スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷよぷよ☆ラジオ!


りんご「リスナーのみなさまこんにちはー! ぷよ☆ラジの時間となりました!」

まぐろ「今日は僕たち二人が司会だよ☆」

りんご「よろしくお願いしまーす! でははがきを読みますね!」

りんご「本日はP.N『シグ×リデ主義』さんからのご投稿デス!

    ラフィーナ&ルルーを一週間シェアハウスに閉じこめて
    何処までルルーはラフィーナが好きなのか調べて下さいな♪
    ルルーとラフィーナは一般人並に弱体化させて
    家はサタン様に任せればよいかと


    とのことですね。他に実況者として希望されてる人も居るので後で合流しましょう」

まぐろ「では早速、サタンさまにお願いしにいこっか☆」


~~~


サタン「全くどいつもこいつも私に作らせろと…家一軒建てるという行為がどれほど大きなことだと思ってるんだ」

りんご「まあまあ…あなたにくらいしか頼めませんし」

まぐろ「ちなみに今回はどれくらいで建てましたか☆」

サタン「30分」

りんご「結構なインスタント感!!」

サタン「デジカメプリントする片手間に作った」

まぐろ「発言すればするほど家一軒建てるという行為が小さいものに思えて来る☆」

サタン「弱化させるのは恐らく脱出されぬためだろうから、家自体を強化しておいたぞ」

サタン「そっちの方が楽だし」

りんご「家の方が楽とか言っちゃったよ」

まぐろ「もしこの人がこっちの世界に居たら全ての建築業者が路頭に迷うね」


~~~


ラフィーナ「ここで一週間……ああ、知ってる、時々やってた企画でしてね

ルルー「私も時々やってましたわ、結構快適なんですのよ」

ルルー「ほら、戸棚を開ければどんな銘柄の紅茶も手に入りますし」パカッ

ラフィーナ「どう見てもその戸棚のスペースではない空間が見えましたわ」

ルルー「サタン様のお力は流石でしてね」

ラフィーナ「四次元戸棚……」


~~~


りんご「さあ、無事に企画スタートです! モニター操作は……」

レイ「(プレート:マニュアル)」パサッ

りんご「あ、ありがとう…ふむ、操作自体は単純ですね
    (幽霊じゃない幽霊じゃない彼は最近流行りの浮いてる系男子……)」

まぐろ「(りんごちゃんが意味不明な自己暗示してる顔してる)」

レイ「(プレート:呼んでたゲストも来た)」

シグ「ここ?」

ハグ「シェアハウスかー♪」

りんご「虫取り兄弟くんですね、今日はよろしくお願いします」

シグ「よろしく」

ハグ「よろー♪」

りんご「さて、今回のシェアハウスの組み合わせですが……」

まぐろ「今までの例を見ると、関わりが深い人が入っていることが多いよね☆」

りんご「そうですね。まあ投稿者さんの興味本位な組み合わせもありますが」ペラッ

まぐろ「今回はどうなのかな☆」

りんご「りんご交友関係メモによりますと、あの二人はかなり仲がよろしいようで」

まぐろ「何そのメモ☆」

りんご「人の交友関係って見ていて楽しいじゃないですか?」

ハグ「わかる♪」

りんご「ね?」

まぐろ「いや僕にそんな怪しい趣味無いから巻き込もうとしないで☆」

りんご「で、話を戻しますが、彼女達はどちらも武闘家系女子です」

まぐろ「さらっと変な女子属性が☆」

りんご「女王様は今まで周囲に魔導師か人外しか居なかったらしく」

りんご「同じタイプで年下の後輩が可愛くて仕方ないとのこと」

りんご「美味しい展開が期待出来るかもしれません」ジュルリ

まぐろ「何を期待してるのかな☆」

りんご「それは勿論」

まぐろ「いや、聞かないけど☆」

りんご「(`・ω・´)」

まぐろ「その解説は要らない☆」

りんご「(´・ω・`)」

シグ「あ、うごいた」


