね!(・ω・´;)
ただサタンに頼りすぎるとアルル達は司会として堕落しそうです(


幕芽さん>

コ○ンそろそろ完結するそうですね、最近読んでないな…
雪を固めて穴を開けるだけの簡単設計ですw


桜猫さん>

改名了解です。投稿ありがとうございました!
投稿ですが、実は合宿ネタがリクエストに色々溜まってまして、
被ってしまうのとネタギレになってしまうのです、ごめんなさい(´・ω・`)

またの投稿をお待ちしております!
ゆ虐は今停止中なのです、申し訳ありませぬ


ミントさん>

かわエコは声からしても雪ではしゃぐような
無邪気な感じだと思っておりますw かわいいですよね!


虹色さん>

初めまして、コメントありがとうございます!

あんなに手の掛かるかまくらもめんどくさがりの二人なら
10秒で作成、あとは中に入ってダラダラするだけです(
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。