~~~


ルルー「ふぅ。リラックス出来たところで、事情は飲み込めたかしら?」

ラフィーナ「ええ、大体。……でも、具体的にはどう過ごせばよろしくて?」

ルルー「さあ……、特に何か指示が来たことはないわね。適当で良いんじゃない?」

ラフィーナ「適当に、ね……。とりあえず、家の中を見てきてもいい?」

ルルー「どうぞ。私も行こうかしら」



ラフィーナ「ふぅん……、お風呂もあるし水回りはちゃんとしてますわね」

ラフィーナ「一応ベランダにも出れますのね。ここから出られるんじゃない?」

ルルー「サタン様の結界はそんなに甘くなくってよ、試してみる?」

ラフィーナ「試すって言っても……こうやって柵を乗り越えて、……あれ?」グッ

ラフィーナ「これより先に体が出ない……、壁もないのにどうして?」

ルルー「例の原理よ」

ラフィーナ「例の……?」

ルルー「RPGで空を飛んだり船で移動している時、MAP外に行こうとすると戻されるでしょう?」

ルルー「あれよ」

ラフィーナ「分かるようでよく分からないけどわかりやすい……」


ルルー「ちなみに何でもあるけど使用人なんかは居ないから、家事は自分達でやらないといけないわね」

ラフィーナ「家事なら一通り出来ましてよ。レディーの嗜みですわ」

ルルー「そう。私も花嫁修業してるから家事は大丈夫よ。後で役割分担しましょうか」


~~~


まぐろ「あの原理か……☆」

りんご「大空飛び回ってる時に押し戻されるとちょっと残念な気持ちになりますよね」

まぐろ「わかるけど、逆に遙か彼方まで行っちゃっても困るし仕方ない仕様なんじゃないかな☆」

ハグ「すぐなっとくしちゃうあたり、ゲームのうだねー♪」

まぐろ「僕を侮ることなかれ……この間三徹の疲労で購買用の小銭入れを忘れて行ってね☆」

まぐろ「すごい自然に『通学路で雑魚的倒して稼ごう』って思考が出た☆」

りんご「病院いこっかまぐろくん」

まぐろ「哀れみの目で見ないで☆」



~~~


ルルー「それじゃあ、食事は私が作りますわね」

ラフィーナ「お任せしますわ」

ルルー「とりあえず今日はビーフカレーね」

ラフィーナ「私はその間にお風呂でも沸かしておこうかしら」


~~~


まぐろ「それにしてもあの二人、良い感じだね☆」

ハグ「なかよしー♪」

りんご「今日は何事も無く終わりそうですね」カチカチ

まぐろ「ところでりんごちゃん、何を熱心にモニター弄ってるのかな☆」

りんご「お風呂場のカメラに切り替えたいと思って」カチカチ

レイ「(プレート:そういう方針の番組じゃないんで付けてないです)」

りんご「そうですか……。まあ全年齢向け健全ラジオですし仕方ありませんよね」チッ

まぐろ「りんごちゃん聞こえてる聞こえてる。思いっきり舌打ち流れたよ今☆

りんご「そういえば虫取り少年くん(兄)が静かですね」

シグ「Zzz」スピー

ハグ「ねてるし♪」

りんご「なんて自由人」


~~~


ラフィーナ「そろそろお風呂沸いた頃かしら」

ルルー「そうね。ところでラフィーナ、あなたお風呂は長い方?」

ラフィーナ「お風呂? ……そうですわね、お肌のケアもありますし、それなりに」

ルルー「私も修行時は水浴び程度だけれど、ちゃんと入れる時は隅々まで綺麗にしたいのよね」

ラフィーナ「まあ、高貴な女性としては当然ですわよね。それで、お風呂の長さが何か?」

ルルー「ここのお風呂、追い炊きとか無いみたいなのよね」

ルルー「だから、どちらも長いと後に入った方が冷えてしまうのではなくて?」

ラフィーナ「それもそうですわね」

ルルー「と、いうことで……」

ラフィーナ「順番決めのぷよ勝負でしてね? 負けませんわよ!」

ルルー「一緒に入りましょっか」

ラフィーナ「えっ」

ルルー「さ、行きましょ」ヒョイッ

ラフィーナ「ちょ、なっ、ルルーさん!?」

ルルー「お姉様とお呼びなさい。同性同士、別に恥ずかしくもないでしょう?」

ラフィーナ「そ、そういう問題では……」


~~~


まぐろ「幼児を持つかのごとく簡単に肩に担いで行ったね☆」

りんご「ぐぬぬ……なんという美味しい展開……」

りんご「ここを実況放送出来れば視聴率も鰻登りでしょうに……!」

ハグ「うちきりがさきじゃないかな♪」

りんご「どういうことですかスタァーッフ!!」

まぐろ「(りんごちゃんが怒りで幽霊スタッフへの恐怖を忘れた…☆)」


 パシャパシャッ 「ソレナリノヒロサデシテネ」「フタリデ ハイルニハ セマイデスワ…」


りんご「……ッ!?」

りんご「……スタッフ……!?」バッ


レイ「(プレート:ラジオの放送倫理上、浴槽にカメラを仕掛けるのは無理)」

レイ「(プレート:しかし、風呂近くの廊下にカメラが一つ設置してある)」

レイ「(プレート:そのカメラから『偶然』浴槽の声が聞こえてしまうかもしれない。そう、偶然)」

りんご「ナイススタァァァッフ!!」グッ


レイ「(プレート:数字よろしく)」グッ

まぐろ「あの幽霊違う意味で怖い☆」

ハグ「すうじのオニや……♪」

シグ「……すぴー……ハッ、今ユウレイっていった……!?」キョロキョロ


~~~


ラフィーナ「………」

ルルー「♪」

ラフィーナ「(この人、色々参考になるし、尊敬はしているけれど、どうもやり辛いですわ……)」

ラフィーナ「(ペースを一方的に握られるというか、有無を言わさない迫力が……)」

ラフィーナ「(……それにしても……)」ジッ

ルルー「?」ボヨン

ラフィーナ「(なんて完璧なスタイル……!)」ブクブク

ルルー「……、ラフィーナはまだまだ成長過程だと思いましてよ?」クスッ

ラフィーナ「!? な、ななっ……き、気にしてなんかいませんわ!!」プイッ

ルルー「むしろ、この年ならあるほうなんじゃない? あのちんちくりんより伸びしろありそう」ムニッ

ラフィーナ「ちょっ、ルルーさ」

ルルー「お姉さま」

ラフィーナ「……お、お姉さま! やめてくださっ……! ぁっ…///」


~~~


りんご「聞こえますか視聴者の皆さん……ここが、ここが桃源郷です!!」

まぐろ「何言ってるのりんごちゃん☆」

りんご「フフフ……この美味しいシーン! これでこのラジオの視聴率は鰻登り!!!

まぐろ「それはいいけど喋れば喋る程りんごちゃんのイメージが右肩下がりだよ☆

りんご「もうこの企画ここで終わりでいいんじゃないかな!!!」

まぐろ「初日で!? 落ち着いてりんごちゃん☆」

シグ「Zzz……うーん……オバケこわい……」

ハグ「……にどねした……♪」



~~五日後~~


りんご「さて、今日で六日目。七日のお昼お迎えなので実質最終日まで迎えたわけですが」

りんご「お風呂タイムが美味しい以外これといった出来事はありませんね」

りんご「しいていうなら連日朝昼晩カレーの匂いが漂ってくるくらいで」

まぐろ「服に染みつきそう☆」

ハグ「ずっとカレーたべてる♪」

シグ「くさい」


~~~


ラフィーナ「(……今日のお昼もカレー……)」

ルルー「今日はトマトとスパイスのカレーよ♪」

ラフィーナ「ねえ、ル…お姉さま。私、初日の夜からカレーしか食べてない気がするのですけれど」

ルルー「そうよ?」

ラフィーナ「(キッパリと!?)じゃなくて、普段から違う料理とかは……」

ルルー「毎回違う料理じゃない」

ラフィーナ「えっ」

ルルー「初日はビーフカレー、次の朝は寝かせたカレーで、昼はドライカレー」

ルルー「夜には野菜とオリーブのカレーで、さらにその次の日は茄子カレーにガーリックと――」

ラフィーナ「ストップ。もういい」


ルルー「?」

ラフィーナ「今日の夜は私が作りますわ……」


~~~


りんご「おっと賢明な判断」

まぐろ「アルル達って本当にカレーばっかり食べてるんだね☆」

りんご「まあ私もカレーは好きですが、流石に連日毎食となると……」

まぐろ「うちも、悪天候で魚がたくさん売れ残っちゃった時、
    日持ちするように大鍋で一気にカレー作ったことがあるけど☆」

まぐろ「三日目くらいであの匂いが嫌になったね。家族全員頑張って二週間で消費したけどさ☆」

りんご「まあ三日くらいが限界ですよねぇ」

ハグ「こっちじゃ、そんなにたべないかな♪」

シグ「ムシがにげそうなにおい……」


~~~


ラフィーナ「もっと普通に、野菜炒めとかスープとか……」スッ

ルルー「……包丁なんて持って大丈夫?」ハラハラ

ラフィーナ「心配はご無用ですわ」

ラフィーナ「ただ切るだけじゃない、こうやって……」スッ

ルルー「ほ、本当に大丈夫? 怪我しない? 私が代わりましょうか?」

ラフィーナ「子ども扱いしないでくださいませ! ルルーさんだって使うでしょう包丁くらい」

ルルー「使わないわよ、包丁なんて」

ラフィーナ「えっ」

ルルー「こうやって投げて……、ハッ!!」ポイッ

 スパパパパパパパッ

  ドサッ

ルルー「こうよ」

ラフィーナ「まさかの手刀!?」




ラフィーナ「(……ちゃんと切れてる……)」

ルルー「心のこもった手料理を作るために、手でやっているの」

ラフィーナ「その込め方はなんか違いますわ!!」


~~~


りんご「似ているとはいえお嬢様にはあの方針で育たないで頂きたい部分が……」

まぐろ「いや、手刀で調理ってやろうと思って鍛えても無理だと思う☆」

ハグ「いよいよかー♪」

シグ「やっと、おわるのか……」

まぐろ「そうだった、明日になったら企画終了だね☆」

りんご「では、私達も菓子パン食べて、早めに寝るとしましょう」

まぐろ「二人はまだみたいだけど……もう寝るの☆」

りんご「朝から夜まで監視し続けて仮眠しか取ってないし、そろそろ限界が……」

まぐろ「何をそんな熱心に……でも、僕も疲れてて眠いし、寝ようか☆」

シグ「そうする。おやすみー」

ハグ「おやすみ♪」




~~翌日~~



ルルー「今回はとても楽しいシェアハウスでしたわ♪」ツヤツヤ

ラフィーナ「……何も聞かないで……」ゲッソリ


りんご「昨晩に一体何が!?」


まぐろ「丁度爆睡だったねりんごちゃん☆」

りんご「ぐぬぬ……今まで何もなかったから何もないと信じて寝たのに……!!」ギリギリ

まぐろ「本気で悔しそうだねりんごちゃん……☆」

シグ「かえっていい?」

ハグ「おわってからじゃなきゃ♪」

シグ「じゃ、おわらせる」

ハグ「そーする? いいんじゃない♪」

シグ「シーユー☆ネクストタイム!」ビシッ

ハグ「(ビシッときめた……そんなにかえりたかったんだ……♪)」

「アトイチニチ! アトイチニチオキテイレバー!!」「マァマァリンゴチャン…☆」



終われ


投稿ありがとうございました!
ルルーはラフィーナのことを妹みたいに思っているみたいですね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

やだー…

今回天使しかいないじゃないですか…

まぐりんもルルラフィも好きだけどハグの登場に髪の毛は耐えられませんでした。まじでハグ大好きですほんとに。久しぶりの出番に驚きが隠せず叫びましたよ私。夜中に。

…え、ルルー何やったの?(遅い

うぇーいうぇーい(゚∀゚)(百合出現により発狂)

私はDアルアル大好きだけど他のCPも良いなって思いました(小並感)
ルルラフィ萌えた
でも支部だと百合ぷよの供給少ない……

>まぐろ「すごい自然に『通学路で雑魚的倒して稼ごう』って思考が出た☆」

魔導世界(アルル達の居た世界)なら魔物倒して金稼ぎ出来るよまぐろ君!www
……RPGやり過ぎやん(´・ω・`)

No title

まぐりん最強ですよね!あの仲のよさはすごい!そして何があったんでしょうね・・・?( ・ω・)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

ひやっほぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!!
なんですか!この美味しすぎるシチュエーションはっ!!
虫取り兄弟に百合とか、天使じゃないですか〜!!!

やけにシグ(兄)が静かだと思ったら寝てたんですね〜
寝てるシグ(兄)をおそi((殴

…ラフィーナ大丈夫かな??

まぐろ 「すごい自然に『通学路で雑魚敵倒して稼ごう』って思考が出た☆」
大丈夫、私も「あの辺の草むらタブンネ出てきそうだから成長しよう」って思ってたときがあったよ…


ラフィ嬢何があったの…?

No title

浮いてる系男子(物理)ですねw
カレーとかってたまに量が凄いことになって1日ずっとカレー食べてることあるけど、あの匂いに飽きる感じはわかります。
2日目までは美味しいんですけどね。

シグ兄弟きたー‼︎(°∀°)なんか嬉しくなるw
まぐろ 「すごい自然に『通学路で雑魚敵倒して稼ごう』って思考が出た☆」 自分は『そろそろエンカウントするかな?』とか思って学校行ってた…

キマシタワー!!

レイくんが鬼畜…てかやっぱりシグ×リデでもよかったか…しくったでこざる…
(昨晩はお楽しみでしたね)

No title

つぶ貝さん>

ぷよの女の子はみんな天使です!
ルルーがなにをしたかはご想像にお任せします…w


リリーレッドさん>

薔薇ぷよはよく供給されていますが百合は少ないですね。
RPGやりすぎるとこういう思考になります。文字通りのゲーム脳(


ソーラさん>

まぐろとりんごは息ぴったりのナイスコンビです!


桜猫さん>

申し訳ないのですが、合宿はこの後のリクエストにもあるのと
最近合宿系色々やっててネタが現在尽きておりまして……(

またのご投稿をお待ちしております!
あと、ゆ虐は現在更新停止中ですね(-ω-`;)


猫月ハムにゃんさん>

シグ兄は後半飽きてずっと爆睡です。
虫観察は好きだけど人間観察にはあまり興味無いみたいですね


くるくるさん>

しばらくポケモンやってると草むら揺れた時
『あ、なんか珍しいの出るかも、入ってみよう』って思ってしまいますよねw


ダークユニットさん>

一度にたくさん作れるので作りすぎてしまうことが…
カレーは好きですが三日目くらいになるとキツくなってきそうですねw


ソインさん>

私は寝坊した時に『まあルーラで行けばいいか』って自然に考えたことがあります。
勿論遅刻しました(´・ω・`)


ドランさん>

レイくんは鬼畜ではないのです…
ただ番組のことを第一に考えているだけなのです…

No title

桜猫さん>

ゆ虐は現在停止していると書きましたが、
過去作引っ張り返していたら少し間隔が戻ってきたので
内容によっては書けそうです! もし何かあれば非公開コメントかメルフォにてどうぞ
プロフィール

o雛嬢o

Author:o雛嬢o
気まぐれ多趣味な私、雛嬢が自分の好きなジャンルの小説や
イラストなどをまったり書き綴るよろずブログ。リンクフリーです。
カテゴリ一番上にある必読記事は読んでくださいね。

現在のメインはぷよぷよ・ポケモン(プレイ記)となっております(・ω・´*)
ただリアルの事情で更新頻度やや低下中……。

申し訳ありませんが、現在フレコ交換受け付けておりません。訪問者さん同士での交換所はこちら→3DSフレコ交換所(pass:3dstrade)

※過度な下ネタ、中傷、転載等のマナー違反を繰り返し、
注意しても改善されない場合は他の方々にも迷惑なので
コメントの規制をさせていただきます。ご了承くださいませ。


ゲームで気まぐれに対戦部屋を開いたりしている時がありますが、その時はお気軽にご参加くださいね!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ss (58)
検索フォーム
ぷよカウンター
ぷちチャット

無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。